コンピュータ環境 (2012/06)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2012年05月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2012/06/24 (Sunday)
屍・(一部自作の) すごい ハード・ディスク・ケース

 結局スイッチには直流用と交流用があってきちんと使い分けないとだめなんだそうです。直流の方がはるかに大電流が流れるのでこれを遮断するのは相当にハードウェア上の負担がきついみたいです。それで知らずに交流用のスイッチを使っていたので一種の漏電状態だったみたいでハード・ディスクが壊れなかったのは僥倖でした。

 直流用のスイッチは魔の街ではほとんど売っていなくて自動車用品店の電装部品売場が一番品揃えがいいそうです。それでいってみたらそれまで使っていたのとは別の、押しボタン式のスイッチで通電すると青く点燈するのがあったのでこれを調達して6個とも交換しました。

 作業的には相当な時間を使いましたが結局全部交換して一個ずつテスターで通電と漏電を確認し取り付けて動作確認しましたら目論見どうりに1個ずつ起動・停止するようになりました。

 長かった作業もこれでやっと終了です。ハード・ディスク・ケースにはハード・ディスクを3個入れたのであと3個入れることができます。いつ一杯になるのかそれが楽しみというか恐ろしいというか。

 次に作るときには ATX 電源も内蔵できるようにして筐体の幅は 3.5 インチから 5インチにしたらいいかなと思っています。それで、ディスクはエキステンションで固定するの。ちょっと場所ふさぎになるけれど、安定するし電源も内蔵できるしいいんじゃないかと思います。


2012/06/17 (Sunday)
惨・(一部自作の) すごい ハード・ディスク・ケース

 懸案だった安定化電源の調達をネットの情報をもとに中古の ATX 電源とすることで筐体内部が一気に広くなりました。

 中古の ATX 電源は筐体のなかにははいらないので上に載せて両面テープで固定しました。ひどい外観になりましたが動けばいいんです。

 でその動きで問題が未解決でして。
 主電源の投入は問題ないのですが、6個入れられるハード・ディスクを個別に起動できるよう6個のサブ・スイッチを配置したというのに、どれひとつ電源投入しても全部のハード・ディスクに電源がはいってしまう状態です。

 なにせ根が文系理論を知りませんからいったんこういうトラブルに遭遇するともう解決不能状態。お友達のメーリング・リストに投げてはみましたがはたしてどうなりますことやら。

 実際に使う分には全部いっせいに起動するだけなので何の障害もないといえばいえるのですけどね。


2012/06/24へ

2012/06/13 (Wednesday)
URANUS の すごい 起動

 これマザー・ボード、CPU、メモリは旧 Quark そのものなのですが、筐体と電源、ハード・ディスク、DVD が新しくなったのでまあいいかみたいな感じで名前をつけてみました。

 旧 Quark の筐体と REI の筐体を交換したときに、新しく Quark の筐体になった方のフロントパネルを加工して筐体ファンを追加したのですがこれが裏目に出て気がつかないうちにスイッチを壊してしまい修復不能しかも原因が不明だったものだから電源からマザー、CPU、メモリ、DVD、ハード・ディスクと次々に買い換えて最後に筐体を交換してやっと正常になったときにはマザー・CPU・メモリがまるごと余ってしまったというていたらくひどいものです。

 新しいマザーでは何がいけないのかミ田 XP のインストール中にデバイスの更新のあたりで青画面に変ってしまうという症状がどうしてもとれず、それではと捨てずに取っておいた旧 Quark のマザーのセットに換装してやってみたらうまくいったということです。

 筐体は ANTEC の No. 100 とかいうのを 5.3K で売っていて電源が筐体最下部にあるというめずらしい設計でこれで大丈夫なのかと少々不安なのではありますが筐体後部に巨大ファンが2個標準装備のところにもってきて、旧筐体に取りつけたファンがサイズがあっていたので前面パネルに追加したのでまあ大丈夫ではないかと思います。

 本当ならこれからセットアップやってアナログ映像取り込み用ボードをセットしてレーザー・ディスクの画像取り込みをできるようにすべきなのですけど今日、明日と予定がつまっているので作業できるのは大分先になりそうです。でもこれまでも散々遅れていたプロジェクトですから今さらです。気にしません。


2012/06/17へ

2012/06/10 (Sunday)
俗・(一部)自作の すごい ハード・ディスク・ケース

 一台入れて試験して動作確認が無事に終ったのでさっそく手持ちのハード・ディスクを2台入れました。合計3台です。ここで大問題。

 AC アダプタが予想以上にかさばってもうこれ以上筐体の中に入れておくことができなくなってしまいました。
 筐体の後ろとかにころがしておけば、内部の空間を確保できるので問題はありませんし空気の流れもいいだろうけれど、でも見栄えが悪いし。

 どうしたものかとお友達にいい考えがないか問合わせてみました。あっという間に第1報がはいりなんかオームの法則がどうだかだから全部の機器が同じメイカーの同一製品で電源は同時に全部オンオフするのならできるかもしれないというはなし。これではこちらの目的にあわないのでやっぱり電源は筐体の後ろに出して使うしかないかと思っています。

 とはいえ、現在の3台でも、データの整理が終ればかなりの空きが出ることは必定、当分の間はこれでいけそうです。

 筐体は総アルミ製なので放熱もよく、もう4時間くらい運転していますがほんのりとしかあったまっていません。これなら真夏の暑気にも耐えられるかもしれないと淡い期待を持っています。


