コンピュータ環境 (2009/09)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2009年08月の環境
2009年10月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2009/09/27 (Sunday)
Quark の すごい ママン換装

 電源が問題ない(らしい)ということで今度はママンを調達して来ました。

 GIGABYTE MA785GM-US2H というマイクロ ATX 規格。で、さっそく換装、結果、電源はいらず。何度か電源ボタンを押していたら1回だけ通電して、でも前面パネルのランプはいつもの青色ではなく赤色に点燈し、数秒後に電源切断してそれっきりです。

 ママンも無罪の可能性が出て来ました、もう交換するものといったら CPU とメモリくらいしか残っていませんし、ヨドバシカメラのポイントも使い果たしました。

 どうしたものか、これピンチですよ。


2009/09/19 (Saturday)
Quark の すごい 電源交換

 この季節になっても電源投入後しばらくすると電源が落ちてしまうのはこれは熱暴走ではないのではないかという疑いを持ち、電源を交換してみました。

 400W→600Wと、容量的にはもう鶏を切るに牛刀を持ってのノリでしたが、結論からいうと症状は変らず、これはママンかという感じです。しかし、まだ1年たってないんですから困ったもんです。

 今夜も30分の録画があり、果して成功するのか戦々恐々です。


2009/09/27へ

2009/09/17 (Thursday)
USB メモリの すごい 綾波レイ仕様

 前々から USB メモリはいっこ持っていたほうがいいとは思っていたのです。

 でも、意外と不自由しないものでなんとなくなしですんでいました。

 しかし、ついに「あ、USB メモリ欲しい」という事態になってしまい、窮余の一策で 200 KB 余りのファイルを持ち出すのに CD-R に焼いてその場をとりつくろいました。

 その足で新宿ヨドバシカメラに向かい、「キャラクター物の USB メモリ」を物色しましたら、綾波レイのセーラー服仕様があったので値段もスペックも見ずに購入しました。もとから、USB メモリはキャラクター物にするつもりだったのです。本当はレイのプラグスーツ仕様がほしかったのですが、さすがにあれだけ古いともうヨドバシカメラでは扱っていませんでした。

 帰宅して封を切ってみたらこれが 4GB ありまして、ううむ綾波あなどれんと驚きました。


2009/09/19へ

2009/09/13 (Sunday)
ミ田 XP の すごい セキュリティ・タブ

 ミ田2000 から XP に変えて一番とまどったことの一つが、エクスプローラーのプロパティ・ウインドウからセキュリティ・タブが消えたことでした。

 セキュリティ・タブでは各ドライブ・ディレクトリやファイルに対してユーザーごとに書き込み・読出し・削除などの特権を設定するのです。これが消えたばっかりに、特に困ったのがCドライブにはアドミニストレータでないとディレクトリやファイルを作れないということでした。

 Morgan le Fay にはハード・ディスクを4個接続してあるし、Cドライブはプログラム専用と割り切って使っているのですがそれでも時にはファイルをコピーしたりして更新する必要が生じ、そのたびにいったんログオフしてアドミニストレータでログインしなおして作業していました。

 それが何の拍子かネットを徘徊していてエクスプローラのツールからフォルダ・オプションの表示窓に列挙してあるオプションの中にある「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックをはずすとセキュリティ・タブが表示されるようになることが分かったのでした。

 もうVISTAの寿命も尽きようとしているこのご時世になってやっと謎がとけたというのも何とも複雑な心境でしたが、ともかくもさっそくパワー・ユーザー・グループに、Cドライブのフル・コントロール権限をつけたのでした。


2009/09/17へ

2009/09/09 (Wednesday)
MS ACCESS の すごい 共有ロック

 今仕掛かり中の作業では、次々にクエリーで作成したデータを一時テーブルに流し込んで、できたテーブルを EXCEL にエキスポーとしています。エキスポートするシートの数は現在14枚。つまりは一時テープルを14個作っているのですが、14個目にしてついに「共有ロック数を越えているためにテーブルにレコードを追加できない」というエラー・メッセージが出るようになりました。

 このエラーはわりと FAQ らしくて、この語句で Google すると最初にヒットするのが M$KK の技術情報のページです。

 対処方法は二つあって、一つは regedit でレジストリの値を書き換える、もう一つは、エラーを引き起こした場合はイミディエイト・ペインに、エラーを未然に防ぐには該当プロシージャの先頭に

DAO.DBEngine.SetOption dbmaxlocksperfile,15000

と記述すること、前程として参照設定から Microsoft DAO 3.6 Object Library を参照する必要がある、ということ。

 後者の方が安易にできるというワケで、さっそくプロシージャの先頭にこの一文を挿入して実行してみました。
 結果は NG。

 存在している一時テーブルを見つけられず、レコードの追加ができないという新たなエラーを引き起こしました。さらにこれとは別に、テーブルの所有権がないためにレコードが追加できないというエラーも引き起こしました。

 所有権については、ツール〜セキュリティーからテーブルの所有者を監理者からユーザーー・グループに変更してみたのですが症状は変らず。

 しかたない、レジストリをいじって、9500 → 19500 にしてみました。今日はこの体制でジョブを実行してみます。どうなりますか…


2009/09/13へ

2009/09/04 (Friday)
MYSQL の すごい GUI

 調べてみたら、AB から無料で GUI を提供してくれているので、ダウンロードしてみました。

 まだ、ちょっと開いてみただけですが、昔使っていた SQL-Server の GUI とよく似ていてなじみぶかいものでした。

 これでどこまでやりたいことができるか分かりませんが、とりあえずユーザーを作ってこのユーザーに関係するデータベースの諸権利を Grant してみました。
 これがどう動くのかはこれからの実験です。

 先は長いぜ。


2009/09/09へ

最初に戻る
戻る