コンピュータ環境 (2006/04)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2006年03月の環境
2006年05月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2006/04/30 (Sunday)
続々々々々・IDE→USB の すごい アダプタ

 なんか、ひょんなことからつなぎこみに成功しました。もう、わけわかりません。

 どうも、闇雲に接続してはいけないみたいです。ちゃんとした順序をふんでやらないとだめみたいです。

 その正しい順序を以下に:

  1. HDD に電源と IDE バスを接続する
  2. HDD に電源を投入する
  3. USB を結線する

 この順番でないと認識しないみたいで、それが分かったのがうれしくてゆうべは手元にあったハードディスクを次々に初期化してしまいました。

 なんでこの機器にここまでこだわるかといいますと、じつは遠大な目的があったのです。

 HDD を1台、月末バックアップ専用にしまして、CDRの焼きを中止しようというわけで。
 これまで毎月のバックアップしたい対象がついに 1 GB を突破しておりまして、1枚の CDR に焼けなくなっていたのです。しかたがないので、年末のバックアップには残っているからいいか、と一番古いメールのログのバックアップを削除して 700 MB に収めていました。

 これでそんな心配なしに 40 GB の HDD に、約3年分のデータをバックアップできる訳です。

 最近のハード・ディスクのバイト当り単価の下がり方は大変なもので、もう CDR はいうに及ばず、次世代 DVD でもなんとか太刀打ち出来るかどうかという信じられない事態になっています。
 昔から、ハードディスクのバックアップはハードディスクが一番、というのは明白なことで、それでも、もしそのために買ったらきっとそんな用途には使わず新しいデータ入れちゃうよねとか思っていたのですが、ついに実現したってワケです。

 なんだか新しい世界が見えるような気がします、悪夢のような世界が(どう悪夢なのかはまだよくわかりませんが)。

2006/04/29 (Saturday)
恐れ入りやの すごい EPSON Direct

 届いた NT350 ですが、一個だけついている PCMCIA タイプ II (かな?) のカードを引き抜いたら、取り出し用のボタンが飛び出したままの状態になり、押しても引いても引っ込まない状態なってしまいました。

 しかたない、故障のクレームつけるか、と、ED のホムペに逝き、イヤミたっぷりに「もし仕様でしたらがまんして使いますが、故障なら直してもらえるか」みたいなメッセージを放り込んだところ、早速の回答が来まして、引取修理の運びになりました。

 しかもエプソン、1日修理を公言しています。さてどういうことになるかと、27日に引き取りサービスを呼んでもらうことにしました。そして、同日の夜帰宅するとブツは予定通りに引き上げられていました。

 実は、納品に使用した箱を捨てずに取っておいたのですが、これの蓋にあたる部分にべったりと透明のクラフトテープを貼り付けて、伝票が貼られてもはがすときに下地の段ボールを傷めないようにまでやってしまいました。これはもしかしなくとも EPSON の担当者の方の心をいたく傷付けたんではないかとチト反省しております。

 それでですね、今日帰宅したら、お約束のとおり、1日修理で返送されていました。もうびっくり。

 ママンの交換で対処できたそうです。単なる機械的な不具合だと思っていたらそうでもなかったみたいでまたしてもびっくりでした。

 いよいよ本格始動ですかね、NT350。なんか楽しみです。

2006/04/30へ

2006/04/22 (Saturday)
Morgen le Fay にノートン Anti Virus / Prudence にはミ田2000

Morgen le Fay にノートン Anti Virus

 前回、SourceNext の火壁付きアンチウィルスをインストールしましたところ、Perl で組んであるアンテナが動かなくなったという苦い思い出を忘れようと、ノートン Anti Virus をインストールしました。

 全ドライブの検査の結果、ずえったいいないと信じていたウィルスが4匹おりまして、いたく傷つきました。
 やはり、このご時世、どんなに気をつけたところで、ウィルスというのは侵入して来るんだと反省しました。

Prudence にはミ田2000

 ミ田XP Home のプリインストールされている Prudence ですが、電源投入と同時にミ田2000 の皿を入れてさっくり 2000 で仕上げました。昔使ったえんでばもそうでしたが、この NT350 も実にくせがなくてインストールも楽々。何の問題もなくインストールできました。あらかじめエプソンダイレクトのサイトからミ田 2000 用のデバイスドライバを落としておき、CDRに焼いてインストールしました。

