コンピュータ環境 (2013/11)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2013年10月の環境
2013年12月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2013/11/24 (Sunday)
ミ田7こうにう

 XP のサポート切れがいよいよ来年の3月末にせまってまいりましたのでこのところ尼損で出物はないかと毎日チェックを入れておりましたが、めでたく格安のやや妖しい DVD をにうしゅできました。プロダクト・キーもちゃんと添付のシールに印刷してありますがなんかこれやっぱ妖しい。

 いま、ちょうど仕事が割と暇なので、とりあえず office 2003 はそのままに、ミ田だけでも再インストールしてみようかどうしようか考え中です。いっそ office も 2010 にしたいのだけれどどうせインストールするなら 64 bit にしたいしそうすると VBA がほぼ全滅するらしいことは分かっているのでまず 64 bit がインストール済みのバックアップ機で VBA の書き換えをやってからとか思っていたのです。

 でもこの時期まごまごしていると 2010 の発売そのものが終了してしまうという恐れもあり、今度は office 2010 の出物がないかをチェックしている毎日です。

 バックアップ機の方は月に一回火を入れるかどうかで、32 bit -> 64 bit 移行はまったくやっていません。いいのだろうかこんなことで。

 結局は 32 bit 版インストールしてお茶を濁すことになるだけなんだろうか。そんないやーんな予感。


2013/11/17 (Sunday)
OLE 経由で ACCESS から WORD の差し込み印刷

 まず前回の顛末の報告からしますと、結局解けなかったのでコピー枚数のぶんだけ印刷コマンド行をループさせて帳尻は合せました。

 続いて、封筒のあて名印刷がしたいなということで WORD の差し込み文書を作りまして、これはこれでちゃんと動くし、ACCESS データベースを読み込んであて名の差し込みもできる状態にはしました。あとはこれを ACCESS フォームから起動するだけですって簡単に書くなよ。結構大変だったんですから。

 宛先のレコードを1件だけ(今のところは)毎回変化させるところがミソです。どうしたらいいのかなと考えますが、結局は opendoc したワード文書に、なんかの形で ACCESS データベースのテーブルではなくクエリーでもなく、一レコードだけを抽出した SQL 文を渡さなければならずこれが本当に大変で、二晩くらい分からなくて最後にはあきらめようかと思ったほどでした。

 でもネットは偉大で、さがせばちゃんと先人の為し遂げた偉業が残っています。今回もありがたくパクらせていただきました。詳細は VB のページをご覧ください。


2013/11/24へ

2013/11/10 (Sunday)
OLE 経由で ACCESS から EXCEL を起動したら

 印刷で枚数指定ができないという罠。

 :copies:=nn でいいという記述しかなくて、nn が変数のときにどうなるのかワークシートの cell の値のときにどうなるのか、現在試行錯誤の真っ最中でして完全にはまってしまいました。

 今日はもう疲れたのでやりませんが、まずは copies:= に直値を記述して動きを確かめるところからというところです。それによって問題が PrintForm (だっけ?)にあるのかそれ以外にあるのか切り分けられるかもしれません。いや品物の送付先によって印刷枚数が違うので、今のところは枚数回だけ印刷ボタンを連打しているのですがもう疲れました。手抜きができるのだったら今の苦労はいといませんから。

 余力があったらこの顛末は改めて報告します。


2013/11/17へ

2013/11/03 (Sunday)
ACCESS カレンダー・コントロールの仕様変更のことなど

 このコントロールを使っているアプリケーションは一つしかなくて、だいたい月に一回使うのですが先月はいそがしくて使う暇がなく、今日になってやっと使って発見したのです。

 このコントロールは前から使いにくいと思っていたことが一つあって、それは同じ日付を二回続けて入力できないということでした。

 つまり、あるトランザクションのデータ入力にこのコントロールを使っていて、10月23日だったとします。そして、諸々のデータとともにこれをテーブルに追加して、次のレコードを入力するときに、そのデータが 10月23日だと、いったん別の日のボタンを押してから 23日のボタンを押さないといけなかったのです。これは同じ日付のデータを連続して入力するときにはかなりいらだたしいものでした。

 それが、今日、いつものようにデータ入力していてつい同じ日付が続いたことに気付かずに同じ日付のボタンを押したら押せるではありませんか。最初は自分が日付をまちがえたのだと思ったのですけれど、その後意識して同じ日付のボタンを二度続けて押してみるとすんなりと押せるようになっているではありませんか。

 きっと、頑固な M$ もこれが仕様ですと押し切れずにユーザーの要望に根負けしたのだと思います。それにしても来年には XP のサポートが終るというこんな時期までひっぱるなんて、いつものことながら何を考えてるのか M$ 本当にわかりません。


2013/11/10へ


最初に戻る
戻る