コンピュータ環境 (2008/03)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2008年02月の環境
2008年04月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2008/03/30 (Sunday)
【謎】の すごい SPAM

 手伝っている通販のサイト、余りの SPAM の多さに辟易してプロバイダを乗り換えたのをチャンスにメアドを変更。

 念入りに、mailto: で記述していたメアドを全て、jpg イメージに変更、おかげで乗り換えてから2年以上の間、SPAM からは完全に解放された状態でしたが、今月にはいってついに1通はいって来やがりました。
 また変更しなきゃダメかなとおもっているうちに、新手の攻撃が。

 注文書フォームにデタラメな文字を入れて送信して来やがります。
 「を、注文か」と中を開くとでたらめの文字列で埋めつくされているというこの脱力感。

 防止の方法としては、キーワードイメージを表示して、キーワードを手入力させ、不一致なら捨てるというだけのことですが生憎ウツでやる気がない、と。

 どうやって「やる気」を出すか、現在悩み中です。

2008/03/22 (Saturday)
Morgan le Fay の すごい 起動シーケンス

 DVD ドライブが故障したことは既報ですが、今度は拡張 IDE ボードまで飛び火した雰囲気です。

 今は DVD ドライブの結線はパワーも信号も両方はずしていますが、ここ二三日パワーだけはずして運用していましたら、今日の電源投入時に拡張 IDE ボードにつないである二台のハード・ディスクを認識しませんでした。

 何でもやってみるものです、電源を抜いた DVD ドライブの IDE 信号線もはずしましたら無事起動しました。

 今時2層対応のドライブなど通販で3Kからありますから、必要になったら買うということで今のところ CD、CD-R は、太古の SCSI 経由8倍速だけで運用中です。何の不自由もありません。

 正直いって壊した DVD ドライブではおそらく DVD を一枚も焼いていないのではないかと。

 猫に小判、豚に真珠。もったいないの精神を復活させなければいかんですね。

2008/03/30へ

2008/03/16 (Sunday)
続々・DVD-R の すごい 故障

 なおってよかったと思っていた DVD-R ドライブですが、ちょっと認識があまかったようで。

 一昨日の夜、帰宅して電源投入し、メール処理などして夕食を取りに逝き、もどってきたらフリーズしていました。

 Alt+Ctrl+DEL にも反応しないのでしかたない、電源ボタンの長押しで電源切断・再投入で、IDE ドライブの検出でフリーズ。
 何しろ BIOS にはいるまえのフリーズですからどうしようもありません。

 電源切断して横とびらをはずし、DVD-R の電源線を抜去して電源投入、当然のように正常起動です。

 そこで丸一日放置して、先程電源線を結線して電源投入しましたら正常起動しました。
 熱かなという気はします。直上にハード・ティスクがあって発熱していますから。ベイはあるのでハード・ディスクを移動させてもいいのですが、これからいよいよ暖かなる季節、そんな弥縫策で凌げるのかが次の課題ですかね。

2008/03/22へ

2008/03/13 (Thursday)
続・DVD-R の すごい 故障

 さて装着したはいいが故障していた2倍速の DVD-R ドライブ、装着していても仕方がないと取り外すことに。

 交換しようにも残っているのは CD ドライブだけ、これなら SCSI 経由の8倍速 CD-R で間に合います。

 それじゃあこないだ故障した DVD-R はどうよ、と IDE-USB 外付用ケーブルを持ちだして DVD-R に装着、電源投入すると電源ランプが点灯、エクスプローラからも N ドライブとして認識します。

 コンデンサの放電が終わったかね、とついでに皿を入れて再生するか確かめますが、そこはもともとがハード・ディスク用接続ケーブル、DVD-R のデータ処理まではしかねます、ということで。

