コンピュータ環境 (2010/02)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2010年01月の環境
2010年03月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2010/02/28 (Sunday)
マウスの すごい 清掃

 このところ暇なのでパソゲーばっかりしています。主に Main Sweeper ですが、FreeCell や Spider Solitia、南京なんかもやります。

 最近マウスの動きがしぶくなり、Main Sweeper で狙ったのとは違うマスを押しては自爆をくり返し始めました。

 例によってマウスの裏ぶたを開け、ローラーを見るとごみがびっしり。

 最初は傷をつけないようにと綿棒でこすっていたのですがらちがあかず、寿命を縮めるのは承知でカッターの刃を逆向きにすべらせてこそげ落としました。

 マウスは快調になりましたが、あいかわらず上がれません。


2010/02/21 (Sunday)
久しぶりの すごい データベース開発

 本業になりつつある古物商ですが、漫然と取引きしていると後で確定申告する時に大変な事になるというわけで、現在は EXCELL でやっている取引き内容の記録を ACCESS でやったろうかとデータベースの設計を始めたのはいいのですが…大変な事に。

 仕入れがあって売上があって、入金があってそれぞれ分割とかまとめとかあって、これ一体どう管理したらいいのねん状態。

 仕入れはまだいいんです、売上と入金が…分割納品があって分割入金があって、deposit があって、過払いがあって頭が頭が脳味噌が

 昔だったらこんな問題ちょいちょいで解いていたもんだと嘆息しています。これ、本当に実現できるんだろうか…


2010/02/28へ

2010/02/18 (Thursday)
国民年金の すごい 免除処置

 今になって「退職に伴う国民年金の特別免除処置」というのがあることを知りました。

 退職してから2年間、納付の免除処置を希望すれば受けられるとの事です。その分は後から追加支払してもいいし、しなければ二分の一の額が支給になるのだそうです。こんなこと知っていたら去年退職した時にすぐに手続したのに。誰も教えてくれないから。


2010/02/21へ

2010/02/17 (Wednesday)
庭のキウイの すごい 剪定

 庭にキウイ棚があるのです。

 毎年この季節になると剪定をするのですがなにせ素人、当たるを幸い切りまくるばかり。一方キウイは「暴れる」木で、つるが伸びてはからまりあい毎年大変な作業になります。

 それで、剪定挟みや鋸など使って枝を切り落として行くのですが、これにバラがからまっていてもう大変な事に。

 気が付くと左手ばかり切り傷で血がだらりと。

 不思議と痛みを感じないのです。また、今日は結構寒いというのに寒さも感じません。

 ものの本には、緊張している時にはアドレナリンが大量に流れて痛みなど感じなくするなどと書いてあり、知識としては知っていましたが、体感したのは初めてのことで少々ビックリしました。

 何より驚いたのは、作業も終盤のころ、宅配便が来て受け取りにはしごを降りて財布など取りに家にはいったとたんに傷の痛みが始まったこと。

 これまちがいないよアドレナリンが止ったせいだよと。

 幸いどの傷もたいしたことなくて、一ヶ所だけ念の為にバンドエイドはりましたがもう痛みもありません。

 まだ、ばらの剪定が残っているし、夏ミカンの枝も落さないといけないので少し気が重いです。


2010/02/18へ

2010/02/13 (Saturday)
傷害年金の すごい 申請

 コンピューターネタに限定していると書く事がなくなってしまうので、今日から対象をノンジャンルにする事にします。

 とりあえずの近況ですが、最後の職場を離職してからそろそろ1年になり、雇用保険も先週で打ち切りになったので、当面の生活をどうするかが最大の問題になっています。

 で、この火曜日に主治医にそのことをこぼしましたところ、「傷害年金の申請をすれば?かなり酷かったから、通るかもしれない」と言われて欣喜雀躍。いやあ病もそれなりに役に立つものだとさっそく手続の確認にはいりました。

