コンピュータ環境 (2015/06)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2015年05月の環境
2015年07月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2015/06/28 (Sunday)
梅雨のママン換装祭り

 思えば予兆はあったのです。

 たとえば、うちのユーザーID には、管理者権限を付与していたのにもかかわらず、あちこちのディレクトリやファイルが管理者でなければ開けないと拒否されたり、あるいはFEP のユーザ辞書からある日突然に登録していた読みが消失して、それからはユーザ辞書に単語の追加ができなくなりました。また、EXCEL ファイルが丸ごと消えてなくなり、過去7日分のバックアップにもなく、さらには普段は物理的に切断して保存してあるリムーバブル・ディスクからもこの1月のタイムスタンプを最後にそのあとのバックアップが消えていました。記憶では確かに4月か5月まで更新していて、毎月の月末にそのリムーバブルディスクに複写していたはずなのに。
 また、Windows にトラブルがあって、初期インストールしたときに使用した CD から起動を試みると、例外なく画面が真っ赤になってメモリーエラーを引き起こし、起動できませんでした。

 そして金曜日の朝、電源投入すると、Windows ロゴを表示したあと、画面は真っ黒になり、そしてそのまま何分待っても一時間待っても何の変化もない状態になりました。

 当然 Windows の起動オプションからセーフモードを選択して起動するとこれは立ち上がり、いっこ古い状態に巻き戻して再起動してみましたが事態は変わらず。CD ブートは上で書いたように、メモリー・エラー。

 HDD のトラブルでファイル・システムが破壊され起動できないのか、CD ドライブ装置が壊れていて読み込めないのか。

 ここでそれぞれ違うハードウェアが同時に障害されたと想定するのと、それを統括するマザー・ボードに障害があると推定するのとどちらが合理的かと思えば当然後者です。ママンはそろそろ使用開始してから4年経過しているはず。

 というわけで、朝から出かけて○ドバシカメラでママンを調達、今にも降り出しそうな天気の中、ついにバス停でぽつぽつと降る雨をしのぎながら帰宅して、速攻で換装してみました。

 HDD の増築や、PCI カードの増設でかなり込み合い、入り組んでいたコード類をいったん全部抜去して、あらためてお互いに絡み合わないよう注意して組み直し、約1時間で作業を終了。電源投入すると、一発で起動に成功しました。これはいい知らせかも、と思いましたが。

 そのあと、Windows を再インストールしましたが、案の定というか CD ブートしてもエラーもなく、淡々と作業が進んでインストール終了。そのあと、順番にママン添付のパッチ、デバイス・ドライバ、アプリケーションと再インストールして夕方までにほぼなんとか最小限の環境を取り戻すことに成功しました。

 

 その時点で問題になっていたのは以下のような:

  • USB〜セントロニクス変換ケーブル経由で接続してあるプリンタが使えない
  • メーラーのThunderbird で、Nifty のセカンド・メール・アカウントを作成できない
  • MS Office の ACCESS フォームを開こうとすると「未定義関数 (format$) と未定義関数(left$) 」を表示して開けない

 というものでした。その日は全部未解決のままあきらめて就寝しました。

 土曜日の朝から改めて攻撃を開始。まずは一番深刻な ACCESS の未定義関数です。ネットで調べるとこれは VBA ペインの参照設定で参照先モジュールが参照不可になっていると出るエラーだということでしたが、今回は別の原因のようでした。確かに、Microsoft Common Dialog Contgrol 6.0 が欠落していましたが、これは古い VB6 のモジュールなので、今回インストールしませんでしたので、また、皿も、Windows 7 64 bit 未対応ということで処分してしまい、もう手元になかったので、どうしようかと思い、ネットを探したらあちこちに落ちていましたので拾ってきて補完しました。でもって、本題に戻り、VBA のソースを全部チェックして疑わしい場所を全部修正しましたが、それでもエラーが消えません。そのうちに、開けないフォームはいくつかあるうちの二つだけだということに気が付きました。そうなるまでに6時間が経過、それかかりすぎだろう。というわけで、小さいほうのフォームを徹底的に調査しなおすことにして、どこかに format$がないのかと探し探し探しついに見つけた場所はフォーム・デザインのプロパティでした。Form.Recordsource でした。また、もう一つの大きいほうのフォームでは、FormRrecordsource のほか、ComboBox.Rowsource にもありまして、全部修正しました。いつのまにか、Format$ や Left$ が[]で修飾されていました。理由は不明です。

 そして、その間に、気分転換にと残る問題も並行処理で片付けました。Thunderbird の問題は、Nifty Second mail のアカウントのユーザ ID は Nifty の会員 ID ではなく、Second Mail の メール・アドレスを入れることで解決でき(Nifty の FAQ に記述があり)、USB〜セントロニクスのプリンタは、USB ケーブル接続時点で、システムのプリンタ・ポートに USB 仮想プリンタ・ポートが生成されていたので、いったんロール・ポートで作成したプリンタのプロパティから、ポートを選択し、編集でポートをローカルからその USB 仮想プリンタ・ポートに変更して解決しました。

 Thunderbird の問題はこれまで、使わないプロバイダの使わない smptサーバ、POP3 サーバを割り当てたりしてけっこう苦労していたのですが、ユーザ ID に、メール・アドレスを入れればいいというのは初見で助かりました。やっぱり調べてみるものだ。また、プリンタのほうはやっているうちに初めてインストールしたときの記憶がよみがえってきてあとはさくさくと進みました。

