コンピュータ環境 (2004/11)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2004年10月の環境
2004年12月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2004/11/26 (Friday)
ACCESSの すごい 文字化け

 この日記、すでに書いたかもしれませんが MS ACCESS データベースに書きこんで、VBA で html ソースを生成、ネットにアップロードしています。

 元々は ACCESS95 で始めて、97 を経由して現在は 2000 です。

 いくつかの理由により、データテーブルのあるデータベースはつい最近まで 97 でした。それを、フォームや VBA を格納してある 2000 のデータベースからリンクして使用していました。
 どういうわけか、このフォームでいっぺん作成した日付のレコードを開くと、文書の最後に大量のゴミデータが付着します。それは、日記のデータベースでだけ生じることで、その他の、たとえば改編履歴とかペットとか同人とかのデータベースでは(別ファイルです)生じません。
 しかたがないので、いちいち画面で編集して消していました。

 でも、やっといろんな問題が解決したのでデータテーブルのデータベースを2000の形式に変換したらこのエラーは出なくなりました。
 結局理由は不明のままですが忘備録ということで。

2004/11/25 (Thursday)
ウィルスフィルターの すごい 結末

 すごいっていっても、アウトソーシングしただけのことだそうです。あほらしい。

 まあおかげさまでウィルスメールは完全に一通も入電しなくなりました。大変な威力です。アウトソーシングえらい。


2004/11/26へ

2004/11/24 (Wednesday)
ウィルスフィルターの すごい ナゾ

 週明けから入電するウィルス通知が激減しました。

 月曜日はいつもだと200通くらいの通知があるのですが、30通くらいしかありませんでした。
 火曜日の祝日はさんだ今朝にいたっては0です。

 本社が、POP3サーバにワクチンソフトをインストールしたとしか思えませんが確認していません((木玄火暴))。

 これ、薮蛇になりそうなのでこれ以上刺激しないようにとか思っています。
 なにしろ、もしも問い合わせに本社から「何それ」みたいな回答が来た日には(あり得ねー)

 まあ、毎朝統計データを収集する楽しみが一つ減ったというのはひていしようのない事実なわけで。

2004/11/25へ

2004/11/22 (Monday)
BackupExec の すごい エラーメッセージ

 アドミニストレータのパスワードを変更したのがそもそもの発端でした。

 BackupExecのサービスログインに、アドミニストレータのパスワードを使用しているから、エラーが出るはずだと思っていたのです。
 それはその通りだったのですが、サービスのログインのところでパスワードを変更してもサービスが起動しません。
 イベントビュワーでエラーを調べてみると、「指定されたデータベースは存在しません。」

 まあタイミング的にはパスワードなんですが、なにせ存在しない、と言い切られてます。
 ここでもう少し調査しなかったのは軽率でしたが、プログラムを再インストールすることにしました。
 ついでに、ミ田からクリアインストールしました。
 昼から始めて夕方近くまでかかりましたが、ともかくアプリまでインストール終了しました。

 さて今回、アプリのサービスのログインにアドミニストレータを使用しているので、パスワードを変更したときに問題になることは分かっていました。
 そこで、バックアップ専用のユーザIDを準備しておいたのです。そして、サービスログインには、その、バックアップユーザを使用しました。
 まあ、これが奇貨になったのだから面白いと言えば言えるのですが。

 そしてアプリを起動すると、な、な、なーんと又しても「指定されたデータベースは存在しません。」というエラーメッセージです。

 初めて、何か根本的なところで間違っている、という事に気づき、ぐぐるってみました。
 まずは軽いジャブってカンジで「指定されたデータベースは存在しません。」をやったらなんと3行目に

Backup Exec for Windows Servers TechNotes List
… J265051, VERITAS Backup Exec ? 9.x サービスアカウントのパスワー
ドを変更後、「指定されたデータベースは存在しません。」というエラーで、
Backup Exec Device & Media Service が起動しない。 …
www.veritas.com/jp/support/shared/list/bews-list.html - 30k - キャッシュ - 関連ページ

