コンピュータ環境 (2014/03)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2014年02月の環境
2014年04月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2014/03/30 (Sunday)
挫折した音楽編集そうと

 これまで使っていた「Sount it! v.3」は Win7 64bit では正常作動しません。

 フリーソフトをすこし探してみましたが似たようなものを見つけられませんでした。

 しかたない、新規に購入しようかと思い今日はそれを主目的としてヨドバシカメラ目指したのですが……

 行きはかなりの強風と雨模様で、春とはいえ肌寒く、去年の暮れにウィンド・ブレーカーを経年劣化により退役させたのを悔やんでも悔やみきれず。さらに、運動不足解消のためと称して雨の中を歩くだけの根性もなく、かわりに地下街を徘徊しているうちに気がつけば某デパートの紳士服売り場。
 また、売り込む店員がお上手で。
 気がついたら大枚はたいてジャンパースタイルのウィンドブレーカーを着込んでいるではありませんか。それと財布の中には領収書。

 ヨドバシカメラはあきらめました。不要不急のプログラムというわけではありません。


2014/03/23 (Sunday)
俗・ウィルス駆除そうと

 月曜日に受け取りに行って、帰宅してパソコンの電源を投入したら「今日で切れるで」という警告メッセージが。間一髪で新規にインストールして事なきを得ました。ただ、バックアップ機はしっかり電源切断したままなので、いつになるか分かりませんがこの次に電源投入してMicrosoft Updateしたあとでインストールしないといけません。いつになるのかは全くフメー


2014/03/30へ

2014/03/16 (Sunday)
ウィルス駆除そうと

 そろそろあと数日で期限が切れますが、一方で先週にパソコンショップにいってみましたら、お目当ての McAfee インターネットセキュリティ 3年3台は売り切れでした。

 というか、なんでしょうかあの McAfee の惨憺たる売れ行きは。

 ほかのメイカーの製品がずらりと並ぶ中で McAfee だけ棚一段一列だけ、展示販売している商品にいたっては、インターネットセキュリティ 1年3台が1本だけでした。

 参考になるかどうか分からないと思いつつぐぐってみればやはり市場シェアで負けこんでいます McAfee。

 土曜日に電話があって、予約しておいた品が入荷したということなので、明日か明後日受け取りに行くつもりですが、なにやら不安になってきました。


2014/03/23へ

2014/03/09 (Sunday)
FEP の違和感

 もう Win7 と M$IME に乗り換えてそろそろ3ヵ月になろうというのに、まだどこか違和感があって昔の WXG がなつかしくなります。

 しかたない開発元が捨ててしまった製品にいつまでもしがみついていたこちらの責任といえばそれまでですが、なにしろ WX2 のときからのユーザですし、FEP は文字通り I/O で一番身近なツールですから、どうしても気になります。

 これにする前に、ATOK の試用版もダウンロードして使ってみたのですが、確かにこれよりはマシかとも思いましたが、コスト・パフォーマンスを考えると決断できませんでした。

 要するに Win7 版 WXG をいまだに待ちこがれているという、なんとも情けない状況になっています。今は、がまんしている過渡期で、待っていればいつかきっと昔のような快適な環境が手にはいると信じているみたいな。バカですね。タヒぬまでそんな環境手にはいるはずもないのに。

 でもそれでずっと自分をだまし続けられればそれでいいのかもしれないとなぐさめています。


2014/03/16へ

2014/03/02 (Sunday)
Router と HUB をまちがえて

 家庭内 LAN で使っている Router の動作がいまひとつ不安定で、時々電源の切断と再投入が必要になるのに業を煮やして新品と交換することにしました。結論から書きますとまちがえて HUB を購入してしまいました。

 当然ながら、いちばん最初に電源投入した PC 1台しかインターネットに接続できなくなる、DNS サーバが見つからないというエラー・メッセージが出るともう大変なことに。

 プロバイダのサポート・センターでは FAQ とみえて、こちらの説明を聞いただけでその間違いを見抜きました。たいしたものだ。

 まあ、指摘されたこちらもその瞬間に事態を把握はしましたが。

 結局本日の対処としてはいったん廃棄するはずだった Router を再度登板させ、新品の HUB はいったん待機、当面の利用予定なしということになりました。単なる金の無駄遣いということで。


2014/03/09へ


最初に戻る
戻る