 まあ、ドライブとして見えてるんだから、今装着している故障したドライブよりはマシだよね、と交換。

 結果、BIOS でも問題なく、エクスプローラからも認識、皿を入れると自動再生開始と何の問題もありません。

 短気な行動 (新しいドライブを購入するとか) しなくてよかったとない胸を撫で下ろしました。

2008/03/16へ

2008/03/12 (Wednesday)
続・ペンタブレットの すごい 修理内容

 症状再現せずということで無事もどって来たタブレットですが、Morgan le Fay に接続しても当然ながら動きません。

 ママンの故障ということで一計を案じ、シリアル・USB変換ケーブルを購入してみました。
 プロトコルが単純であれば、これで動く…はずでしたが…だめでした。何事も自作マシンは自己責任。2.5Kが無駄になりました。

 追加のシリアルボードを購入するか、タブレットを新調するか、ママンを交換するか…悩ましくなってきました。

2008/03/13へ

2008/03/11 (Tuesday)
デスクトップの すごい ハードディスク増設

 職場はほとんどのユーザがノートで作業していますが、DVD-Rを読み書きしたり画像データを編集したりするために一台、デスクトップが残してあります。あの DELL の Dimension 3000 という機体です。

 これに標準装備の80GBハード・ディスクにデータが一杯になってしまいました、そりゃそうだ、作業員はビデオテープのクリッピングをやってDVD-Rに焼くと後始末もせずに放置していますから、これを削除していいのかどうか誰にも分からないわけで。
 まあ、姑息な時間稼ぎに過ぎませんが、120GBのハード・ディスクが一個あったのを幸い増設してやる事にしました。

 側面の板を剥がしてみますと、さすがDELL、5インチベイの空きは一個しかなく、そこには二台目のDVD-Rドライブがすでにはいっています。購入時についてきたCD-Rドライブは、CD to CDのコピーに便利なようにわざと残してあるのです。

 中はがらんどうですから、工夫すればハードディスク一台入れるのは簡単です。問題は固定方法。
 いろいろ試して面倒になり、両面テープで本体にとめてしまいました。それも、発熱を考えて直立させ、そこの部分だけを接着。見るからに危なげですが、移動させなければ…多分…

 次に問題になったのがIDEケーブル。購入時のものですから当然ながらコストダウンのために、ペリフェラルを一個しかつけられません。
 倉庫を漁ってチャネル二個ついたケーブルを三本見つけましたが、一つは「PC9800専用、ハード・ディスク接続不可」と書いてあります。何に使っていたのだろうと疑問など持ちつつ残る二本を試しましたが、マスタになるハード・ディスクとスレイブになるDVD-Rの距離が遠すぎて届きません。そこで、5インチベイのCD-RとDVD-Rの上下を入れ換えてやっと一本が届きました。

 そして電源投入すると当然のように追加したセカンダリ・スレイブにあたるDVD-Rドライブを認識しません。

 当然、って、おま…と電源再投入、BIOSを調べると見事に認識していません。

 ディップを調べ、結線を調べ、電源を調べ、最後にBIOSにもどってきました。

 セカンダリ・スレイブの「OFF」という表示はこれは何だ、とRoll UP/Roll DWONキーを押しますと、「AUTO」という表示に。
 これかい、と電源切断・再投入からBIOSにはいり、セカンダリ・スレイブがDVD-Rドライブになっている事を確認して作業終了。

 いっしょにマシンのメンテナンスをしている同僚がもしこの側面板をはずして中を見たら…その時はその時と開き直りです。

2008/03/12へ

2008/03/09 (Sunday)
DVD-R の すごい 故障

 ミ田の起動中に、何気なく DVD-R のエジェクト・ボタンを押しましたら、トレイを出すのを拒否しやがりましたので、何度かがちがち押してやっとのことでトレイを出したら、中から、おとつい購入した IDE 追加ボードのドライバ CD がでてきました。

 それで、ミ田はというと、画面の下に帯が流れるシーンでフリーズ。

 電源スイッチの長押しで強制終了させ、念の為にと DVD-R の電源を引き抜いて再起動すると正常稼働します。

 あらためてDVD-Rの電源を結線して電源を投入すると、最初のIDEデバイスの検索のところでフリーズ。
 BIOS にはいる前にフリーズしてしまいもうどうしようもありませんので故障と認定、古い2倍速の DVD-R ドライブと交換して、さてこの故障したドライブを修理に出すか、新品を買うか躊躇しています。

