コンピュータ環境 (2003/02)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2003年01月の環境
2003年03月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2003/02/28 (Friday)
ヲチ

 今月7日の記事の続報ですが。

 夕方4時のサンドイッチが巨大化しているのを見るともなく発見してしまいました。
 毎日残業しているようだし、帰宅してから食べてない、というのであれば理解できるのですが。
 ストレスあるんなら、食欲以外で発散させるのが吉かと思われ(とにちゃんねる用語で生暖かく見守ったりして)。


2003/02/25 (Tuesday)
INNER JOIN

 三日ばかり、SQL の自動生成で苦労していました。

 リレーションを持っているいくつかのテーブルからなる画面で、いろんなテーブルのフィールドを指定してレコードをしぼり込む機能です。
 たとえば、会社名 (company.c_str_namae) が「あ」で始まっているレコードとか、あるいは、催し物 (festival.f_dat_month) が3月にあるレコードとか。テーブル festival には、company のインデックスが含まれているので、INNER JOIN で結合して SQL を生成するわけです。

 ACCESS の VBA で作っていましたので、画面をデザインしている時は鼻歌なんか唄いながらやっていたのです。
 同じような検索機能はもう何回か経験がありましたし。
 でも、考えてみると、それまでに作ったのは全部テーブル1個の世界だったんですね、リレーションで結合した複数のテーブルの結合先テーブル内のフィールドの値でしぼり込むというのは初めてだったという。
 結局金曜日は画面デザインした時点で完全に作業が止まってしまって。
 しうまつは他の仕事したり遊んだり寝たりしながらどうやったものかとずっと考えていました。

 結局、検索したいフィールドの属性を記述するテーブルを作りまして。
 フィールドのあるテーブル名、そのテーブルが結合している先のテーブル名、フィールド名を持って、結合先がなくなるまで追っかけることでリレーション式を作れるようにしました。
 また、フィールドの属性が数字かテキストか日付かで、値を裸で記述したり、ダブルクォーテーションや井桁で囲む必要があるのでこれも記録して。

 そうやってできたテーブルの情報から、SQL を生成しようとがんばってこれに1日半かかりました。まあ残業してないですからせいぜい10時間ですけど。
 で、できた順序は以下のようなもの:

  • 検索対象は And か Or で2行までつなげられるので、両方のフィールドのリレーションを検索して、レベルが深いほうをみつけます。
  • レベルの深いほうの行の検索対象フィールドをキーにして、フィールド属性テーブルを検索し、リレーションのレコードをさかのぼりながら INNER JOIN 句を作っていきます。
  • このとき、文字列 SQL が空白でなければ (= 2個目以降の INNER JOIN 句であれは)、文字列の先頭を閉じ括弧「)」でくくり、閉じ括弧の数をカウントしておきます。
  • 一番深いレベルから作るので、INNER JOIN 句は、左に追加していく感じになります。
  • 同時に、リレーションをつけたテーブルとフィールドを記録していきます。
  • レベルが上がるごとに、リレーションの記録を検査して、新しいリレーションであれば INNER JOIN 句を生成する作業をくり返します。
  • 一番上のレベルまできたら、できた文字列 SQL を SQL_A に保管して、レベルの浅いほうのリレーションで同じ作業をくり返します。
  • できた文字列 SQL を、保管しておいた文字列 SQL_A の右側に連結します。
  • 最後に閉じ括弧の数だけ開き括弧を文字列 SQL_A の先頭につけ加えます。

ざっとこんなかんじで作りましたが、まだまだ穴があって、たとえば同一テーブルの別リレーションに対応していません。
 そういう場合は後からでてくるテーブルを alias で参照しないといけませんが、今回はそういうリレーションがないので、まったく考慮していません。

 結局、ACCESS の統合環境でクエリーを作成する時に、中で何をやっているのかわかっちゃった、みたいなことになりました。
 じゃあこれで INNER JOIN は自家薬籠中のものにしたかというと、これが全然。
 クエリービルダで作っておいた SQL と見比べて、どこがどう狂っているかの調整に翻弄され、文法を覚えるどころではありませんでした。

2003/02/28へ

2003/02/21 (Friday)
imasy の運命は?

