コンピュータ環境 (2003/12)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2003年11月の環境
2004年01月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2003/12/19 (Friday)
CV711R起動せず・ていでん

CV711R起動せず

 信じられないことには、帰宅していつものようにコンピュータに電源投入したところ、ディスプレイに何も表示せず、電源ボタンを押しても反応しないという…
 それにしても新しいディスプレイの納品を明日に控えてこれですか。

ていでん

 明けて出勤してみると、鯖室内の機器が約半分、運転していないわけで。

 なんなんだ、とあちこち見回しているうちに、上下に二台並んでいる電源供給装置 (UPS) のランプの様子が違うことに気付いて。
 あのう、同じシリーズなんだから同じ点灯状態になっていて欲しいんですが((汗))
 で、いくつかあるスイッチを押してみるけれど状態は変らず。
 下の機器に接続してあったプラグをひき抜いて、ふたつ空いている上の機器のコンセントに挿してみたところ、軽快なうなりとともにラックの最上段のサーバが起動。
 これかい、と残るプラグ全部、残った一個のコンセントからたこ足に分岐して電源投入。

 これで一応サーバは運転を始めたのですが後始末が結構大変でした。

 バックアップは取れてないからあきらめるしかないし。
 なにより一台の SQL Server の動いていたサーバでは夜間 batch が異状終了しているものだからこれをどうするかという問題もあり。
 そうこうしているうちに操作員から印刷ができない印刷機があるという報告。
 上司が対応するがわけわからず、結局 HUB の電源再投入で正常復帰という始末。

 生きていたサーバのログを読んでみると、午前3時55分頃に死んだサーバとの応答が途絶えていることが判明。
 上司の指示で TEPCO に電話しました。

**区の者ですが、今朝3時55分頃停電しませんでしたか
少々お待ちください…3時55分から5時23分まで停電していました
原因はなんです
高圧(あと忘れた)の障害です
事故ですか…今朝来てみたら、コンピュータは止まっているし通信機器は暴走しているしと、後始末に今までかかったんですよ
ご迷惑をおかけして申し分けありませんでした

 それにしても、停電で故障する UPS っていうのはあんまりだと思います。
 意味ないじゃん?


2003/12/16 (Tuesday)
T566

 というわけで新宿ヨドバシカメラで T566 を自宅用に一台、発注しました。
 今回はメーカ直送ということで、中二日かかるかわりに配送料はロハ\(^^)/
 金曜日の帰宅が楽しみになりました。

2003/12/19へ

2003/12/15 (Monday)
CV711Rよお前もか!・続々々ママン

CV711Rよお前もか!

 金曜日の日記は昼間に書きました。

 帰宅して、Natharie の電源投入して、内容をアップロードしていたら、ディスプレイの右端が「くちゃくちゃっ」と(;´Д`)

 しうまつずっとがまんして使っていましたが、これは職場の交換前のディスプレイと同じ症状だよ、発症個所が中央から右端に寄っただけじゃん…

 おろおろと TOTOKU の wwwページに行ってみました。FAQ とかあるかと思って。
 かわりに「質問フォーム」というのがあったので

CV711Rのユーザ。画面の右端が突然ちぢんでもとに
戻る表示状態になりました。
同調が悪くなったと知人に言われました。
修理できますか、いくらくらいかかりますか。
お返事宜しくお願いします。

みたいなメールを送信しておきました。

 今朝、返事が来ました。
 内容は、

0120-xxx-xxxxに電話してください。

をいをい((汗))

 まあ、着払いだからいいか、とかけなおしましたが、この態度なんかまちがってませんか?>TOTOKU様。

 で、修理代は部品代と工賃で JPY 28k ですよ、と。

 新品が買えます。
 電話切ってから泣きました。
 この、省資源・省エネ時代に、なんで買いかえを促すような料金設定をするんだ、と。
 そら企業だって喰ってかなきゃいけないことは重々承知ですが。なんか間違ってる。

 どうするかは心の準備をしてから考えなおします。

続々々ママン

 舌の根も乾かないうちに Natharie のママンは交換品を調達してしまいました((木玄火暴))