あ〜あ、っていうカンジ。

 しかもこの後もう一騒動ありました。
 結論からいうと、MSSQLSEVERサービスにログインするユーザは、ローカルのアドミニストレータ・グループに属していなければだめなのです。バックアップ・ユーザはバックアップ・グループにだけ属していたので、サービスを開始することができませんでした。
 さすがに「access denied」のメッセージは必要な特権がないからだという見当がついたので、解決は比較的容易でしたが。

 今日は一日これにかきまわされどおしでした。疲れました。

2004/11/24へ

2004/11/20 (Saturday)
Morgan le Fay の ものすごい 通信環境

 一念発起してミ田の再インストールに及びましたが、今のところ結果は全然よくないです。

 再インストールする前から、ネットワークカードは異常ないとかいうくせに、インターネットに出られず、ワークグループの他のマシンも参照できない状態でした。で、再インストール後も変らず。
 NIC のトラブルかと思い、2枚差しにしてみましたが症状は変りません。
 一時的に Natharie が見えて資源にアクセスすることができましたが (NetBEUI を入れているから)、しばらくしたらまた見えなくなりました。
 ipconfig /all では、IP を取得しているのにもかかわらず、DHCP サーバの IP に ping が通りません。
 Natharie へ、名前で ping を試みると、Natharie の正しい IP を表示するくせに、time out です。

 一体何が原因なのかまったく見当がつかなくなりました。

 万策つきたのでこれからママン換装してみます。

 換装の結果、画面表示をしなくなりました。
 今日はゲームセット、続きは火曜日です。

2004/11/22へ

2004/11/19 (Friday)
「いきなりPDF」の すごい 価格

 前々から Acrobat というそうとを使用していました。ここのサイトに小説をアップロードするのに、まあ小説ですからすこしでも印刷した風に見せて読んでもらいたいとか思いまして。いやもちろんテキストでも置いてありますが。

 それでですね、最近新作にずうっとご無沙汰しているのですが、まあ、ウツで。全然書けない訳ですよ。
 しかし、そろそろなんか書かないとヤバ目なので、ともかく環境だけでも整えようと、Acrobat をインストールしようとしたのです。

 なにしろバージョン3ですからもうサポートしてないとかいってインストールを拒否しやがりました。

 困りましたよ、マジで。今ネットで確認したら、なんですかプロ版5万、スタンダード版3万ですよ、しかもアップグレード版1.7万/1.2万の対象はバージョン4以降ときたもんだ。

 会社にインストールしてあるマシン借りて作るかとかいろいろ考えていましたら「いきなりPDF」というソフトがあるという。せんきゅうひゃくはちじゅうえんですよ、これが。
 ヨドバシカメラに行ってみました。現物見に。
 はい、確かに「いきなりPDF」は1980円で入手できます(トリビア風に)。
 なお、プロフェッショナル版というのがあって、こちらは2980円です。どう違うのかみなさんで推理してください(劇的(^-^)\バキッ☆

 スタンダード板でできること : PDF ファイルの作成。

 プロフェッショナル版でできること :

  • スタンダード版の機能全部
  • PDFファイルのへんしう
  • 複数ファイルの一気作成
  • 複数PDFファイルの結合

などだそうです。

 しばらく悩みましたが1000円の差なら許そうか(何を?)とプロフェッショナル版をこうにうして Natharie にインストールしてみました。

 一つ作成して開いてみましたら、ちゃんと Acrobat Reader で読み取れました。まあこれだけ動けばもんくつけることないなと思いました。

 それにしてもソースネクスト、プロテクトもなしにこの値段は素直にお礼を言います。


2004/11/20へ

2004/11/17 (Wednesday)
NT4端末の すごい インストール

 ネットワーク障害がまだまだ続くので、本社からのテスト要請にしたがって、NT4 端末を作っています。

 全然うまくいかない。
 ネットワークがだめだめで、DHCPサーバからIPをもらえず、ping は通らずもうめちゃくちゃ。

 NT4 ですから、果たしてシステムがハードを認識しているのかどうかもわからない始末です。

 どうしたらいいのか頭抱えてます。

 とか書いていたら解決しました((木玄火暴))
 ネットワークカードがスロットを壊したみたいです。
 最初、NIC をまちがえて、GIGA bit Etha. を入れていたのです。これがいわくつきのシロモノで、取扱い説明書を読むと「まず CD からドライバをインストールし、しかるのちに NIC を装着すること。順番をまちがえるとハードウェアを破損することがある」みたいな。
 で、それをモロにやりまして、なんかつながらないということで NIC のメーカに電話して、型番確認してはじめて間違った NIC 挿してたことに気がついて。

