コンピュータ環境 (2012/02)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2012年01月の環境
2012年03月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2012/02/28 (Tuesday)
M$の すごい 腐れ外道

 MS-ACCESS で業務をさばいていますが、あくまで個人用データベース「もどき」を業務で使い倒すにはいろいろと工夫が必要で。

 テーブルの実体を直接参照することはせず、別データベースにフォームやらクエリーやら準備して実体にリンクして使うとか、終了時にはデータベースの修復・最適化をするとか、バックアップはかかさないとか、それも最低7世代のバックアップを残すとかやってなんとかもたせているのですが。

 どういう訳かあるフォームに限って、閉じたときにそのままカールの糸巻き状態から抜けだせず、タスクマネージャーで強制終了させないといけなくなってしまいました。

 だってデータベースは毎回修復・最適化を自動実行させているんだよ、とメニューから明示的に実行させてみましたが結果は変らず。

 しばし悩みましたがふと思いついてリンクしている実体のデータベースを開き、修復・最適化を実行。
 見事に症状を緩解できました。

 実体も時々は修復・最適化が必要ってどこまで腐ってるんだよこのプログラムは。


2012/02/26 (Sunday)
UNION Quary の すごい WHERE 句

 4個の Quary (Table ではありません) を結合した UNION Query に WHERE 句を入れる必要が出てこういうテープル設計をしたことを激しく後悔していますが先に立ちません。

 これから実験してみるつもりですが果してちゃんとできるのかどうか何しろ長いことこの手の開発から遠ざかっているのでとても不安です。

 あとで結果を報告します。忘備録もかねて。きちんと文書化しておかないせいで今回も本当に心からてこずっています。止めませんけど。

 WHERE 句を入れること自体は問題なかったですが、それよりサブフォーム内のコントロールの価を参照するのにずーーーーーっとはまっていたのがやっと解決しましたので忘備録。

 ようするに、サブフォームで参照しているフォームの中のコントロールを参照するのに必要なのは、親フォームで規定しているサブ・フォームのコントロール名なのであって、そのサブ・フォームのオブジェクト・ソース名(被参照サブ・フォーム名)は必要ないってことでした。ここにこだわって、参照式にオブジェクト・ソース名を修飾していたのでシステムから文法違反ではねられ続けていたというわけ。

 そういわれて考えてみれば、設計段階で問題になるのはコントロール名なんであって、オブジェクト・ソース名は実行時に変更できる。設計時に確定していない名前を修飾には使いにくいよなとか納得したりして。
 だから、もし複数のサブ・フォームを同じサブフォーム・コントロールで参照するようにして実行時にオブジェクト・ソースを切り換えても、もしそれぞれの被参照サブ・フォームに使用しているコントロール名(そのコントロールがどんな名前のデータ・ソースを参照していようとそれは無関係)が同一であれば、コードをオブジェクト・ソースごとに準備する必要はないのだなと。

 いやだなあこんなこと現役時代だったら考えることもなくからだで理解してただろうに、ちょっと最前線から撤退するとすぐにこれだからと自己嫌悪。

 ついでにいうと、このプログラムの最大の難関は以下のようなものだったのです:

 顧客別売上一覧を仕入れトランザクションのレコードを再集計することで表示しようとしていたのですが:

仕入れテーブルは:

  • 仕入れヘッダー (仕入先ごとに4種類)
  • 仕入れトランザクション (すべての仕入先について共通のレイアウトなのでテーブルはひとつ)
  • 仕入れトランザクションにはヘッダーー・テーブルコードがはいっているので、これでリレーションをつけて伝票が1枚参照できる
  • 1枚の仕入伝票には複数の売り先があり、顧客コードは仕入れトランザクションにある

 みたいな構造になっているので、仕入れヘッダーを UNION Query でひとつにまとめて、仕入れトランザクションとリレーションをつけて全売上の一覧を作ることはできるのだが、これをサブ・フォームにしたときに:

 顧客テーブルを参照するフォームから仕入れヘッダー UNION Quary を参照するサブ・フォームを参照してもそこには顧客コードがない((爆笑))

 これにはしばらく(二三日)悩みましたが、仕入れヘッダーの UNION Query を構成しているのがテーブルではなくて Query であることに気づいてその一個一個の Query の設計を参照してみたらどれも条件設定のために仕入れトランザクションとリレーションをつけていたので、これさいわいと顧客コードをダミー・フィールドとして Query に取り込み、仕入れヘッダーフォームの非表示テキスト・ボックスのデータソースにすることで解決できました。

 これでやっとのことで2年来の課題だったプログラムが具体化できそうになってきたですよ。

 今年はやりますよ、3年で甲子園を目ざします。


2012/02/28へ

2012/02/21 (Tuesday)
DVD の すごい ふりーそうと

 システムを飛ばしてハード・ディスク以外丸ごと新規に調達したのが12月のこと(だったよね)。
 SASI の DVD ドライブに、それまで使用していた B's Recorder が非対応と分かったのが今月。どんだけ焼きやってなかったんかいみたいな、まあいいですが。

 しかたない新版購入するかと調べたら BHA は 2009年に倒産してブランドはソースネクストが引き継いでいたという驚愕の事実。まそれはどーでもいいとして問題はお値段が下品になっていること。最新版なんかイラネーからソースネクストお得意の 2K の製品はないのか、ないっ!