2012/06/13へ

2012/06/09 (Saturday)
(一部)自作の すごい ハード・ディスク・ケース

 増え続けるデータの収納は大問題です。

 現在の主力機は内蔵固定のハード・ディスクが3台。一台は基本的に OS とアプリケーション専用で、余った場所を一時作業域に使っています。残る2台は 1.5 TB でそれぞれ7割以上が埋まっています。

 さらにリムーバブル・ディスク・トレイを持っているのですが悲しいかなトレイが2個しかありません。1個は 1.5 TB で、月末バックアップデータがそろそろ8年分か10年分はいっています。
 もう一台も 1.5 TB で、主に映像データのバックアップです。

 そして USB 経由の外付けが2台、これも 1.5 TB でほとんどアナログテレビのエア・チェックデータです。

 問題は、2台目のリムーバブルと2台の外付け HDD 計3台に加えて内蔵 HDD の一部に記録してあるデータが重複しているということ。

 ま確かに冗長性があるということになりますからそれはそれでいいんだという意見もあるでしょうしかし4台はいらないですよ2台で十分ですよ、わかってくださいよ。
 よしわかった、それとうどんをくれ

 というわけでこのデータを整理したいとずーっと思っていたのです。

 何より気に入らないのはハード・ディスクがリムーバブル・デッキや外付け USB ボックスにはいっていてあちこちに点在していることでした。

 一時使っていたみたいなハード・ディスク・ケースが欲しいという欲求がありました。それで値段を調べてみると4台収納できるボックスが軒並み 10K 以上するので頭を抱えていました。
 そんなときに浮かんだ天啓が自作すればいいじゃないということ。自作といっても市販のボックスでちょうどいいものはありませんからこれはあつらえになります。
 青色申告の申請をお願いしている税理士の先生にアルミ加工の会社を紹介してもらいました。
 簡単な図面と説明を送りましたらざっくり 13K ということで、そのかわり最大6台まで収納できる大きさにしました。

 市販の USB 経由外付けボックスは 2K 弱で買えますのでこれを購入して筐体は捨て、I/O だけ使って自作のボックスの中に入れてしまおうというものです。

 筐体はアルミ製なので放熱はかなりいいんじゃないかと思います。さらに前面にファンをつけました。

 筐体の中にACアダプタも入れてしまわないといけないのでかなり場所を取ると思い、前面のファンの厚み、ハード・ディスクの奥行きに加えてゆとりをとってかなりでかいものになりましたがそれでもマイクロ ATX の筐体と同じくらいの大きさです。

 電源回りを統一したかったですが、AC のままにしておけばどこのメイカーのものでも共存できるというメリットもありあえて残しました。つか電気工作の知識もないですし。

 筐体がとどいて配線して、1回目の試験ではどっかショートしていたらしくブレーカーを落してしまいました。

 それで半月ばかりやる気をなくして放置していたのですが、一念発起して一からやりなおし、今度は通電する前に抵抗なんか測ってみたりして無事起動に成功しました。

 今はハード・ディスクが1個だけはいって運転中ですが割と快適な雰囲気です。はやくこれ一杯にしてみたいと思います。


2012/06/10へ

2012/06/07 (Thursday)
メモリ交換してためした すごい ママン

 ママンのメイカーから動作確認済メモリー一覧表というのをもらってこれに記載のあるメモリを買い求めさきほどこれを取り出してすでにママンに装着済みのメモリと交換しようとしましたところ何ということでしょうキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!何ということでしょうキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!同じメモリでした。

 一応交換してミ田XPのインストールを試みましたが当然ながら前回と同じ場所でスタックです。さっそくメイカーにイヤミのメッセージと追加の質問を入れました。どうなりますか…


2012/06/09へ

2012/06/03 (Sunday)
一日がかりの すごい コーディング

 いよいよリハビリが本格的になってきましたか。ウツの波はどうやら引いたみたいです。

 通信販売のデータベースの設計が場当たり的に機能を増やした結果トランザクションが4テープるあって一覧するには UNION しなけりゃだし、その状態ではデータの編集ができないという致命的な問題にぶち当たってきたのでついにバージョン2の設計にかかりました。

 じつはバージョン2は数年前から構想だけはあったのですけど精神を病んでいたのが主な原因で設計はしてみたものの底から先に進んでいなかったのでした。

 今回はそれはいったん捨てて一から設計しなおしました。

 それで、まずは仕入先マスタの統合をためしてみまして昨日はそのサブシステムになる振込先銀行口座マスタを整備しました。

 基本、振り込みのために参照するだけなので銀行名はそのままリテラルだったのですがつづり間違いとかあったりして気分悪いので銀行名マスタを作り、仕入先マスタを参照してデータをきれいにして、一番の問題になっていたひとつのフィールドに2行をスラッシュで区切って入れていた問題を、振り込み先銀行サブ・テーブルを新設して解決しました。これにともなって画面も銀行回りを大改修。結局一日仕事になって終ったのはもう夕方でした。

 丸一日8時間ぶっ続けで作業したなんてもう記憶がありません。でも集中力が持続したのはとてもうれしいことでした。

 今日は続いて仕入先マスタに他のトランザクションが参照しているマスタのデータを流し込んで統合化。

 おなじやりかたで売り上げトランザクションも統合化する予定です。ちょうど仕事が暇になったのでいいチャンスです。がんばります。


2012/06/07へ


最初に戻る
戻る