 これで、使う頻度の低いアプリケーション以外の環境はほとんどととのったことになり、ほぽ1日で復旧できました。割と早かったかもです。


2015/06/21 (Sunday)
梅雨のマシン近代化改装祭り

 先日電源を静粛モードに換装した Morgan-le-Fay ですが、本日は CPU ファンを静粛物と交換しました。

 ENERMAX【HASWELL対応】サイドフローCPUクーラー ETS-T40-TAVを店で推奨されたので、まいろいろと候補はあったのですが、値段もかなり上品だったので言われるままにこれに決定。

 持ち帰り、さあ交換だ、と箱を開くと巨大だよこれ、と、一瞬わが目を疑いましたが、そんなこと箱見た時点で察しろよ的展開。

 寸法はといえば、22.1 x 18.6 x 14 cm ですよ、ATX の筐体にぎりで収まるし、よかった太ったタワーの筐体で、と思いました。

 この一台で Intel でも、AMD でも対応というから一体どうやって固定するのだろうと思ったところ、固定用の金具が Intel 用と AMD 用と2種類同梱されていて、なるほどと思いましたが、なんと、この金具をママンの裏に当てた台座に固定しなければならないという、つまり、いったんママンを筐体からはがさないといけないということで、その場で挫折しそうになりました。つまり、背後に配線してある電源、キー・ポード、マウス、10本近い USB、10 BASE-T、3本のディスプレイケーブルをはずし、内部の 3本の PCI も抜去しなければならないという。今はこのまま電源投入して、後で作業しようかなとか。

 しかし、今ここで止めたら、作業の機会はきっとこないと気を取り直し、電源ケーブルから順番に取り外して、後から差すときに分かるよう、ガムテで固定していきました。

 ケーブルをはずし、筐体を開いて PCI カードを抜去、ママンを固定しているボルトを抜いてママンを取り出し、CPU 台座固定ビスをはずして、裏の台座を取り除き、代わりにファンに同梱されていた台座を置いてママンの表からビスを刺して固定。両側に伸びるビスに固定金具を置いてボルトで固定、いったんファンをはずして放熱用フィンと CPU 接触面が一体化された器具を CPU に押し付けて、これを上からバーで固定、ファンをもどして、電源を取ってファンの作業が終了。

 ママンをボルトで筐体に固定。ここで電源ケーブルだけつないで電源投入、CPU ファンの回転を確認してすぐに電源切断、復旧作業にはいりました。

 PCI を再挿入、筐体を閉じて、キー・ポード、マウス、USB、10 BASE-T、ディスプレイと接続していき、電源投入。ううむ気分静か。いいかも。

 今回はほとんど何のトラブルもなく無事に再起動しました。

 いや、PCI 再挿入時に PCI 固定用ボルトがインチねじかセンチねじかのせいか何故かはいらなくて交換したり、その最中にボルトをディスプレイアダプタの中に落としてしまい、取り出せなくてせっかく固定したディスプレイ・アダプタをはずして取り出し、さかさまにひっくり返してボルトを回収したりして結構大変でした。まあ終わりよければなんとやら。

 これでまだ不満が残ればあとは筐体ファンの交換です。サイズに不安があるので、もし実行する場合は、現行のファンを筐体から取り外して販売店に持参するようです。


2015/06/28へ

2015/06/14 (Sunday)
電源到着

 いつものことながら納期が早い早い。イベントから帰宅したらもう到着していました。後で交換します。


2015/06/21へ

2015/06/13 (Saturday)
電源

 ぜんぜん気がついていませんでしたが、バックアップ機の運転音が本当に静か。電源投入しても隣のメイン機の騒音があってまったく完全に無音といってもいいくらい。特にこの間久しぶりに電源投入して Windows update かました後システムがローカルでプログラムを更新していく間、メイン機の電源を遮断したあとだったので一層静粛性が際立ちました。

 これに気がついてしまうともうダメ。メイン機の騒音耳につくわ。

 というわけでちょちょっとぐぐるって静粛性がウリの ATX 電源をぽちっとな。なんだっけ、RS650-AMAAG1-JP-JJ3だったわ。

 届いたらこれはもう速攻で交換ですよ。

 意外と騒音源は電源ではなく機体のファンだったりする……その時はいいもんファンも交換するからいいもん。


2015/06/14へ

2015/06/11 (Thursday)
nir 絶不調

 メインのブラウザーが今朝からなぜかフリーズをくり返し、とうとうリブートしても復活しなくなりまして。

 しかたない、コールドスタートの後、別のブラウザ (*una*cape) を起動して nir のサイトに行き、サイドインストールして上書き。無事に復活しました。今は絶好調でばしばし動いています。

 あれは一体何だったのだろう。


2015/06/13へ

2015/06/07 (Sunday)
CPU 切り替え器修理持ち込みのその後

 4/20日の続報になります。

 そろそろ1ヶ月半になるじゃんと○ドバシカメラに出かけたときに問い合わせてみたところ4月29日に修理完了報告をして「女性が出られました」とのこと。その日は友人の家で遊んでいたので留守中のことと思われ、結局その伝言は届いていなかったということで1ヵ月半無駄にしました。

 例によって新品と交換されていましたが、今度の機体はキー・ボードのキー操作による機器切り替え操作に対する感度がにぶくて、誤作動するは反応しないわともう散々。

 今のところまだ頻繁に切り替えをしないのでそのまま使っていますが、近い将来バックアップ機を別目的で使用することになりそうで、そうなった時に使い勝手が余りにひどかったら、いっそ買い換えようかと思っています。

 とことんついてないですね。


2015/06/11へ


最初に戻る
戻る