 そこで気がつけばいいのに、交換した 100 BASE の NIC を、それまで GIGA を挿していたスロットに挿したのでその後の悲劇があったみたいです。
 一計を案じて NIC を隣のスロットに移動させ、いったんデバイスを削除して再インストールしたらすんなりネットワークに参加できました。

 さてこれから本社から依頼された試験を実施という運びです。どうなることやら。

2004/11/19へ

2004/11/16 (Tuesday)
続・ネットワーク障害の すごい 経過

 今度は自分の使用している端末が疑われてしまいました。

 スニッファで調べてみたところ、ネットワーク上だんトツでパケを送出しているというのです。
 アプリケーションを一つずつ終了させ、常駐物も順番にはずしてみましたが結果は変らず、だいたいからして電源切断・再投入後、ログイン待ちの画面ですでにパケを放り出しています。

 上司ついに匙を投げ、「再インストールしろ」

 現状復帰させるのに昨日の午後4時から今日の昼までかかりました。

 今のところ不審なパケの送出は認められず原因は不明です。
 おかしいなあ、常駐物も含めて全部もどどおりにしたんだが。

 もちろんのことながらウィルスチェックもスパイチェックも何度もくり返しかけましたし。

2004/11/17へ

2004/11/15 (Monday)
ネットワーク障害の すごい 結末

 といってもまだ経過報告なんですが。

 このところ、ログインできないユーザが続出したりして、社内ネットワークめちゃくちゃなんですが、調査の結果、ネットワーク上をパケがあふれかえっていて、ログイン要求がタイムアウトしているらしいと分かりました。

 それ、DOS攻撃じゃん。

 で、パケの送出元を調査していた訳です。
 このほど本社から非公式に報告がありまして。犯人がわかったと。PDCだったと。

 もう匙投げましたよ、あんまりですよ。
 これまでさんざんうっとこのBDCが悪いんだろうとか因縁つけといて、原因が分かってみれば自分とこの足元ですか。

 もう少し真剣に仕事せろよ>本社、とか思ったことでした。

2004/11/16へ

2004/11/12 (Friday)
ネットワーク端末の すごい 仕様

 操作員が使用しているミ田端末のそうとうぇあ調整を依頼されました。

 まあ基本のメールそうと・オフィススイートはインストール済みということなので、それぞれ操作員用に調整すればイイ、ということで。
 メーラは個人データを元の端末からネットワーク経由で複写して、初期設定して終了。
 オフィススイートでは、メニューバーを出してくれという。で、プログラムを起動したら「CDくれ」

 ああ、インストール時に選択してなかったのね、とCDを持ってきて、アドミニストレータでログインしなおし、トレイを開いてCDを入れます。
 なにもしない。
 ああ、Autostartを殺してあるのね、とマイコンピュータを開く。
 CDがありません。

 いや、ボタン押してトレイが出てきて、CD入れたらアクセスランプついたし。

 しかたない、ボタン押してトレイ出して、CDはずして再起動、BIOSにはいります。
 ストレージを開く。CDがありません。

 しかたない、電源切断して筐体を開きます。
 IDEケーブル、結線してないし。電源だけつないで…
 ママンからぶらさがるIDEケーブル、どう延ばしてもCDドライブに届きません。
 交換用部品を調達、結線して筐体を閉じ、電源投入、初期設定でCDを認識、再起動、ミ田起動、ドライバインストールして再起動、ミ田起動、で、やっとCDが使用可能に。

 あらためてCDのボタン押してトレイ出して、CD入れてautostart、機能の追加からメニューバーをマイコンピュータから実行にしてインストール、最後にM$からOffice Updateを実行して終了しました。

 疲れました。

 原因はだいたい分かっています。
 この端末は20台くらい1ロットでこうにうしたもので、システムは1台を作業用として確保し、端末を配布する前にまず作業用の端末でハード・ディスクを作成してから、このハード・ディスクを配布用端末に装着して配布しています。
 おそらくその作業の際に結線を忘れたものと思われます。
 やっぱり疲れました。