 昨日、魔の街に行ったので、ついでに寄ってみたら、まだ売っていたので、EP-8K9A9+。

 帰宅したあとは疲れて昼寝したり酒飲んだりしてまだ何もしていませんが、まず Morgan le Fay の音をちゃんとでるようにしたら、Natharie もママン換装という手筈になる予定です。なんていうか、似たような性能のマシンを二台準備するというのはいかにもアレですが、性格なんだろうなあ。

2003/12/16へ

2003/12/12 (Friday)
T566キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!・【膨張】電解コンデンサの大量死 4μF目【液漏】

T566キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 というわけでさっそくセットアップしました。

 …きれい

 画面 1600*1200 にして、文字のにじみもなくしっとりした色合いでもう文句のつけ用がありません。さすが EIZO たいしたものだ。

【膨張】電解コンデンサの大量死 4μF目【液漏】

 にちゃんねるではすぐに情報が流れてしまいますが、ともかくも Natharie のママンがばっちり対象になっていることを確認してしまいました。

 さっさと買い替えだなあのママンは。起動時・終了時のエラー取れないし。

 2chのコンデンサ液漏れ関連スレッドログ保管庫というありがたいページがさっそく開いてるし。

 Morgen le Fay ですが、昨日は帰宅して酒飲んで寝てしまったので進展はありません。

2003/12/15へ

2003/12/11 (Thursday)
ディスプレイ・ALPS・続々ママン

ディスプレイ

 新宿ヨドバシカメラで配達してもらうよう手配しました。

 通常納期は中一日で、金曜日に配達だそうです。うう、楽しみ。

ALPS

 ついでに年賀状もあるし、とプリンタのリボンを捜しました。
 ない。

 焦って何度も何度も棚をまわりました。全部まわったつもりでした。店員に聞きました。派遣の人だったらしく、いっしょに捜してくれましたが見つかりませんでした。派遣の人はヨドバシの人に聞きました。やっとわかりました。
 一つだけ、みていない棚がありました。その一角に結構な量で置いてありました。

 かなり安心しました。マイナーなプリンタとはいえ、まだまだ現役いけそうです。

続々ママン

 どこかの www ページで、チップセットが同じなら、ママン交換してもドライバの再読み込みだけでミ田の再インストールは不要、みたいな記事を読んだような気がして。

 ほんまかいな、といぶかりつつ、モノは試しとやってみました。
 チップセットは同じ VIA だし、BIOS は同じ Award だし。

 前に使っていた TA-3 より、奥行きが気持ち小さいママンですが、例によってレイアウトが違う関係で、IDE2 が DVD-R にぶつかってさせませんでした。しかたない、一番下のベイに入れてあった DVD-R を中段に移動し、中段の HDD を下段に移動しました。

 ママン換装後電源投入。

 今回もひとすじなわではいきません。
 電源投入しても音出さないし。正常起動する時に「ピッ」という音出すでしょう、あれがない。
 ママンのステイタスコードは「FF」。始まってないじゃん。
 しかたない、ケーブルはずしてみますよ。IDE から。
 これで、ステイタス「C2」までいきました。IDE ケーブルけちってるので、むきがわからず、ママンの側でさかさに入れてたみたいです。
 さてステイタスコード「C2」というと、メモリか?はずれてるし((汗))
 で、無事起動に成功、と。

 結果、いいみたいですシンジラレン。

 途中で寝る時刻になったので放り散らかしてあります。
 グラフィクスボードはドライバ再設定でいけました。
 オンボードの LAN は、ママン添付の 4 into 1 CD にドライバがありましたが、なんかインストールできたといいつつインターネットに接続できません。ま、再起動だな、と電源切断してそのまま。
 オンボードの音源は使わないつもりなので無視。
 SCSI ボードはまださしてません。
 タブレットは未検証。
 USB は、取説読んだら「ミ田 Update してね♥」((汗))