 運営陣から連絡があり、存続の方向で引き続き検討中とのことです。

 まあ、こちらとしてはそれとは関係なしに c-3 net を切って cool online に乗り換える作業を粛々と実行の予定。

2003/02/25へ

2003/02/17 (Monday)
DVR-A05-J

 金曜日にこうにうしてまいりました。

 土曜日に、Morgan le Fay の TEAC 8倍速 CD と交換しました。この CD は、Frederika をこうにうしたときに付いてきたもので、おそらくディスケットドライブ・Kalen の AHA2940 ともども現役最古参のペリフェラルでした。
 土曜日は CD をのせて動作確認だけで終了、日曜日にユーティリティそうとをインストールしました。

 説明書を読むと、要求諸元はだいたいクリアしているものの、C: ドライブに空き 1 GB 以上というのがひっかかります。
 Morgan le Fay の C: ドライブは、3.2 GB。いや〜んな予感とエクスプローラをクリックすると空きは 300 MB を切っています。
 こりゃ、そうでなくてもヤバイよ、と、まず仮想ディスクを移動。これでぎりぎり 1 GB 確保できましたが、どうせまたじりじり減っていくのは目に見えています。
 Program Files から VB6、Office など大物を削除しまくり、あらためて D: に再インストールして約 2 GB 確保しました。こんなもんでしょう。

 で、おもむろに、添付されていた、「Drag'nDropCD Plus DVD Edition」という焼きのそうとをインストールしました。
 試してみたいが、対象がない。
 しかたがない、せめて CD-R を試そうと、B's Recorder をインストールしてみますが、ドライブを認識しません。
 バージョンは古い (1.3x) ので、最新版にしてみようか、とBHAに行ってみます。
 ここで、最新版 (3.86) を落としてきて試してみましたが、やはりだめで、インストール後 B's Recorder を起動すると「新しいデバイスを探知しました。再起動してください」というメッセージをくり返し表示して、再起動しても先に進みません。
 B's Recorder はあきらめてアンインストール、添付の「インスタントCD+DVD LE」をインストールしてみました。ここで、B's Recorder の使い勝手の良さを再認識。
 いや、悪いそうとじゃないと思いますよ、インスタントCD+DVD LE。しかし、B's はよすぎ。これで当たり前と思っていた者には他のはもう使えないかも。
 B's は、エクスプローラからドラッグ & ドロップすると、ドロップした瞬間に書き込みメディアの残り容量がわかるし、あふれた時は、ドロップしたウィンドウから対象ファイルをいくつか削除していくだけで容量調節ができる。
 一方、インスタントCD+DVE LE は、サブ・ディレクトリ単位で保存しようとしたら、対象サブ・ディレクトリの全ファイルが対象になって、その中のファイルを取捨選択できない(みたい)。さらに、メディアにおさまるかどうかは書き込みシミュレーションしてみないとわからない。
 かくして、サブ・ディレクトリ単位で書き込む場合は、まず目分量でディレクトリ内のファイルを減らしておいて(1枚におさまらないくらい大量にはいっているので)、シミュレーションして、容量があふれたらまたファイルを減らすという作業をくりかえさないといけませんでした。もう少しましな使い方があるのならぜひ知りたいです。
 この、インスタントCD+DVE LE には、アンインストールできないというバグがあるとの情報をみつけました。困ったもんです。
 さっそくパッチ当てて、早々にアンインストールしてしまおうと思っています。