 コンピュータ関係の機器は買って一ヵ月に一個までと決めていて、そうでないともう家計が破綻しますので。

 今もペンタブレットが昨日のような状況ですし、これでもしママンが逝ったら、それこそママンにCPU、メモリまで買いなおしですからとんでもないことになります。

 今はだましだまし使うしかないかな、と、そんな状況です。

 と思っていたら、何ということでしょう、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!何ということでしょうキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 交換した2倍速の DVD-R ドライブが、BIOS では認識するのに EJECT ボタンに反応しないではありませんか。
 強制的にトレイを引き出しても中は空、DVD を乗せて収納しても何の反応もありませんし、大体ドライブがエクスプローラから見えていません。何なんだ、BIOS では認識しているというのに。

 踏んだり蹴ったりとはこのことです。

2008/03/11へ

2008/03/08 (Saturday)
ペンタブレットの すごい 修理内容

 つーか、結局症状はでませんでしたよ、と((木玄火暴))

 WACOM さんの修理センターでは症状の再現を見ず、20日ばかりエイジングしましたが普通に使えますということで、しかたない返送してもらいました。

 まあ、Morgen le Fay に接続すれば当然ながら動かない訳であり、ママンのシリアルポートが逝ったということになるんでょう、コントロールパネル〜システム〜デバイス・ドライバでは、COM1 は正常ですよと報告してくれるのですが。

 とりあえず元どおり結線して、動かないまま放置です。

 正直いって、半年にいっぺん使うかどうかの状態になってしまっていますから。マンガも描かないし。もう、手が死んでいて、絵になりません。また、うつ病のために新しいストーリーのアイデアもでませんし。

 来月こうにうする機器は決めてあるので、もしかしたら再来月に最後の PCI ボードに追加のシリアルボードをこうにうするかも知れません。わかりませが。

2008/03/09へ

2008/03/07 (Friday)
Morga le Fay の すごい MO追加

 ほとんど書き上げたところで例によってESC押して全部消してしまった…脱力しつつ一から書き直します。

 Zip Drive 同様、個人的には全く使用していないMOですが、仕事の関係でいつ読み書きする必要に迫られるか分からないということで、転がしてあるドライブをどうやって取りつけたものかずっと悩んでいました。ほとんど杞憂の世界ですが、そこはうつ病、思いこんだら周囲が見えません。

 最初はSCSIのドライブをつければいいかと思ったのです、チャネルは一杯空いていますから。接続しているのはイメージ・リーダとZip Drive、2台目のCD-R (8倍速ということで、もっぱら CD to CD 複写の読み込み用に使用しているものですが)だけなので。しかしさすが本流をはずれた規格だけあって、検索すると現在入手できるSCSI経由内蔵型MOは3機種しかなく(つーか、まだ手にはいるのかよ状態)、お値段も約 30K と話になりません。

 今となっては USB 経由の外付でいいじゃんという気もしますし、現に最近までは外付のドライブを接続していましたから。しかし、そういうのは後知恵という奴で、渦中にある時には発想が出ない、そんなもんです。

 転がしてあるドライブは IDE なので、3台のハード・ディスクを1台外して交換するのが一番安易。ハード・ディスクは去年の暮れに IEEE 経由で4台収納できるボックスを購入してありますからいくらでも出せる…とはいえ、外付のハード・ディスクの映像データを再生するとコマ落ちが激しくて使い物にならないという暗い過去が…これでも倍速のIEEEbってやつですか、一番高速なインターフェイスなんですけど。

 しかたない、2台目のHDDを出来るだけ大容量のものに交換して、内臓HDD2台体制で行くか、と考えていましたら天啓が。拡張 IDE ボード、これですよ奥さん。さっそく値段を調べてみれば3Kです。もう決まり、と後先考えずに魔の街ヨドバシカメラで買い求めました。

