コンピュータ環境 (2007/01)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2006年12月の環境
2007年02月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2007/01/16 (Tuesday)
プリンターの すごい 交換

 パートで使っていたレーザープリンタの印刷が汚くなってきました。印刷方向に無数の筋がはいって、薄い灰色で塗りつぶしたようになります。

 メイカーに電話で相談したところ、部品の供給は2005年の秋で終了しているとのこと、修理不能です。

 しかたなく買いかえることにしてパンフレットを検討、エプソン LP-S1100つーやつ。定価 79.8K ながらヨドバシ価格で 39.8 とこいつ商売する気あるんかよ価格でした。

 ついでにふと思いついて、今、机の横に置いている FAX と重ねておけるラックも買うことにして、プラス1の3階建ラックを 6.9K でゲトー

 ラックが組立式だったので一瞬目の前が真っ暗になりましたが気を取りなおして説明書通りに組み上げました。1階にプリンタ、2階に FAX を置いて3階部分は多目的に使うってことで。

 このラック、パソコン用とうたうだけあって、2階の天板の下にキーボード用の板がはいっていて、手前に引き出すとその下にマウス用の板が右側からせり出せるようになっています。
 マウス用の板はともかくとしてキーボード用の板は使いみちがありそうです。
 ただ、キーボード用の板を引き出すと自分が外に出られなくなるという弊害が。

 プリンタを撤去した机は気分2倍の広さになりました。
 一瞬、タワーの本体もラックにはいらないか、あるいは机の下に入れてしまおうかとか考えましたがとりあえずはそのままで。

 プリンタの印刷品質はもうみごとの一言で、本当にきれいです。根性入れて作業しなければいかんなという気にさせられました。

2007/01/04 (Thursday)
プリンタサーバの すごい 解決

 3台あるプリンタのうち、複合機のレーザーは一年近く稼働していませんでした。

 ネットワークから印刷するために、プリンタ・サーバを調達したのですが、接続に失敗したためです。
 当時のメイカー様は実に親身になって応対してくれ、つながらない旨相談したところ新品と交換までしてくれました。
 それでも動かず結局その時はあきらめたのです。

 でも、コピーにしか使わないのはいかにももったいないので、もう一度と、勤め先で使用しているのと同じメイカーの品物を購入してみました。

 配線を全部終え、制御プログラムもインストールしてプリンタを探しますが、やはり見つからないという。
 ことここに至ってついに制御プログラムをインストールしているノート (Olivie) のどこかに問題があるのではないかという発想がわき上がってきました。
 制御プログラムを、主力機の Morgan le Fay にインストールして捜索すると難なく見つけます。Olivie との違いは……ウィルス駆除プログラム。
 Olivie は、ソースネクスト社、Morgan le Fay は MacAfee 社、ソースネクストにはファイアウォールがあり、Morgan le Fay にはない。

 これで問題は解決したようなもの。Olivie のソースネクストから、ファイアウォールを一時的に停止して、プリンタサーバ制御プログラムでプリンタを発見、コントロールパネルからプリンタを開いてプロパティのポートを新しく作って (TCP/IP) IPアドレスとキーワードを設定、作業終了、テスト印刷成功ということになりました。

 気になったのですが、一度成功したあと、ソースネクストのファイアウォールを有効にしてもテスト印刷は成功しましたのでこれで問題解決と思われます。

 あの時このことに気がつけば、あんな残念な結果にならなかったのにと先に立たないのが後悔と申します。

 ともあれこれで白黒の印刷はレーザーでばりばりできるのが何よりうれしい…のですが、印刷するものといったら年賀状と青色申告用費用明細、月に1回の請求書くらいしかないのが悲しいです。

2007/01/16へ

2007/01/01 (Monday)
2回故障した すごい デジカメ

 オリンパスの、C-2040 という、もはやレトロ風味ただようカメラですが、すっかり手になじんでいて手放せません。

 例年の湾岸戦役に望んで、久しぶりに電池のヘリ具合やなんかを点検することにしました。
 電池はお約束でちょうどなくなっており、数枚撮影したところで交換の用を認む状態。ちょうど、パナソニックのオキシドライトがはいっていたので、いつものNiH充電電池と交換すべく、3組ある電池を次々に充電して耐久性のテスト。
 一番古いロットは満充電から数枚で使用不能となるため、これは廃棄。
 結局一番新しいロットを装着して使用することにしたのですが。

 撮影範囲をカメラ背面の画面に表示するモードでは、画面が真っ黒で、画面左の端から尾を引いた赤っぽい線が評されるばかり。何が映るかと試してみれば、ママ真っ黒に左側から赤い線が尾を引いて……
 2度も故障・修理に出したから、いよいよだめかなと思いつつ、両手で筐体を握り締めていましたら、何となく、本当に何となく筐体がゆがんでいるような気がしまして、他意はなくそのゆがみを両手で「ぎっ」と回したところ、いきなり画面に映像を映し出すようになり、撮影も正常になりました。

 普段はケースに入れてかばんに積みっぱなしで、ノートパソコンやその他のものと共存しているうちに押されて筐体そのものがゆがんでしまったらしいのですが、それにしても最近の機械モノには驚かされるというかあきれさせられるというか。

 今年もこのカメラ、大切に使いたいと思ったことでした。

2007/01/04へ

最初に戻る
戻る