 Natharie の音源はママンのオン・ボード、Morgan le Fay は Creative の Blaster Live 5.1。両方とも DENON の AUX IN に入れて、24 cm ウーハーから CD を聞けます。
 聞き比べてみると、よくわかりませんが、なんとなく Morgan le Fay の方が音が柔らかくて深みがあるような「気が」します。本当に気のせいかもしれません。
 何日か前に、Blaster Live 5.1 はボリュームレベルが低いとかほざきましたが、ATI 謹製の音楽CD再生プログラムにボリュームを見つけて解決です。このポリュームレベルは電気を切っても記録されているというすぐれもので重宝します。
 日曜日はそんなわけでとっかえひっかえ一日中音楽CDを聞いていました。聞き疲れ。

2003/02/21へ

2003/02/14 (Friday)
続・臨時収入

 いやあ、現金に交換してみたら、円安差益が効いて17Kになってもどってきました。わはは。
 これで手数料1K引かれてるんですから大したものです。
 さあ仕事はねたら新宿急行してDVD−R買うぞぉ!
 とやけに元気がいいですが、実は某巨大掲示板でネット仲間からチョコレート(の画像)をいただいたので興奮しているのでした。

2003/02/17へ

2003/02/13 (Thursday)
臨時収入

というわけでもないんですが、夏に貸した金が15Kばっかりもどってきまして。
 半分あきらめて、実は忘れていたという。
 本当なら火の車が飛び込んできている台所の消火器こうにうに使うべきなんですが、せっかくヨドバシカメラのポイントもたまったことだしここらで DVD -R でも一発キメるかね、とかイケない妄想にわくわくしているところです。

 先日こうにうしたママンは、とにかく動作確認だけしたいので、FSB 落として、Morgan le Fay の Duron とメモり入れてみようと思っています。
 メモリ先安なので、しばらく様子見したい、というわけで。そうなると CPU も手を出せないし。
 今のところは、ですが。
 5分先のことはわかりませんがな。

2003/02/14へ

2003/02/12 (Wednesday)
格安ママン・Kalen 正常復帰かな?

格安ママン

 AKIBA PC Hotline!の「その他お買い物情報」で、型落ちママンの格安情報があり、調べてみたところ、元値28KのFSB266というシロモノが、2.99Kというので釣られてでかけてみました九十九DOS/V 館。
 いやあ、安いわけだ中古の箱なし・マニュアルなし・ドライバなしかよ。
 でも、Athlon の2600+まで使えるというし、まあいいか、と。こうにうしました。GA-7VTX
 こうにう時の列でわたしの前にいた年配の方は、同じママンを中古の Duron といっしょにこうにうしていました。そういう手もあるなあ、と少し悩みましたが、その時はもともとママンが目当てだったのでやめたのでした。

 まだ、マニュアルもVIA の 4in1 も落としてないし、CPU もメモリもないけど、しうまつに中古の CPU と、最近値段の下落激しいメモリを1枚確保して、Iris の筐体で組んでみようかな、と思っています。
 最終的には Morgan le Fay の性能強化に使用して、Morgan le Fay の設備を Kalen に換装しようかと思っています。一番遅いマシンなので気の毒で。

Kalen 正常復帰かな?

 その Kalen です。
 ついに業をにやして Iris を分解し、部品を一つずつ交換して原因を調査することにしました。

 偶然ですが、この2台はママンが同じなので作業がすごく楽。加えて Iris は予備役という二重の幸運に恵まれています。
 まず、電源を交換してみました。症状は変わりません。
 次にメモり。はやくも異変が(なんか、テレビの衝撃スクープ特番みたいなノリになってきたりして)。64MBと32MBのメモリと Iris の128MBメモリ1枚を交換したところ、電源投入後画面表示をしなくなってしまいました。
 うろたえて電源切断し、ビデオボードの接触など確認しますがしっかりはいっています。
 なんど電源再投入しても画面表示しません。ただ、いかにも何かやってます、という風にハード・ディスクのアクセス音がするだけです。

