コンピュータ環境 (2011/12)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2011年11月の環境
2012年01月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2011/12/25 (Sunday)
Sand Lizard の すごい 障害と復旧

 木曜日の日記に書くべきなのでしょうが当日はとてもそんな余裕はありませんでした。

 朝起き抜けにいつものように Sand Lizard に電源投入し、IPL 中にふとこのあいだ中古で入手した 2GB メモリ * 2 のことを思い出したのです。
 それで、ずっと増量しよう、増量しようと思って忘れていたのでした。
 そこで、いったん電源切断し、筐体を開いて空いているスロットにメモリを挿そうとしたのですが何しろ寝ぼけているわ部屋の照明は今一つ、手もとは暗い、くわえてスロットの真上は電源ケーブルがのたくっているという悪条件がてんこ盛りでした。
 それを何とかしようとあがいているうちに「バシッ」という短絡音が。

 その瞬間に、筐体の電源ケーブルを差しっ放しだったことを思い出したのでした。一体何のために前日に電源スイッチを改造したのかと先に立たないのが後悔と申します。
 この時点で午前5時。

 ヨドバシカメラの営業開始時刻9時半までいらなくなった書類をひたすら捨て続けるという割と生産的な作業をこなして10時頃に店舗にはいりました。
 書類の整理をしながら頭の中で計画していた復旧手順にしたがって店員をひとり確保し、GIGABYTE の M/B、CPU は AMD、BIOS は AWARD でと指定してまず M/B を決定しました。これに IDE バスがないことを確認して DVD ドライブを追加、マウス i/o も USB しかないということで、CPU 切替器が使えるよう、「スプリッター」というアダプタの調達を試みましたがこれは折あしく品切れ。最悪の事態とはいえ、稼動中の機体が一台しかありませんからとりあえずマウスは本体直付けということにして、スプリッターは取り寄せを依頼しました。
 続いて、DDR3 の 2GB メモリ * 2、CPU は、AMD Phenom II X2 565 3.42 GHz に決定。最後に 500W の電源を調達して 35K 強になりました。

 調達した部品を抱しめて帰宅、なつかしい Morgan le Fay の機体に電源、CPU・メモリを登載した M/B を取りつけ、旧 Sand Lizard から剥がしたヴィデオ・ボード AMD/ATI HD5400 と、起動用 HDD だけ接続して電源投入するとどうでしょう、そのままミ田が起動してくれました。何でもやってみるものです、BIOS もおそらく4月に調達したためにチップセットも同じだったものと思われます。
 いったん電源切断して DVD ドライブを装着し、貼付のドライバをインストールしたところ、システムは全部正常作動してくれました。
それから電源切断をくり返しながら Sand Lizard に取りつけてあったデータ用 HDD 2基、増設用 HDD ディスク・パック、USB 経由メモリ・リーダ と USB メモリも装着してドライブ番号を元のものに調整して復旧が終了したのは午後5時頃でした。
 アプリケーションの再インストールはまったく必要なし、信じられませんが作業開始してから半日で復旧させることができました。

 まともに動いているシステムに半可な手をつけてはいけないと再認識したことでした。あと、電源切断後のパソコンをいじるときにはケーブル抜去も再確認です。

 筐体はなつかしい Morgan le Fay にもどったので、作業が一段落したらパソコンの識別も Sand Lizard から Morgan le Fay にもどしたいです。何しろ本当に愛着のある名前なので。


2011/12/18 (Sunday)
机上電源の すごい 整理

 パソコン本体・ディスプレイ・スキャナー・追加の周辺機器もろもろの電源が全部机の上にあって、個々の機器の電源切断のために手元スイッチとか増設している関係でその辺りの配線がもう大変なことになっていました。

 そこで、手元スイッチを全部壁付けにしてしまいかなり整理できました。

 今は外付けハード・ディスク2台分の電源と 3種類の規格の USB ケーブルがのたくっているのをどうしたものか考え中です。

 ハード・ディスクは木工でケースでも作ろうかなとか思ったり。材量には事欠きませんので。ケーブルはU字フックを机の向う側の壁にねじ込んでぶら下げるのが安直みたいです。

 それにしても景色がどんどんとすっきりしていくのでなんだかとても気分がいい今日このごろです。財布はどんどんさびしくなりますが。


2011/12/25へ

2011/12/14 (Wednesday)
俗・EPSON SCAN の 基地外 仕様

 やっとセッティングが終ったスキャナーで何枚か書影の連続取り込みを試してみたところここで又しても問題が発生。

 これまで使っていた EP-701A のスキャナーに貼付されていた取り込みソフトでは発生しなかった現象なのですが、1枚スキャンするたびに取り込み用のウインドウがスキャンソフトを呼び出したソフトの下に隠れてしまう (Z-Order が「常に最前面に表示」になっていない) のです。
 オプションで「常に最前面に表示」でもないかと捜したが見つからないのでメイカーの電話相談に聞いてみました。

