コンピュータ環境 (2007/04)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2007年03月の環境
2007年05月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2007/04/29 (Sunday)
続・お友達の すごい 無線LAN

 土曜日に外出していましたところ、自宅に電話があって設定が狂ったみたいなメッセージでした。今夜あらためて電話で内容を確認しますがさてどうなりますか。

 詳しくはまた後で報告します。

 今日は久しぶりに古いLPを3枚リッピングしました。このゴールデンウィークは1日と2日の二日間、会社が営業しないことになりましてぶっ続けの9連休ということになりました。まあやることもありませんから引き続きLPとかLDのリッピングに明け暮れる毎日になりそうです。

 ちなみにリッピングしたのは以下の4枚(1枚は先週)。

  • はしだのりひことシューベルツ「天地創造」
  • 井上陽水「スニーカー・ダンサー」
  • アリス「栄光への脱出」
  • タモリ「TAMORI」

ちょっとマニアックかなという気もしますが気にしない気にしない…

 Readris の使い方も少しいじって、どうやったのか分かりませんが読み込み時にシステムで決定できないイメージを表示して手入力でなおせるようになりました。おかげで解釈の終わったあとの処理がはやい、はやい。
 やっぱりちゃんと使い方を研究しないと時間のむだを重ねていましたね、反省してもおそいですが。

2007/04/17 (Tuesday)
お友達の すごい 無線LAN

 時々登場してもらっている友達ですが、こないだ購入した中古のノートが問題あったらしく、別の中古に買い換えたそうです。

 お定まりの無線LAN設定に呼び出されました。

 ここまで頻繁だとマニュアル作ってもいいか、という気にもさせられますが、まあとにかく今度の土曜日の朝、ちょちょっと動くように調整に行って来ます。
 こういう時に、有線のありがたみを感じますね、コードをソケットに刺すだけですから。

2007/04/29へ

2007/04/15 (Sunday)
使っていなかった すごい CPUとメモリ

 週末の作業で使用している自作のパソコンが最近遅い事に気づきました。

 まあ、5千件弱のデータをMS-ACCESSと、5000×11くらいの配列でぶん回すプログラムなのですが、宅のMorgen le Fayで同じデータを処理するのに比べて確実に二分の一から三分の一の速度です。

 本部のアドバイザと相談して。とりあえず宅に使わずに放置していたAthlon 2400+と、512MBメモリを適用してみるってことで。それで、自宅からこの二つの部品を持って作業場に行き、CPUとメモリの増量を試みましたが両方とも挫折しました。
 まずCPUですが、交換して電源投入後大体10秒くらいで電源切断してしまいます。これは何度くり返しても同じなので、元々のAthlon +1800 にもどしました。
 続いてメモリの増量を試みます。
 これがまた曲者で、BIOSで認識しません。

 もう信じられない両方とも現在の Morgen le Fay を立ち上げたときには現役できちんと動いていたパーツです。

 とりあえず、メモリをこうにうして2GBにしてみましたが、結果は変らず。

 現在は、データの処理からwwwの更新まで自宅の Morgan le Fay に任せています。

 こんなんでいいのかと思います。CPUもメモリも1年くらい前までは何の問題もなく使用していたパーツです。それが、使わないという理由だけで動作不良に陥るとは。

 まあともかく、環境が変れば動作もかわるかも知れないので、しうまつに持って帰ってきて、Morgan le Fayで動作確認をしたいと思います。
 Morgen le Fay で無動けば、現在 Morgan le Fay で使用している Athlon 2100+ が使えるわけですから。

2007/04/17へ

2007/04/08 (Sunday)
完全復元の すごい 復元力

 新しいハード・ディスクをリムーバブルにしたら、それまで入れていたディスクが読めなくなってしまいました。

 そこで「完全復元」ですよ。

 「Final Data」でファイルの回復を試みましたところ、山と入れてあるはずの映像データは一つも回復できず、ただ小さな画像データをいくつか取り戻せただけでした。
 こりゃだめかなと思いましたがとりあえず「完全復元」を買い求めまして、これでクラスタスキャンをやってみました。まあ、「Final Data」にも同じ機能があったんですけどね。

 その結果、200GBのスキャンを約2時間でこなしまして、ほとんど全部の映像データを回収することができました。
 クラスタスキャン、すごいっ

 何故、こうもハード・ディスクが飛ぶのかを考えてみるに、いつも新しく買ってきたディスクをリムーバブルにして、交換し、電源投入して区画定義〜初期化すると、それまでリムーバブルの位置に入っていたハードディスクが次にトレイに入れて電源投入したときに読めないような気がします。

 つまり、新しくハード・ディスクをリムーバブルトレイで区画定義〜初期化する場合は、いったんトレイをからの状態でシステム起動し、電源切断してから初めて新しいディスクをセットして電源投入という順序が必要なのではないかと思いました。

 新しいハードディスクは300GBありますので、これ使い倒すまでにしばらく時間がかかるでしょうから、これの検証はすぐにはできませんが、忘れないようにして試してみようかと思っています。

 手元に使っていない80 GBのハード・ディスクがあるので、これを領域解放して試験に使うのもありかなと思います。
 どうなるかはまだ決めていません。

2007/04/15へ

最初に戻る
戻る