 そして、組み込みを開始したのが夜の9時。

 例によって取り扱い説明書を見ずに、PCI スロットの一番下の空きにボードを挿入、ドライバをインストールという段階で使用説明書を見れば、「ボードを装着する前に CD からドライバをインストールして下さい」
 しかたない、電源切断してボードを抜去、電源再投入してアドミニストレータでログイン、CD からドライバを読み込ませて「再起動しますか」のメッセージにお答えして再起動、BIOS立ち上がり時に電源切断(今から考えるとこれが良くなかった可能性が大ですが)、ボード挿入して改めて電源投入。ログイン後、「RaidMgr.exe - 除数が見つかりません」というタイトルのメッセージ・ボックスが表示され、メッセージは「除数21がダイナミックライブラリMAPI32.dllから見つかりませんでした」で、一つしかない選択肢「OK」で応答、だめかな、と思っていましたら説明書通りのインストール画面を表示しましたので、説明書通りに進めて再び「再起動しますか」に応じ、例によって BIOS 画面で電源切断。

 さあ結線という段になって判明したのは専用ケーブルの長さが足りないってこと。対処法はふたつ、ボードを移動させるか、HDD を移動させるかです。物理的にはどちらも可能。ボードは上から2番目が空いていますし、HDD ベイは6個収納できます。

 ボードを移動したら、ドライバのインストールからやり直しだなと(実はその方が時間的にも作業量も少なかった)、HDD を移動させることにしまして、一番上の5インチベイに入れてあった、新たにプライマリになる HDD と、起動用 HDD の上にあったセカンダリの HDD を抜去、一番下のハード・ディスク・ベイに装着しようとすると、起動用のハード・ディスクが一番下の3台収納できるベイの一番上に位置していて、このままつっこんだら3個の HDD がぎっちりになり、その上のやはり3個収納できるハード・ディスク・ベイが空になる、これは発熱上問題でないかい、と今度は起動用 HDD を抜去して、上の段のハード・ディスク・ベイの一番上に移動、やっとすきまのできた下段のハード・ディクス・ベイに2台の HDD を収納して結線、さすがに今度は専用ケーブルもちょうどの長さで届きました。
 電源ソケットの空きがありません((木玄火暴))。
 電源ケーブルの4分岐延長コードを入れて解決しました。

 電源投入すると無事認識してくれたのですが、ログイン後の「除数21がダイナミックライブラリMAPI32.dllから見つかりませんでした」というメッセージが消えません。
 新しくインストールした RAID ディスク・ドライバだろうと見当をつけて、コントロール・パネルから該当の RAID ドライバを無効にしましたら、増設ボード経由の HDD 2台を認識しなくなりました。
 しかたない、ドライバを有効にすると、「有効にするには再起動が必要です」はいはい、と再起動。例のメッセージは消えませんがもう無視です。

 やっと準備が整って、電源切断、使用していない(というより、エラーで使用できないため BIOS で殺してあった)ディスケット・ドライブを抜去、そのかわりに MO のドライブを挿入、2個空いた IDE ケーブルのうち、なんとなく先にさわった方のケーブルを接続、ディップらしいものもないのでそのまま電源ケーブル接続して、電源投入です。

 BIOS ではドライブを認識したのですが、メディアがない(^-^)\バキッ☆

 ま、リムーバブル・ドライブの数が一個増えていますので多分大丈夫、メディアは今夜持って帰って検証することにしました。

 ついでにディスク・アドミニストレータで参照すると、200GBHDDがどういうわけか150GBで領域確保してあり、50GBなにも使っていません。
 データとしてはディレクトリが一個あるだけだったのを幸い、別のディスクに待避させて領域解放、改めて1ドライブで領域確保して初期化させ、そのまま放置して床にはいったのが11時半。いつもより1時間近く遅くなりました。

 今朝、チェックしましたら無事200GBで認識していましたので電源切断して出てきました。

 たかが MO ドライブ一個増設するのにこの騒ぎですから、いかにうつ病の影響が大きいかよくわかります。

2008/03/08へ

最初に戻る
戻る