コンピュータ環境 (2011/06)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2011年05月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2011/06/19 (Sunday)
最近の すごい 健忘症と尼損のひどい態度

 習慣とはおそろしいものでちょっとでも怠るとしないのがあたりまえ状態になってしまいます。

 というわけで先週の更新も忘れていました。イベントがあってその後始末とかしていたら夕方になってしまい気がついたら一日が終っていて、ここの更新を忘れていたのを思い出したのは月曜日。もういいやと態度なげやりです。

 それに懲りたか先週は毎日のように今度の日曜日の更新は忘れないようにしようと念じていたのが奏功したか今思い出しました。遅いです。

 でも、まだ日があるうちに思い出せてよかったです。来週からも忘れずに最低1回日曜日の更新だけは続けていきたいと思っています。

 先々週から先週にかけてコンピューター関係の話題としては標題にありますように尼損に登録していたクレジット・カード情報がハッキングされました。

 尼損から、カードで予約注文していた商品の認証が取れないという連絡があったので、カード会社に照会してみたところ、有効期限間違いの認証確認が海外のサーバーから31回連続してはいり、カードをロックしたそうです。もうこの番号は使えないので違う番号で再発行します、届くまで最大一週間はカードを使えませんということでした。

 尼損の支払方法はコンビニ払いに変更したのですが、ショップ・オーダーの手続き中のものがあってこれは支払いの変更ができません。しかたない、ショップと連絡を取り合って、いったん注文をキャンセルし、自分のためだけに一瞬注文用の画面を開くから間髪を入れずに注文してくださいとのこと。キャンセルはショップがやってくれました。このシステムの使勝手の悪さは再三尼損に改善要求をしているのだが聞き入れてもらえないとのこと。

 尼損にはこの件を報告してカードがハックされたから径路を確認しろと要求したところ翌日返信があって確認できないという。なんと無責任な。

 続いて二三日後にとあるインターネットショッピングモールから電話があり、今朝の1時半頃にエルメスのオレンジ・トート・バッグ 85K を注文しましたかという。そんなことするはずがないだいたい寝ている時刻です。キャンセルしてもらいました。

 そこで尼損にメールを送り、カードのハッキングは確定的になったのだから改めて調査するよう要求したところ、その返信になんということかカード番号と有効期限を書いて送れというではありませんか気狂いかこいつは。httpsで保護された環境でやっと送れるような情報をメールでよこせなどという非常識な要求をする会社には二度とカード情報を登録することなどしないと心に誓いました。

 コンビニ払いの買物は続けますが。

追記

 あとで興奮が冷めてから読み直してみたら「カード情報をメールで送るのは危険なので電話又は fax でお送りください」と書いてありました。(2011/7/3)


2011/06/05 (Sunday)
居間の すごい 照明

 前から壁のスイッチで一瞬点灯したあと消えてしまうことが頻発し、ひもで引っぱってON/OFFすると点燈するという状態が続いていましたがついに力尽きたみたいです。調べると 2005年製造とあり、型番で検索するとメイカーのページには該当がない。サービスに電話すると調べてくれて、2005 年の3月に製造終了、2010年 3月に修理期間終了、部品が残っていれば修理可能、修理は持ち込みという話しなのでその場で「分かりました買い換えます」

 どこに行こうかとちょっと考えて一番近いホームセンターに。たかが照明、点燈すればなんでもいいと調べると一番高い LED の 250K から、今月のお買い得 4.9K まで価格差50倍という事実にめまいを感じつつ一番安い商品を購入して交換しました。

 次に買いかえるときは LED かなと思いましたが、帰宅してから調べてみると天井用の照明はまだまだ数が少なくほとんどがスタンド式。あいにくと手元を照らす照明は必要ないので当分の間 LED 照明器具の購入はなさそうです。

 白熱電球の差し込みに入れてある球が切れたら順次入れ換えるということで。


2011/06/19へ


最初に戻る
戻る