コンピュータ環境 (2007/03)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2007年02月の環境
2007年04月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2007/03/18 (Sunday)
Norton Ghost の すごい 復元力

 昨日の土曜日にいつもの作業用 PC に電源を投入しましたら、ユーザIDの獲得に失敗したのでジェネリックなプロフィールを作成するとかなんとか言ってきまして、カスタマイズして使用していたときとは似ても似つかない画面が表示されました。
 しかもキーボードは101だと信じてます。数字や半角記号を入力することはなんとかできますが、かな入力の身に101キーボードはチト荷が重い。

 さらに、Photoshopでイメージ取り込みをやっていたのですが、いつもなら表示される、ファイル保管のダイアログボックスで、直前に保管したファイルの一覧が出ません。しかたない、全部ダイアログボックスのパス指定からはいって保管しました。これも何かの影響かと。

 さてどうしたものか最悪OSから再インストールかなと思いつつ、BIOSでなんとかならんものかと再起動をくり返しているうちに、Norton Ghost のロゴが、ミ田立ち上がりの際に一瞬表示されることに気づき、「これはっ」とスペース・キーを押してNorto Ghostを起動させてみました。

 今日の立ち上げ3回の記録、三日前に実際にさわった最後の日付、更にもう一回前の日付と計5個設定にもどせるみたい。
 今日の分は全部だめなので、三日前の設定を呼び出してみました。

 結果、めでたくログイン画面から自分のユーザIDとパスワードを入力して本来出したいデスクトップの表示ができるようになりました。

 これまでバックアップといううとOSをCDとかに焼いたりしていますが、Norton Ghost 使うのも悪くないと思いました。

 どちらにせよ現在のC:ドライブは交換が必要です。これまた小さいですが30GBのハード・ディスクが余っているのでこれと交換ですね。


 何事もうまくいかないものです。今日はこのトラブル解決に2時間近くかかり、結局作業終了したのは23時を過ぎていました。まあ、楽しいからやらってるって言えば言えるのですがやっぱ辛いです、特に帽子屋のパス指定がつらかったです。
 そういえば、Norton Ghost でもどしたあと,日本語入力は試してないかも((汗))

2007/03/13 (Tuesday)
続・ミ田XP の すごい アップデート

 職場で使うようにと、少々お古い DELL Note X-1 を渡されたので、OS から再インストールしています。

 OS 本体のインストールと主に Office を中心としたアプリケーションをインストールし、デバイスドライバをインストールしていよいよミ田アップデートにはいりました。
 まず今すぐアップデートでいっぺん再起動、それからいよいよ本番ですよと更新プログラムのインストールが76個……あーもうあーもう。

 XP も発売は終了したとはいえしばらくはアフターサービスを続けるでしょうからそのうち XP の新規インストール後のアップデートは100越えるんでしょうね。

 マジ何とかしてほしいと思う今日この頃です。

2007/03/18へ

2007/03/09 (Friday)
ミ田2000 の すごい アップデート

 というわけで昨日から実動を再開した Prudence ですが、まだアプリケーションのインストールも全部は終わっておらず、大体ミ田アップデートをしていないじゃないか、というわけでというわけでというわけでというわけで早速ミ田アップデートにかかりました。

 お約束の、排他的更新プログラムをいくつかかませてさて本番です。一気に全部更新と、ぽちっとな。

 56の更新だそうで……

 今、Morgan le Fay でみゆきさん聞きながらこれ書きながらアップデートの終わるのを待っています。

 地獄のようだ、まったく。

2007/03/13へ

2007/03/08 (Thursday)
Prudence の すごい 修理

 計算通り、火曜日に宅配便でもどってきました。早いっ!

 報告書ではこちらの訴えた症状を確認したということでハードディスク交換、ミ田XPをプリインストールして返してくれました。その上に!
 SONY 製バッテリーを交換してくれました、いぇい。
 ほとんど1年使ってへたり始めていたので買い増そうかと思っていた矢先のことでこんな嬉しいことはありません。

 例によって電源投入と同時にミ田2000のCDをぶちこんでインストール、パーティションも1個で切ってあったので12GB & 28GBに切り直して現在データの再設定中です。

 もともとバックアップの必要なデータといったら FEP のユーザ辞書くらいでしたから後は全部 CD か Morgan le Fay から複写するだけ。
 ネットワーク越しに音楽データなんか複写しながら、このどさくさで80GBハードディスクに換装したらよかったかもと思いました。

 お約束ですが、チップセット、LAN、グラフィクスなどもろもろのドライバはいったん www のサイトから頂いて来なければいけません。LAN のドライバだけはどうしようもないので Morgan le Fay から4GBマイクロドライブに落としてインストールし、ネットにはいれるようにして残りのドライバを全部落としてインストールしました。
 アドミニストレータのデスクトップに、ダウンロードした残骸が累々と残りましたので、とりあえず D: に退避、時間をみつけて CDR に焼く予定です。

 修理の上がってきた Prudence は心なしか使い心地がよくなっていました。きっと、すき間の清掃とかいろいろやってくれたんだろうなとうれしくなりました。

 これで年に4回も故障しなければ言うことはないのですが……

2007/03/09へ

2007/03/02 (Friday)
Prudence の すごい 故障

 昨夜までは何の問題もなく動いていたのです。

 それが今朝はミ田のロゴを表示したあとで青画面、「BOOTABLE_DISKないで」

 セーフモードでだめ、前回の設定でだめ、BIOS でブート順をなおして(一番がリムーバブル・ディスクになっていた)だめ。

 あきらめて梱包し、エプソンダイレクトの修理センターに宅配の手続きを取りました。

 このマシンは素性が良くて変な挙動もないし、ただ右のシフトキーの位置が微妙に違うことくらいしか不満がないので、直してもらったらまた使うつもりですが、この手の保証期間が購入時につけた1年間からそろそろ切れるので、延長しようと思います。

 この1年でキーボード交換、マザーボード交換、ボディ下部交換と、オリジナルで残っているのは液晶画面とCD-Rくらいになってしまいましたがこれはやはり自分の使い方がよくないせいなんだろうかと自問自答する今日この頃です。

2007/03/08へ

最初に戻る
戻る