コンピュータ環境 (2003/11)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2003年10月の環境
2003年12月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2003/11/20 (Thursday)
Linux サーバ騒動記

 ま、これからアプリの開発となるわけですが(あと、外側との接続も残ってるし)、その前に、ともかくカスタマイズした内容を記録しておくことにしました。

 見出しのハイパーリンクを1行増やしたのでご笑覧ください。
 どっちかっていうと身の毛がよだつとか鳥肌が立つとかそういうたぐいのものかも知れませんけど。


2003/11/19 (Wednesday)
Linux サーバどうやら稼働

 えらい苦労しましたが、www、ftp、telnet、sendmailをファイアウォールで保護した上で、ローカルで稼働させることができました。

 多分、それ以外のポートは iptables でふさがっていると思います。

 最後までファイアウォールと iptables に泣かされました。
 サービスは動いていて、ポートは LISTEN 状態なのに、ネットワーク端末からアクセスすると何の反応もなく時間切れになるのです。
 ftpでも、telnetでも同じ。

 まあ結局、RedHat をインストールした時にセキュリティを「中」にしたので、ローカルポートの0番から1023番までのパケットを REJECT していたわけです。この iptables を使用したルールの変更方法がわからなくて。

 しかたなく、とりあえず全部のポートを ACCEPT した上で、0番から19番をREJECT、24番をREJECT、26番から79番をREJECT、81番から1023番をREJECTという走召みっともないルールにしました。
 いいんです。動けば。

2003/11/20へ

2003/11/13 (Thursday)
モラルの問題

 書いちゃいけないことなんだろうけどどうしてもがまんできないので。

 せんしう、上司に呼ばれたわけです。
なんですか
このメール、変なんだよ。返信なんだが出した覚えがないし、これ、by **** とあるでしょう

 ヘッダに、From : 上司 by **** となっています(メーラが普通のインターネットメールじゃないのであわわ、あわわ^;)

**** が発信した、つうことですか
どうやって私のメールボックスから発信したんだ?
**** はアドミニストレータなんだから誰のメールボックスでも開けるし

    (アドミニストレータは上司、****、同僚、自分の4人です)

 ログを調べますが、何時何分に誰にメールが行った、くらいしかわからないので、ともかく報告。

たしかに発信されていることくらいしか分かりませんが
そうか
で、どうします?

 ここで、驚愕の事実が

いや、何もするな、と
は?
前にもやってるんだ、その時社長に相談したら、「刺激するようなことはするな」と

 チャンチャン♪

 正直この会社で仕事するのが恥ずかしいです。

2003/11/19へ

2003/11/06 (Thursday)
Red Hat 9

 Iris に無事インストールできました。

 職場と同様にテキストモードのみ、サーバ環境をインストール。ほとんど同じ環境のはずです。
 これで、職場で覚えたことをこっちにフィードバックできます。うれしい。


2003/11/13へ

2003/11/04 (Tuesday)
しうまつの騒ぎ・Natharie の BIOS・Iris のインストール

しうまつの騒ぎ

 まあ、例のバイト先でミ田の入れなおしをやりまして。

 原因不明で急に遅くなったと思ったら、ノートン・システムワークスのライブアップデートの負荷が100%に張りつき。
 アドミニストレータでログインしても、セーフモードでログインしても状況が変らず、しかたなしにさっくり再インストールしました。

 MS-BlasterかNachiにやられたのかもしれない。ISDN直付けでミ田アップデートしてないから。

 この作業に午後一杯かかり、積み残しは全部らいしうに。〆切がないっていうのはそれなりにプレッシャーきついものです。私は忘れることにしてますが。

 それとこのマシン、Athlon XP2400+ 積んでるはずなのに、起動画面ではこれを 1800 と報告してくるのですがこれは一体(り

Natharie の BIOS アップデート

 帰宅して、前から起動・終了時に調子のおかしい Natharie ですが、またしても IDE デバイスを認識しなくなるというエラー。
 しばらく放置してから電源投入すると正常復帰するので、熱暴走らしいのですが。
 なにげなく、向かって右側にならべてある Morgn le Fay とすき間をものの5センチもあけてみたら、二度と飛ばなくなりました。
 向かって右側はマザーボードのついている側。裏側から Dulon の熱でガンガンあっためられれば、サポタージュしたくなるのもむべなるかな。

 さてこの Natharie、起動時には help を表示しようとして失敗し、ワトソン博士がなんかしているらしいわ、ミ田終了時には青画面出すわと結構活躍してくれてるわけですが、それもこれも 8KHA+ といういささかくたびれモードのマザーボードを、ヨドバシ超特価に目がくらんで悪魔に魂売った咎ということであきらめがはいっているわけで。
 とりあえず (って、組んでからどれくらいすぎてるんだ(^-^)\バキッ☆) BIOS アップデートかましてみました。結果、変らず(涙)。

 うつうつとした気分でフリーセルやったらひさしぶりに12連勝してちょっと気分よくなりました。

Iris の Red Hat Linux インストール続報

 Iris のほうは、筐体を開けてみたところメモリ 128 MB は、64 + 32 + 32 というアレな構成だったので、さっくり 64 * 1 に変更。11番のエラーは出なくなりました。でも、その後、ハードディスクの表面検査したあとで凍りつくという予期しない事態に襲われています。前途多難だなあ、職場のマシンはさくさくインストールできたのに。

2003/11/06へ

最初に戻る
戻る