 こんな状態で、今夜作業続行です。

2003/12/12へ

2003/12/10 (Wednesday)
続・ママン

 とりあえず箱から出して一番簡単なマニュアルを参照。いじらないといけないジャンパーとかはないみたいなので、とにかく CPU とメモリを装着してみました。

 純正の CPU ファンの取り付けがあまりに固くてほとんどねを上げそうになりましたがラジオペンチまで持ち出して何とかしました。

2003/12/11へ

2003/12/09 (Tuesday)
ママン

 例によってAKIBA PC Hotline!を巡回していたところ、EPOXの EP-8K9A9+ を、5.5 K でという情報が。

 手元にはなんだかいつのまにか Athlon 2400+ があるし、これどうしようかとずっと処理に困っていたので、渡りに舟と魔の街へ。
 無事ゲットしてまたしても木枯らしが寒い今日この頃です。

 順当に行けば Morgen le Fay の装備を換装することになりますが、果たしていつの作業になることやら。まとまった時間が取れるのは次の日曜日ですが、例の映画のへんしうがまだ三分の一しか終わっていないし。
 あきらめて次のしうまつにするかと腹をくくってはいますが…意外と早かったりもするんだよな、サブ機だし。

 ついでに、この間脳死したと思った、Natharie から取り外した 30 GB HDD をインストールに使ってみようかとか思っています。うまく動けば、無駄になりません。

 とかいって、考えてみたら、あるじゃない、中古で買った、GIGABYTEが…(涙)
 もう、バカかと、アホかと。

2003/12/10へ

2003/12/08 (Monday)
Natharie のてんかん

 ここ一月ばかり、Natharie の運転状態が安定せずに困っていました。

 過去形で書いているようなわけで、解決するまで書かないという、最近そんなずるい記述が目立ちますが((汗))

 電源投入後、30分とか15分とかで、「ピューゥ」という音を立ててそのままフリーズしてしまいます。
 そうなると、直後に電源再投入しても IDE デバイスを認識せず、起動できません。
 まあ、前回はハード・ディスクを交換して正常復帰したようにみえたのですが、どうも原因はほかにあるみたいです。

 30分くらい放置すると正常に起動するようになるので、熱暴走のように思えますが、じゃあなぜこの寒い季節になって、という疑問があります。

 その疑問にとらわれて、疑心暗鬼になるばかりで解決できないでいたのでした。

 日曜日の午前中に、いつもの状態に見舞われた時はなんとなく状況がちがっていて。

 とにかく開けてみようじゃないか、と。

 開けてびっくり玉手箱じゃありませんが、SCSIの幅広ケーブルとATXの電源ケーブル、各種ペリフェラルへの電源供給ケーブルが共闘してCPUファンをかんぺきに封印しています。
 動いているのが奇跡のようだ、とねじりっこでケーブルをフレームにくくりつけ、ファンの領空権を確保しました。これでだいじょうぶ。

 日曜日の午後はずっと外出していましたが、帰宅してから1時間ばかり使用して大変快適。もう問題ないと思われます。


2003/12/09へ

2003/12/05 (Friday) ディスプレイがしゃっくり

 職場で使っている17インチのディスプレイですが。

 画面を見ていると、ときどき、くちゃくちゃ、っと画面が心持ちせまくなりすぐにもとにもどります。

 なんだろう、と上司に聞きますと、同期が取れていない、と技術的な説明を始めるので、こちらは文系無駄な時間を費やすことはないと「つまり寿命ですか」「そうだ」

 というわけで買い替えの許可がでました。
 目がはじかれるので液晶はよしにして、ナナオのT566にすることにしました。本当は19インチ欲しかったのですが、25キロという重量はともかく、机の奥行きがなくて、キーボードも置けなくなるのであきらめました。

 新しいディスプレイはらいしう調達の予定です。1200*1600の環境になるのでちょっとうれしいです。ううむ、下北沢はもう1200*1600だし、Morgan le Fay もできる。ここはひとつ、Natharie もディスプレイボード交換して、全部1200*1600にしようかな。

2003/12/08へ

最初に戻る
戻る