コンピュータ環境 (1998/11)

1998.11.1.へ

基本の環境はこちら

1998年10月の環境
1999年1月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


1998.11.29

 やっとのことでNICを認識させることに成功しました。しかし長い道だった(涙)
 刺して、再起動させたところ、ディスプレイ・カードのIRQ10とバッティングしてしまいました。ディスプレイ・カードはPCIで、NICはISAなので、Windowsのコントロール・パネル〜システムでは、IRQの変更ができません。しかたがないので、BIOSセットアップを開いて、PCIコントロールを自動から一個ずつPCIか、Legacyか指定しなおしました。IRQ10はLegacyです。これでやっとWindowsのCDからデバイス・ドライバを読込みました\(^^)/

1998.11.25

 Imasyのメンバー様から「余っている」とのことで3comのNICを格安でわけていただきました。週末に試してみたいと思います。
1998.11.29へ


1998.11.19

 自宅の環境はそのままですが、仕事先の PC に ZIP ドライブをつけました。なんか、自費で職場のマシンをいじるのは内心忸怩たるものがありますが、自分の使い勝手を考えたらしかたないかもしれません。
 ZIP ディスクは、100 MB の容量で MO より少ないですが、MO より早くて、なによりドライブが安いので使っています。とうとう3台になりました。自宅と、派遣先と、仕事先と。
 ZIP というと、パラレル接続と SCSI 接続が有名ですが、実は IDE 接続というのがあって、たまたま見つけてしまったので面白そう、ということで購入してみました。今のところ、まだ ZOA の 3階に何台かありますが、在庫がなくなったらもう扱わないそうです。
 外観はまったくのバルクで、3.5インチサイズのドライブがぷちぷちのビニルでくるまれていました。マニュアルらしいものはなく、ただ ZIP Tools のメディアが1枚ついているだけです。本体に直接ジャンパの説明が印刷されていて、マスタのセカンダリ(工場出荷値)はジャンパなし。
 いったいこれでちゃんとうごくのだらふか、わくわくどきどきしながら IBM Aptiva を開いてケーブルと電源を見つけて接続してみましたら、何の問題もなく実にあっさりと認識しました。ドライブを持ち歩かないという前提だと、これはもしかしたら一番使い勝手がいいかもしれない。内蔵だからかさばらないし、ドライバも要らないから主記憶を圧迫しない。おまけに多分、DOS でも使える。
 設置にあたっての問題は以下のようなものでした。まず、ドライブは 3.5 インチなのに、ベイは 5 インチしかあいていないので、エキステンションを噛ませることにしたのですが、ねじがインチでした。翌日インチねじを持参してやりなおしたのですが、エキステンションの穴の位置が変で、どうしても面を合わせることができず、妙に引っ込んだ位置で固定。左右1ヶ所で固定しただけなので、ちょっと力を入れると上下に首を振る。最後にめくら蓋がないので、そこだけ無気味な工事中という印象になっています。
 Aptiva は、パネル前面に用途不明の巨大な上下にスライドする蓋がついています。これを上にあげると、ディスケットから CD-ROM から、全部みえなくなります。ちょうどいいので ZIP メディアを入れたあとはこの蓋を上げたままにしてあります。
 ちなみに、この PC には、メモリも 64 MB 入れてあります。全部、ネームライタで名札を作って貼ってあります。ううむ、なんて陰険な^;)
1998.11.25へ


1998.11.13

 書き込みをさぼっている間にいろいろとありましたが、基本的な状況は変わっていません。
 QEMM は、v9.0J を試してみましたが同じ症状を示して、終了時に電源切断できないので入れてありません。
 NIC は、Imasy のメーリング・リストにお助けを仰いで、結局「安いカードを買うからだ」ということになりました(涙)。週末に 3COM のカードを買って再挑戦するようです。メールが届いたのか届いていないのか、EPOX からは返事がありませんでした。
 HDD は、結局 6GB の IDE を、JPY20,800.- で購入しました。ああ、なんのことはない丸ごと1台パーツ買いしたことになります。わたしは一体なにをやっているのだろう…
 Frederika に 4.3GB の HDD を入れて、初期化して、ソフトをインストールしなおして、居間に置きました。次は、Frederika を LAN につなぎこむのが課題です。ちょっと遠いんですね。居間は1階、HUB のある仕事場は2階。10 Base-T のけっこう太いケーブルを、どうやったらスマートに2階にあげることができるでしょうか。
1998.11.19へ


1998.11.3

 Windows95 終了時に異状終了するのは QEMM のバージョンが古いためのようです。試しに QEMM をはずしてみたら正常に電源切断までするようになりました。Windows95 の世界でコンベンショナル・メモリがどーのこーのでもないでしょうから、とりあえずバージョン・アップするまではこのままで使用することにします。
 LAN の NIC は、あいかわらず認識しません。Frederika で使用していた MELCO LGY-IV でもだめです。M/B を買った、ピーシーアドバンスドに聴いてみたところ、VIA の互換チップだから、何かドライバが足りないのではないかという意見でした。
 VIA に問い合わせたところ、1時間もしないうちに回答がはいり、どうも要領を得ないのですが、それはまあ、こちらの質問も要領を得ていないのでしかたないとして、何か有料なら USD60.00 のサポートがあるとか言ってきました。
 次に EPOX に問い合わせたところです。もうむこうは遅いから、返事は明日になるのではないかと思います。
1998.11.13へ


1998.11.2

 Office95 と Visual BASIC v4.0 pro をインストールしました。そろそろ本腰入れて LAN を動かさないと。
1998.11.3へ


1998.11.1

 何を考えたか初期化してしまった HDD に入れなおした Windows95 の環境を整えているところです。Netscape Navigator 3.0ja を入れて、インターネットにはいれるようにしました。FTP エクスプローラーも入れて、ページの更新もできました。
1998.11.2へ


最初に戻る
戻る