コンピュータ環境 (2012/10)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2012年09月の環境
2012年11月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2012/10/28 (Sunday)
続・一番よく使う ACCESS アプリの すごい 機能追加

 メニューで使勝手がよくなったものだから何かに取り憑かれたように呼び出すフォームの機能追加をやりまくっています。ま、大体一段落しました。

 おおまかに Ctrl+C でコピー・バッファに入れることが多いフィールドは決っているのでポイントしただけでコピー・バッファに入れてしまうようにしました。これは先週解決したサブ・ルーチンを全面的に流用。
 それから「今日の日付」フィールドはダブル・クリックで今日の日付がはいるようにしました。これもいちいち日付をタイプしていたので大助かりです。
 くり返し使用する検索フレーズを入力するテキスト・ボックスはポイントすると全体を反転選択状態にして新しい価を入れる前にいちいち削除しなくていいようにしました。

 こんな小改造を十数ヶ所入れまして一段と使い勝手がよくなりました。

 でも、ときどきフリーズするエラーはどうも取れません。メンバーを別のデータベースからインポートして元のメンバーを削除し、別のデータベースからインポートし直してみましたが効果なしです。
 しかたない、作業の終了時に毎回データベースの圧縮・修復をしていますが余り効果はないようです。
 データ自体は正しく入力・更新されていますしタスク・マネージャーから終了させてすぐにまた起動して圧縮・修復で一見正常「風」になりますのでよしとしています。しょせん暫定使用のプログラムですから。

 といいつつ本番の改発は遅々として進んでいないのですが。


2012/10/21 (Sunday)
一番よく使う ACCESS データベースの すごい メニュー

 これまで作っていなかったのが不思議なくらい毎日毎日使い続けているデータベースですが使用頻度の極めて高いフォームが四つを筆頭に合計8項目のメニューを新規作成しました。これでいちいちフォーム・メニューから項目選択しなくてすむようになりました(って今までそれやってたんかい)

 最後には「データベースを閉じる」項目もあって終了もこれまでのようにACCESSフォーム右上の×を押す必要もなくなりました。

 この日記とかのはいっているホームページを生成するデータベースに入れてあるメニューと同じものなので、これまで作っていなかったのはひとえに単なる怠慢といえます。

 なお、このメニュー・フォームの開発途中にこれまでも時々発生していた致命的エラーがまた発生しました。あるフォームを閉じようとすると入力禁止になりタスク・マネージャーから強制終了させるしかなくなります。データは保存されています。このエラーが発生したことで問題のフォームを特定することができました。

 こういう時の一番の修復方法はダミーのデータベースにいったんインポートしておいて、オリジナルを消去し、データペースの圧縮、終了後再び立上げてダミーのデータベースに待避させておいたメンバーをもう一度インポートするというものです。これをやってみました。結果がどうなるかは一ヵ月くらい使ってみると分かるのではないかと思います。

 なお、メニューに話しを戻しますと実行はコマンド・ボタンをトリガーとして、クリック時に Docmd.openform ... で実現させています。データベースの終了は Me.Quit です。


2012/10/28へ

2012/10/14 (Sunday)
音楽再生機の すごい 故障

 ずっと愛用している音楽再生機ですが、ヘッドフォンのケーブルをあちこちにひっかけて「ガン」とショックを与えることを続けてきた結果内部の部品の取りつけがずれて再生しなくなってしまいました。リセットボタンを押しても復帰しないのでメイカーに連絡して修理を依頼、結構なお値段で修理してもらったのですがまたやってしまいました。

 きょうはイベントなのですけど音楽なしで開場をまつしかないみたい。文庫本でも持っていきますか。


2012/10/21へ

2012/10/07 (Sunday)
VBA の すごい コピーバッファ

 VB には標準装備されている Ctrl-C, Ctrl-V のコマンドが VBA にはありません。API を駆使して記述しなければいけないということです。

 以前から仕事で使っているテキスト・ボックスで、中味を丸ごとコピーしてメールに貼り付けるという作業があり、毎回 Ctrl-A, Ctrl-C フォーカスを書きかけのメールに移動、Ctrl-V という手順をくりかえしていました。これ何とかならないかとずっと思っていたのです。

 それで先週一念発起して書いてみることにしましたが結構めんどうくさいとわかって即ネットにころがっているソースを参照に路線変更、いいソースを拾ってきて準備が整いました。

 問題は文字化け。

 ソースが古いのかと文字コードをテキストからUNICODEにしてみました。これでほぼ読める文字列が張り付けられるようになりましたが最初の10文字くらいがあいかわらず化けています。

 最近は人間が淡泊になってこういう不可解なトラブルに遭遇するともう拘泥せずにさっさとそのままにして別のことを始めてしまいます。

 それで三日ばかり立ちましたら散歩している最中にこの問題のことが急に頭の中にポップアップしてきました。

 文字化けしているのはコピーバッファの中なの?もしかしてテキスト・ボックスじゃない??

 サンプルソースではストリング変数からコピーしていましたが、こちらはフォームに張り付けたテキスト・ボックス・オブジェクトです。.text で修飾すればテキストを取れますし、修飾の省略時の価は text ですから修飾なしでも参照できます。でもオブジェクトです、変数ではありません。どんな隠しヘッダ情報を持っているかなんて公表すらされていませんし。

 そこでストリング変数を一つ宣言し、サブルーチンの1行目でテキスト・ボックスのメッセージを全部変数に複写してみました。

 今度は、文字列全部が化けて読めません。しかし、文字数は大体合っていそう。そこで文字コードを UNICODE からテキストに変更して解決しました。

 使ってみましたが快適そのものでどうしてもっと早く導入しなかったのかと先に立たないのが後悔と申します。


2012/10/14へ


最初に戻る
戻る