 しかたない、とママンを交換することにしました。
 ここで気になったのがスイッチなどの配線。
 組んだ時にマニュアルを参照していたのはもちろんですが、交換して配線してみるとなんとなく元と違うような気がしてなりません。
 こんなことならはずす時にちゃんと正しいソケットに入れていたかどうか確認しながらやればよかったと思いましたが例によって後に立たないのが(以下略

 SCSI、LAN、音源ボードも装着して電源投入すると「ピーピーピーピー」と何かのエラー音だけ発生してうんともスンともいいません。
 またしてもうろたえてビデオボードだけにして再投入すると、先程までは無音で起動していたのに、今度は「ピッ」と正常な音で起動しました。
 そして、以前とは違って、待ちなしでOSの起動にかかるのを確認して電源切断、SCSI、LAN、音源ボードを1枚ずつさしながら確認をくり返しました。
 結果、無事正常に起動することを確認、ネットワーク正常、サウンドも良好、電源切断でパワーランプ消灯・動作音なしと、どうやらまともな状態に復帰したようです。

 原因は結局まだ特定できていませんが、ママンだったみたいな気がします。
 交換した部品は Iris の筐体におさめて元どおりに組み立てましたので、通電してみればすぐにわかりますが、まだやってません。
 Kalen はせっかくうまく動いたのでもうしばらくはいじりたくないし、作業場はとても狭くてそういうたぐいのテストをするにはかなり気合を入れないといけないのです。
 ま、そのうちやります。

2003/02/13へ

2003/02/09 (Sunday)
Kalen, Leah, Morgan le Fay のチューニング

Kalen

 どうも起動に時間がかかりすぎということで調査していたのですがまるでらちがあきません。
 サウンドボードを交換して正常に音が出るようにしましたがだめでした。
 今日は、内蔵 SCSI ボードと、カードリーダーをはずしてだめ、ATI グラフィクスボードを S3 と交換してだめ。

 これは単なる相性ではなさそうということに決めました。
 起動後のものすごいハードディスクの I/O 音が気になります。
 そこで、電源投入後の画面の動きをじっくり観察してみました。
 メモリカウントは一瞬で終わり、IDE 接続機器の情報を表示してそれから画面がブラックアウトします。
 そのまましばらく放置すると起動画面を表示するという順序でした。

 疑うべきは何かな。
 BIOS の表示は正常にみえました。その後で何か待っている。
 BIOS の後に動くのはローダーで、ローダーはハードディスク。そのハードディスクは起動後何分間かものすごい勢いで I/O をくり返す。

 ハードディスクを換装してみることにしました。

 ちょうど、Grace から放出された15GBが一台あります。これを流用。
 2時間位かかってインストールしてみました。
 今のところ、起動時間の異様な長さはでていませんが、一定時間電源切断した後が危ないので、現在様子見という状況です。

 夜になって再起動してみましたが、やはりだめです。
 待機中の Iris が、同じマザー・CPU なので、火曜日に交換して検証してみようという気になっています。

Leah

 ペンタブレットです。

 安くなったものです。5Kのものが USB 接続で出回っていました。これを接続。
 って、接続しようとして後ろを見たら、USB 接続口がふさがれたまま。
 あわててすきまにマイナスドライバーをねじ込んでこじ開けようとしますがうまくいきません。結局筐体をあけて内側から突つき出しましたが、それでも開けたのは2段の上段だけです。
 今回接続する機器は1個なのでとりあえずそのままにしました。

 ううむ、Leah 組んだころには、自分的に USB など想像できなかったのでしょう。ひどいものだ。

 かくして、Art School Dubber というマイナーなお絵かきそうと-これは、自分が使用中の WACOM ペンタブレットに同梱されてきたものと思いますが-をペンタブレットで描けるようになって、操作員大喜びです。
 夜になって感想を一言「いやあむづかしいわ」
 蛙の子は蛙ということか、と嘆息。