 すると、その問題はすでに何件か指摘されており、当社では表示順序に関しての開発は何もしていないので、パソコン・メイカーと相談してもらいたいと言われました。ここでヴチ切れですよ。

 ふざけるなこちらは前にインストールして問題なく使用していたソフトをアンインストールし、本スキャナに貼付されたソフトをインストールして使用したらこの現象が生じたのでありそれをパソコン・メイカーの責任にするのは問題のすり替えではないか、Z-Order に手を入れていないというのならば開発側で1行入れればいいだけではないか、現象の改善策を取るつもりはあるのかと言いました。

 そのご意見は開発側に伝えますがお答えはしかねますという予想通りの回答でした。

 もうエプソンには愛想が尽きた、これまで何台もハードを買ってきたが次からは真剣に考慮する、あなたは今顧客を一人失ったよ。と捨てぜりふです。

 どうしてこんな腐ったメイカーになってしまったのか、それが情けなく悲しい。


2011/12/18へ

2011/12/11 (Sunday)
GT-F700 の 基地外 仕様

 前回「魔がさして」注文したスキャナーは無事に配達されてきました。接続もドライバーやユーティリティのインストールもつつがなく終了して動作確認できました。

 一体この機体の開発者は何を意図して読み取り方向を設置方向と逆にしたのかまったく理解できません。

 初めてスキャンを試した時、これまでのように対象の紙を、読み取り面の手前を下に、奥を上にして置いたのです。そして読み取りを実行したら結果は上下逆さまに表示されました。

 余りのことに一瞬操作方法をまちがえたのかと思ってマニュアルを見なおしたところ、一番最後の裏表紙にでかでかと「原稿セット早見表」があって、それによれば原稿の上を手前左側にセットするのが正解なのだそうです。

 もし自分が開発者の上司だったら担当者を絞殺していましたね。それくらい自分の脇の甘さに腹が立ち情けなくなりました。

 今はカネがないからこの機体の前後を逆に置いて使うつもりです。上蓋が以前の機種のような、機体の奥にヒンジがあって手前から上にあげるタイプだったらどうしようもなかったでしょう。幸か不幸か機体の向かって右側にヒンジがあり、左側から横にあげる仕様なので何とか使えます。

 それでもこれまでなれ親しんだ「左上の角を合わせる」のではなく「右上の角を合わせる」必要は残りますし、機体は自分の右側ではなく左側に置かなければなりません。自分右利きですからこれも痛いです。

 なるべく早くカネを稼いでこの狂った仕様の機体と一日も早くおさらばしたいというのが今の心境です。

 届くまでは心待ちにしていて、机の掃除や片付をしたりしたのですがもうどうでもよくなってしまいました。


2011/12/14へ

2011/12/05 (Monday)
魔がさした すごい スキャナー

 尼損でついぽちっとしてしまいました。

 今はもう製造中止しているモデルなので格安かつ残り1台というこの「残り1台」に弱いんです。

 例によって EPSON の、GT-F700 というモデルです。お値段のほかにフィルム・スキャナー機能が決め手になりました。

 届いたら続きを報告します。


2011/12/11へ

2011/12/04 (Sunday)
HDD ビデオデッキの すごい データ移動

 ハード・ディスクも DVD も、もちろん VHS も持っているビデオデッキの、HDD のデータをどうやったら DVD に焼けるかがどうしてもわからなかったのでパソコンでアナログ・テレビ受信機を使っていたというのが真相です。

 去年の7月でアナログが停波してからずっとエア・チェックはあきらめていました。

 思えば今を去る○×年まえのこと、日曜日夜の日本アニメ劇場でしたか「赤毛のアン」が放送開始されたのを一目見て VHS ビデオデッキを購入したという過去を持つ身として先々週の日曜日から有線テレビでデジタル・リマスターした「赤毛のアン」を放送しはじめたとあってはこれは何としても取り込まなければならないとこの一週間あがきにあがいていました。

 まずはビデオ・デッキの HDD に録画したデータを DVD に移動させるのが先決なのですがその方法が分からない。マニュアル嫁ということなのですが、はっきりいって読んでも理解できなかったの(あほです)。

 試行錯誤の末に、メディア管理メニューに DVD メディアの初期化という項目があり、一枚だけなんだしだめもとでやってみようと試したらついに書き込みができるようになって移動に成功しました。

 続いての問題はパソコンの OS がミ田XP なので、crm暗号化されたメディアの内容標示をできないということ。そのためのパッチをいくつかダウンロードして試したのですがどれもだめ。これでまた数日だめにしましたが、結局デッキで書き込みを終了した後、再びメディア管理メニューから DVD メディアのファイナライズを実行しないとだめとわかりました。

 ここまでくればあとはもうアレでナニですから(以下略


2011/12/05へ


最初に戻る
戻る