 第一歩は、発症の日付を特定する事だそうです。これは古い日記帳を捜しまくってみつけました。偶然にも、翌年から5年間ばかり日記を付けていなかったのでこれはラッキーというか、病が酷くなって日記を付けるゆとりもなくなっていたのだなとか思ったりして。

 これでともかく相談の準備ができた、と社会保険事務所にでかけることに。電話すると「予約は23日まで取れません、今から(電話したのが午前10時半頃)おいでになると2〜3時間待ちになります。こちら、朝8時半からやってますから、朝一番だともう少し待ち時間が短くなりますよ」ということで、電話したのが水曜日で木曜日が祝日だったので、金曜日の朝一番に行って来ました。

 最低でも1時間から2時間は覚悟して、時間潰しにパソコンとか雑誌とか文庫本とかいろいろと持って行ったのですが、何と4番で待ち時間は30分そこそこ。なるほど朝一番、雨の中を来たかいがあったと。

 相談すると、発症から結構な年月が経過しており、その間に転院を繰り返しているので、現在までの間ずっと発症していたという証拠に、かかっていた病院全部の診断履歴が必要だといわれました。初診の病院はすでに電話で確認済。二番目から今かかっている病院の直前のまでが2院あるので、その両方に連絡をとって、書類を書いてもらう必要があると。いうことで書類をもらって帰宅したのが昨日の事。

 すぐに両方の医院に連絡を取り、片方はとにかく書類を送る事になりもう片方は事務担当の責任者がいないので月曜日にあらためて電話する事になりました。

 社会保険事務所の担当になってくれた日との話しでは、この症状なら2級はいけるんじゃないかという見込みもあって、これでともかくも生活の最低基盤は確保できそうです。

 なにしろ、社内SEの募集一件に軽く2〜3百の応募がある情況だという話しを、仲介業者から聞かされること1回ではありません。つまりは単純に計算して2〜3百の応募をかけなければ採用されないということだし、今でこそ症状が緩解しているとはいえ、復職すれば再発することは必定。正直サラリーマンはそろそろ足を洗いたいというのが本音です。

 そんなこんなでとりあえず「古物商」の免許を取りました。これでどこまで商売ができるか、この場でもおいおい報告して行きます。

 中島誠之介先生みたいな目利きは……無理でしょうねえもちろん。


2010/02/17へ

2010/02/07 (Sunday)
確定申告の すごい 入力プログラム

 自作なんですが。

 MS-ACCESS Databse のフォームを使って入力するのですが、これが結構大変。

 まあ、発生時に入力してしまえばどうということもないのですが、ついついおっくうになってこの季節にまとめて1年分入力する羽目になります。

 それでも、終日作業して三日位の作業なのでなんとかなってしまうし、その頭があるからつい発生時に入力しないのですが。

 このプログラムも使い続けてはや幾星霜、結構気になるところとかちょこちょこと手直してて、今では相当に入力のはかがいくものになっていました(過去形)。

 今では、「日付をカレンダーから選択」〜「前回と同じ支払い先なら「Repeat」ボタンをクリック、違っていれば支払い先をコンボ・ボックスから選択」〜「支払項目は、その支払い先に最後に支払った項目を自動表示。違っていればコンボ・ボックスから再選択」〜「支払金額のテキストボックスをポイントし、金額を入力」〜「登録ボタンをクリック」とここまで簡略化できました。

 今回気になったのが「支払金額のテキストボックスをポイントし、金額を入力」のところです。その直前に「Repeat」ボタンをクリック、又は「支払い先コンボ・ボックスをクリック」です。じゃあ、そのクリック・イベントで金額入力テキスト・ボックスにフォーカスを当てて上書モードにしたらよくね?というわけで、長年使い続けてきたプログラムにまた手を入れました。

 結果、ますます入力の効率が上がりました\(^^)/

 よいSEの資質とは「楽をするためなら苦労をいとわない」事らしいですが、地で行ってますかね(自画自賛)。


2010/02/13へ


最初に戻る
戻る