Moran le Fay

 こちらは音が出ない、出ても All-In-Wonder が認識に失敗し、テレビを見られないという状況でした。

 Morgan le Fay に入れてあったサウンドボードはそういうわけで Kalen に換装したのでした。そこで、何か新規に調達しなくてはいけないというわけで新宿ヨドバシカメラ。
 電車の時刻に脅えながら、値段だけ見て Creative の Blaster Live 5.1 (9K) に決定です。

 光ケーブルなんて使わないし、スピーカも2チャンネルなんですがまあいいか、と。

 作業自体は何の問題もなく、無事音がでるようになり、All-In-Wonder のドライブ再インストールでテレビも見られるようになりました。

 ちょっとボリュームのレペルが低くて、絞り忘れて電源切断したり、ステレオの音源をきりかえる時に注意が必要ですが、許容限度と判定しました。
 なにより、Morgan le Fay で CD の再生ができるようになりましたので、これで調子の悪い悪い CD プレーヤーを修理に出せます。

2003/02/12へ

2003/02/07 (Friday)
Grace 続報・Cool Online・CD-R・ヲチ

Grace 続報

 特に書くことはないんですが。ゲーム廃人な家族はディスケットは使わないというので結局そのままディスケットドライブなしのシステムに組み上げて稼働中です。

 聞くところによれば、最近の廉価機は、HP とか DELL あたりでディスケット梨のも出るが出回り始めているというし、いざとなれば外付け USB ディスケットドライブもあることだし、まあいいかと。

Cool Online

 どうも imasy の解散が既定路線になってきたみたいで。

 事後策をいろいろと考えているのですが。
 とりあえず、ここにしてみました。まず、無料会員になりまして。20MBの領域を確保しています。バナーつきですが。
 ここに、c3-net の10MBを全部移動します。で、c3-net を切ると、毎月500円の料金がうきます。
 imasy の解散が正式に決定したら、この500円で cool の有料会員になる予定。有料会員になるとバナーがなくなって、領域が300MBになります。
 あらたに確保した領域に imasy のコンテンツを移動するという作戦です。

 メール・アドレスもなくなってしまうので、最近は全部 nifty に統一するようにしています。

 まあ、これだけ準備を整えて、imasy 存続ということになれば、cool の有料会員にならないだけのことで、結局 c3-net の500円を得したかんじょうかも。バナーは残りますが。ううむ、バナー消すだけのためにその500円を使ってもいいかも。
 浮いた500円の使途についてはもう少し考えてみるつもりです。もしも imasy が存続したら、の話しですが。

CD-R

 Iris → Natharie と使いまわしている8倍速の CD-R ですが。

 バーンプルーフもない古い代物で、Iris のころは8倍速といいつつ8倍で焼きに成功することはめったになく、ネットワークから途絶させ、4倍速に減速してやっと成功するというありさまで。
 SCSI 接続なので、AHA2940 から AHA2940AU に換装してみたりもしたのですがまるでらちがあきませんでした。

 そう、過去形なのですよ。

 Natharie になってからというもの、何の問題もなしに、ネットワークに接続したままで(別のジョブは動いてませんが)、ばりばり8倍で焼きに成功します。
 この期に及んではたと気づいたのが(遅いって)、エラーメッセージ「転送速度が足りません」。
 そうか、何もかも、Iris の 450 MHz が原因だったのかよ、と。
 こんなことなら、最初から Morgan le Fay に積んでおけばよかった、と後に立たないのが後悔と申します。

ヲチ

 以前何度か登場してもらった職場の隣人。

 丸一日隣同士で仕事していて、口をきくのが週一回程度だったりしますが。
 前々から気にはなっていたんです。食欲。
 特に午後。
 まあ、昼食を人並みに食べるのはいいよ(わたしは食べないけど)。
 三時のお茶にお茶受けも許容範囲だ。
 しかしよ、四時半にコンビニで売ってるサンドウィッチ1個それもカツサンドぺろはどうかと思うぞ。

 ストレスたまってんだろうけど、もう少し別の方法試したほうがいいんでないかい。

2003/02/09へ

最初に戻る
戻る