2004/11/15へ

2004/11/11 (Thursday)
この日記の すごい 方針転換

しようかどうしようか考え中です。

 せっかく診てもらいやすいレイアウトに変更したんだからもっと更新頻度上げてみたいというわけです。

 すると、話題を限ってしまうのはいかがなものかということになりました。特に最近開発の作業が激減していますし、ネタにも事欠くありさまです。

 まあ、過去振り返っても毎日更新していたことはないわけで。

 で、内容を拡散させて「なんでもあり」の『分裂症的日常日記』にしようかな、どうしようかなと。

 しかし、それで内容が『今日の食事の献立』ではどうしようもないし、何らかの縛りは必要だし。これを明示せずに内規でやるのはもっと大変。

 まあ世の中のテキストサイトのみなさまと同じような悩みという訳です。

 今日は結論を出せないので(まあこの性格ではアタリマエっちゃ言えるが)、それまでは看板を変更することは、なしにしてこのままの体制でと思いますが。

 いろんなテキストサイトを巡回していることはしているので、参考にしてなんか考えてみます。ということで今日はこれまで。

 なーんて書いちゃうともう何もしないんだな、自分の場合(ボソッ)

2004/11/12へ

2004/11/10 (Wednesday)
職場の すごい 差分バックアップ

 これまで毎日フルバックアップしていたのです。

 夏にテープ装置がこわれて、間に合わせにこうにうしたテープ装置の書き込み速度が遅く、これまで6時間くらいで終了していたのが倍かかるようになりました。

 これはたまらんと来年の予算で新しいテープ装置を手当てしていますが、問題はそれまでのつなぎ。

 これまで朝交換できていたテープを夕方までまたなくてはなりません。

 それだけならどうということないのかもしれませんが、フェアとかあって午後外出するときなど結構大変。

 そこで、差分バックアップを試みることにしました。

 差分バックアップと増分バックアップと二種類あり、それぞれ、アーカイブビットとフルバックアップの日時で判定するものがあります。

 差分っていうのは、最後に取ったフルバックアップとの差分を取るので、一週間毎日差分を取ると、一日ごとにバックアップ対象が増えていきます。

 増分は、直前のバックアップとの差分をとるので毎日のバックアップ量はその日の更新量に依存します。

 増分だと、ファイルを復元するのに、目的のファイルを探索する対象のテープは最大5本になります。

 差分だと、毎日のバックアップ時間は増えていくかわりに、探索対象のテープは最大2本です。

 差分でやるコトにしました。

 月曜日、それまで、フルバックアップで12時間かかっていたのが、20分で終了していました。勝利です。

 そして火曜日。所要時間は倍の40分かかるのではないかと漠然と思っていました。
 でも、22分でした。

 教訓。

  • エンド・ユーザが日常使用しているファイルは、バックアップ対象の0.3%である。
  • 日常使用しているファイルのうち、90%は月曜日に更新される。

 なんか嘘臭い(サンプル3日かよ)ですが、参考にでもしてください。

2004/11/11へ

2004/11/09 (Tuesday)
本ページの すごい 仕様変更

というわけで、ブログ風にレイアウト変更してみました。

 ざっと眺めただけなのでリンク切れとかレイアウト破壊とか障害があるかと思われます。まあぼちぼち直しますが目に余る場合はご一報いただけますと大変ありがたいです。

 なんていうか、このレイアウトは確かに操作性がはるかにイイですねー、感心しました。

2004/11/10へ

2004/11/02 (Tuesday)
ばっくあっぷ鯖の すごい ウィルスキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 というわけで、10/26 出荷の最新版ウィルス、WARM_SDBOT.ACGに感染してしまっていました。
 実はこの鯖、バックアップ取る以外何もしないしインターネットにも出ないのでたかをくくって駆除そうとをインストールしていませんでした。

 あわててインストールしたところですが、社内、他にも感染していたノートがあったりして、オンライン・スキャンだけではこころもとないという話しになっています。

 明日は出勤して全端末調査かなとあきらめモードはいってます。

2004/11/09へ

最初に戻る
戻る