 同時に2年前に購入していたアンチ・ウィルスが「期限切れますぜ」という予告メール。

 両方で 10K 近い出費でありませんかこれは遺体ということで、焼きのフリーそうとを拾ってきました。

 ImgBurn というのが、少なくとも1枚きちんと焼けて再生もできることを確認したので当分これで逝ってみよう、新規調達はアンチ・ウィルスだけにしようということになりました。

 DVD 焼きなぞ一週間に1枚あるかないかですし、動けばいいんです動けば。

 アンチ・ウィルスはそうはいきませんから。


2012/02/26へ

2012/02/19 (Sunday)
VBA の すごい コーディング

 又しても『久しぶり』なコーディングでした。作業時間は約30分で、例によって既存の MS-ACCESS フォームの機能拡張。

 長いことやっていない割りにはそこそこコマンドとか覚えていて F1 キーにたよったのは一回だけでした。まあコーディングの行数はわずか10行くらいでしたのでそれで F1 押すかよみたいな。
 いいんです、記憶が風化しないように時々訓練する必要があるんですから。

 今月は専用伝票のサイズ変更に伴う印刷レイアウトの変更があるはずなので今のうちにリハビリしておかないといけないのでね。

 それで味をしめてもう一本同じような(というかほとんど同じ)コーディングをして長年の課題に解決をつける糸口にしました。これは実行していないので多分表示とかのタイミングが今一つだと思います。まあ、ぼちぼちですね。

 そんなこんなでともかくコーディングが必要な環境にないということもさることながら、少しでもまたできるようになっただけ気力がもどってきたのだなと少しうれしくなりました。


2012/02/21へ

2012/02/12 (Sunday)
ネタがねー

 というわけで今週は一回休み/バキ(☆_★)

 いや、そろそろ2年物の Virus Scan が切れるので更新手続きが必要とか。
 先週も書いたように、G's Recorder の新版を入手しなければとか。

 そふとの方で調達しなければいけないものはあるのですが先立つ物がみたいな。

 クレジットカードの〆日まで待って支払いを一月繰り延べるかみたいな/バキ(☆_★)/バキ(☆_★)

 そんな日常です。


2012/02/19へ

2012/02/05 (Sunday)
Sandlizard の すごい DVD ドライブ

 年末にママンを飛ばしてあわてて丸ごと振起調達したときに新しくなったママンからは、ついに IDE ソケットが駆逐されていました。

 それで、あきらめて SASI の DVD ドライブを購入したのですが、古い IDE のドライブも未練がましくとっておいて、何かに使えないかと画策。

 IDE-SASI プロトコル変換アダプタ「DVD ドライブもオッケーアッオー」つうのを調達して試してみたのです…が…

 システムが不安定になって電源投入〜ログイン〜フリーズ〜リセット〜ログインでなんとなく正常起動「風味」

 しかし、どういうわけか動くアプリケーションと動かないアプリケーションがあって
 ふりーそうとの音楽演奏用「Soundbraster」は起動しませんし。
 なにより致命的なのは B's Recorder Bold 9 が起動途中でフリーズすること。なんなんだ、このそうとが新しいドライブに対応していないからわざわざ IDE-SASI アダプタを調達したというのに。

 それにしても○ースネクストの販売する型落ちそうとっていうのは笑わせるというか。
 HELP の「アップデータ情報」クリックすれば「いんたーねっつに接続できません」とくるわ「間連サイト情報」〜「B.H.A. の最新情報」をクリックすると「出会い系サイト マル秘ガイドブック」のページに飛ぶわともうめちゃくちゃつーかやる気まるでなし感あり杉。

 で、話しはもどりしかたない、ドライブはずすのもめんどうなので電源だけ抜いてあります。
 つか筐体の盲蓋がどっか逝ってしまって穴があくのもアレなんで。

 さて B's をアップグレードするか、別のメイカーのアダプタを購入してみるか。全然懲りてません。

 それからしばらく Google 先生に問合わせてみたのですが結論からしてこの手のアダプタは「カネの無駄」というものでした。( ´・ω・)ショボーン

 自分でも不思議なのですがハードに無駄金費やすのに抵抗はないのにソフトに必要な投資するのはためらわれてしまうのです、これは一体


2012/02/12へ


最初に戻る
戻る