 明日からはモバイルの世界が…って明日はサンクリ31なので、持ち出す余裕はなさそうですsigh

2006/04/29へ

2006/04/16 (Sunday)
続々々々・IDE→USB の すごい アダプタ・新機種のお知らせ

続々々々・IDE→USB の すごい アダプタ

 今日は昨日の停止個所は突破しましたが続くシーケンスの、Raid Arrayの検出で(使ってません)フリーズしました。例によって電源切断・再投入で無事起動。

 これで最後だと思いたいですね、次のシーケンスは SCSI 機器接続の検知ですから、IDE とはおさらばのはず。

 こういう報告を続けていると、書きたいことも書けなくてこれはこれで困ったもんだと。

新機種のお知らせ

 というわけで本題ですが、前々から持ち歩けるノートが欲しいなあと思っていて、今回予期していない入金があったものですからつい買ってしまいました。エプソンダイレクトのNT350です。

 本命はパナソニックの 990 g でしたが、どこで見ても値段 198K ととても手が届かず断念しました。この 500 g の差は大きいかもと思いますがそれ以上に 60K の差が効きました。

 火曜日に配達と言われ、今からわくわくしています。

 名前はすでに Prudence と決定済み。

 16 台めですか、悪夢のようだ。

2006/04/22へ

2006/04/15 (Saturday)
続々々・IDE→USB の すごい アダプタ

 以来一週間以上、USBもACも接続状態のまま放置していますが、それからというもの、Morgan le Fay は、電源投入直後に CPU だけ表示してそこで凍ってしまうようになりました。

 電源ボタンの長押しで電源切断後再投入すると正常に起動します。

 これはいかなる冗談かと昨日は、ハード・ディスク側の IO を抜いて、ケーブルは本体に接続したままで電源投入してみましたが、結果は変らず。

 そして、今日です。今日は、CPU、メモリ、IDE 接続機器を表示したところで何か IDE の接続が切断されててみたいなメッセージを表示して凍りました。

 例によって電源切断・再投入で正常に稼働。

 あーつまり、USB 経由のハード・ディスクも、BIOS レベルでは IDE と認識していて、ところがドライバがないので起動できない状態だった?らしいです。

 ゴールデンウィークにミ田2000の再インストールを予定していますので、その時に何とかなるでしょう。

2006/04/16へ

2006/04/09 (Sunday)
続々・IDE→USB の すごい アダプタ

 報告が遅くなりましたが、メイカー様からの反応はすぐにありました。機器の故障かも知れないから送ってくれみたいな文面でした。

 そこで、ドライバの競合の問題だと思うので、月末にでもミ田の再インストールで検証してみるから少し待ってくれみたいなメールを送りましたところ、又しても返事が来まして、なんと対応のいいメイカー様であろうかと密かに涙しました。

 そんなわけで件の装置はもうめんどうくさいのでハード・ディスクはつなぎっぱなしだわ、USBケーブルはつなぎっぱなしだわ、電源は入れっぱなしだわと環境にも非常にやさしくない状況です。

 でー、この環境で Morgan le Fay に電源投入すると、どういう訳か一発目ではか・な・ら・ず・CPU は Athlon 2100+ ですみたいな表示で凍り付いてしまうようになりました。
 電源ボタンの長押しで電源切断したあと、5秒とか10秒待って電源再投入すると正常に起動します。

 起動順序がチトややこしくなったくらいの認識で全然気にしていないのですが、もしかしてこれ、まずかったりしますかね。

2006/04/15へ

2006/04/02 (Sunday)
続・IDE→USB の すごい アダプタ

 どうやら原因が見えて来ましたが、何かミ田98用のドライバがインストールされているときによく出るエラーらしいです。

 知らんがな、そんなドライバ、入れた覚えもないし。

 最悪ミ田2000再インスコかなと暗澹とした気分です。

 メイカーのホームページに行ってみたら質問フォームがあるので症状を書いて送っときましたが、果たして返事が来るかどうか。

2006/04/09へ

2006/04/01 (Saturday)
IDE→USB の すごい アダプタ

 一台余っている 30 GB HDD を何かに使えないものかとともかく認識させることだ先決だみたいなわけで、USB で認識できるというアダプタをこうにうしました。

 接続すると「USB IDE 記憶装置」みたいなメッセージを出してくれるのですがそれっきりでエクスプローラでもディスクマネージャからも見えません。困ったもんです。

 どうしたら認識させられるのだろう、HDD のジャンパも確認したし、HDD は電源入れるとちゃんと音立てて書いてん始めているし。

 今月はこれと格闘の日々が続きそうです。

2006/04/02へ

最初に戻る
戻る