コンピュータ環境 (2012/04)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2012年03月の環境
2012年05月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2012/04/29 (Sunday)
惨・21号機の すごい トラブル

Gigagyte はさっそく返事をくれまして「メモリの相性ですね。別紙に動作確認しているメモリの一覧表がありますから参照してください」ときたもんです。

 これまで無慮20体からのパソコンを組み立ててきてママンとメモリの相性なんて初めてのこと、何て気むづかしいママンなんだろうとちょっとがっくりしながらヨドバシカメラに印刷した一覧表(3ページありました)を持っていって「これの中から一番安いのください」と言ったら店員さん真剣に眺めてくれて「うちで扱っているメモリは該当がありませんね」

 しかたない次の精神科医との面談のときに魔の街で捜すしかないみたいです。それともママン買いなおすかどちらにしても物入りだわ。


2012/04/22 (Sunday)
俗・21番目の すごい トラブル

 ま・さ・か・ミ田XPのインストールが途中で失敗するとは完全に想定外のことでした。もうほとんどやる気失くしていますがとりあえず GIGABYTE に相談のメールを投げてみたところです。どんな答えが帰ってくるかそれともガン無視か。楽しみなような恐ろしいような気分です。いまさらミ田7なんざインストールする気にはもうせんなりませんし。


2012/04/29へ

2012/04/15 (Sunday)
21番目の すごい 機体

 ふとしたあやまちから壊してしまった Quark の代わりの機体を組んでいるところですが画像情報の出力のところでトラブっています。

 DVI コンセントには 25ピンと 29ピンがあって、29ピンは D-SUB25ピンと互換性があり 25ピンはデジタル出力専用なのだそうです。

 新しいママンには DVI も D-SUB も両方あるのですがなぜか信号が DVI にしか出ていないために、CPU 切替機が使えない状態です。

 もう少しいじってどうしても D-SUB から映像信号が取れないのであればグラフィクス・カードを増設するかという段階です。その他は特に問題なくて、通電するとファンは回るし、キー・ボードとディスプレイを直接接続してあれば BIOS までは正常に認識しますのであとは本当に D-SUB から信号を取れるかどうかだけが鍵という感じです。

 機体の名前はもう決めてあって、Uranus です。緒方恵美さんいいなあ。


2012/04/22へ

2012/04/11 (Wednesday)
機体リストの すごい 更新

 余りに長い間放置していたのでうそだらけになりましたので最新版に更新しました。

 どこをどう直したかなど書くのもはばかられるのでここまでにしとうございます。

 なお、退役した Quark の後継機を現在構築中ですのでこれはお披露目と同時にリスト更新します。かならずします(キッパリ)。


2012/04/15へ

2012/04/08 (Sunday)
進行中の すごい ハード・ディスク・ケース・プロジェクト

 すごい、っていうほどのものではありませんがハード・ディスク・ケースを自作しようとしています。

 いま、ハード・ディスク・パックにはいっているディスクが2本、外付けハード・ディスク・ケースにはいっているディスクが2本、それでは足りなくて買い足そうとしているディスクが1本あるわけです。買い足したディスクも外付けのケースを買うしかないとするとケースが3個になります。これは熱を持ちますから積上げて使うわけにもいかず、では机の上に置きますか、パソコン本体ケースの上に置きますかという話しになります。今のところはそれでなんとかなっていますが、昨今のデータの肥大化の具合からみて早晩これも一杯になるのは間違いありません。もう床がなくなってしまうではありませんか。

 それで、ハード・ディスク・ケースの購入を考えたのですが4個はいるもののお値段が 10K 以上します。高いよう、ということで次に考えたのが安い ATX ミドル・タワーのケースを買って、中に AC コンセントと 12V のアダプターを入れてファンだけ回し、3.5 インチ・ベイにケースからハード・ディスクと i/o を取り出して取りつけてしまえというものでした。これだと一番安いケースなんか 1.5K で手にはいりますからその後の加工賃を入れても 6個からはいってお得な上にお安いですよ?

 これの問題は無意味にでかいことです。ま確かに内部の温度は低くなりはするでしょうが場所にこと欠くようでは困ります。もう少し背の低い、ぎりぎりの大きさの、ハード・ディスク・ケースくらいの入れ物はないものかと既製品を捜しましたがネット通販では捜し方が悪いのか結局見つけられませんでした。

 そこでつてをたどってアルミ加工業者な町工場の人を捜し出し、簡単な絵を描いて見積もりを取ってもらいましたら筐体だけで 5K で引受けてくれるという返事がきました。5K なら十分におもしろいものが作れそうとやる気が出てきまして話を進めているところです。

 うまくすれば今月中に新しいハード・ディスク・ケースがラインナップに加わるかも知れません。

 このケースのおもしろいところは、i/o がディスクと 1対1 になっているので、複数台のパソコンからでも繋ぎ込めるし USB だろうが IEEE1394 だろうが関係ないし、さらには電源を落した状態なら裏でつなぎ換えることでバソコン A とも B とも接続できるってことです。

 弱点としては箱が一杯になるまでは、新しいハード・ディスクを買うたびに i/o のために一番安いハード・ディスク・ケースを購入しなければならないってことです。まあ 1.2K くらいかかります。

 もとより RAID なんぞ組むつもりなどないからできる工作ですね。


2012/04/11へ

2012/04/01 (Sunday)
惨・AcAfee の すごい アンチウィルスそうと

 木曜日にライセンスの期限切れになりましたので新版をインストールしましたらその時は許すとして翌日から計三日連続で新版をインストールしたからシステムを再起動しろと要求してきやがりましたもう信じられない。

 こっちは仕事中ですよ、できるかそんなことと寝るまで「後から再起動」のオプションを選択していましたが数時間ごとにダイアログ・ボックスを再表示して再起動を促しやがります。
 三日目はついに根負けして言われるままに再起動してしまいました。アホらしい。これがミ田の宿痾かと思わされます。

 四日目の今日はようやく安定した風味で再起動要求のダイアログは表示しないようです。


2012/04/08へ


最初に戻る
戻る