コンピュータ環境 (2003/01)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2002年12月の環境
2003年02月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2003/01/30 (Thursday)
続・ママンのトラブル・更新記録

続・ママンのトラブル

 結局販売店では異状が出ないと言い張ります。まったくもう。

 筐体もママンもCPUも同じ店から(筐体は2年前ですが)買ったというのに。
 これはもう相性としかいいようがありません。この世界、何事も自己責任ということで。

 持って帰り、一応組み直してみましたら、ディスケットドライブをまた飛ばしたそうです。これで3台目。
 もう涙も出ません。

 ゲーム廃人は今回の散財で有り金全部使い果たしたらしく、しばらくこのまま使うつもりと言っています。
 しかし、ハードを壊すような構成のマシンがこの世に存在するなんてこと許せないので、ママンは叩き売ってその金にいくらかつんで別の型番のものを調達しようと思います。ううむ、また懐が痛む。

更新記録

 今度はページの更新記録ページ作成を自動化しました。

 データは別途準備する必要があります。
 対象のディレクトリを走査して、更新されたファイルを自動的に抽出したらよかったかも、とか今思いつきましたがもう作ってしまったのでしかたがないし。

 まず、ページのあるサブディレクトリと html ファイル・ラベルを全部抽出しました。これが結構大変。
 結局142行あったし。
 次に、各ファイルとディレクトリの親子関係を定義。具体的には、各レコードにもしも親のディレクトリがあれば、親レコードのキーを登録します。ルートのレコードは親レコード番号が0です。
 各レコードから、フルパスを得るための関数は自己再帰で作成。
 仕込みが終わったら、今度は更新記録のテーブルを定義して、今年の分だけ登録しました。
 あとは、例によってガラのファイルを作ってキーワード仕込んで、update.htm を出力する、と。まあ、簡単なものです。

 最近、この手法がマンネリになってきたので、そろそろ本当に CGI でページ生成するやり方を勉強しないといけないと真剣に思っています。
 思ってるだけなんですが。


2003/01/24 (Friday)
ママンのトラブル

 ゲーム廃人な家族が有り金はたいてこうにうしたママンですが、どうも初期不良のようです。

 ディスケットドライブを「リムーバブルドライブ」として認識し、アクセスしようとするとその瞬間にOSがフリーズ。
 まきぞえにドライブを故障させます。2台やられました。

 最初はバスのさし間違いだろうとかたかをくくっていたのですが、さすがにドライブ2台昇天させられると穏やかではありません。
 というわけでゲーム廃人の名代となり、ママンぶらさげて出社です。
 退社後、魔の街にまわって販売店と交渉。さてどういう結末になりますか。

2003/01/30へ

2003/01/22 (Wednesday)
新生 Grace の印刷

 ゲーム廃人な家族が使用している Grace ですが、先日魔の街でママンと CPU、ハードディスク1台を調達して組みなおしていました。
 以前、Grace からだと印刷ができないみたいなことを書いたことがありましたが、あればどうもへたれた Windows98 のせいだったようです。
 Grace は確かにネットワークに参加していて、インターネットにも出られていましたが、ネットワークプリンタに印刷できないというトラブルを抱えており、さらに最近になってネットワークドライブの共有もできないことがわかりました。
 ネットワークプロトコルを調べてみると、必要もないダイアルアップの設定がしてあり、どうもこれはぁゃιぃサイトから得体の知れないプログラムをダウンロードして実行したためではないかと邪推したものです。本人は絶対やっていないと否定していましたが。

 そんなこんなでどうしようかとか言っているうちに根こそぎハードを取り替えてしまったので、窓も再インストールということになり、新しくなった Grace にプリンタドライバをインストールしてみたところ、すんなり印刷できてしまいました。なんでもやってみるものです。

 これでデータを渡されて印刷してやる手間がなくなった変わりに、プリンタと同じ部屋で寝ている私は夜中に突然印刷をはじめるプリンタに悩まされることになるのでしたチャンチャン

2003/01/24へ

2003/01/16 (Thursday)
コンピュータの管理というわけではないが

 このページ、(月次日記に移行する前の話しですが)下のほうに行くと所有しているコンピュータの一覧表があります。

 これ、手打ちの HTML テキストなので、直しがはいると結構めんどう。
 というわけで、例によってデータベース化しました。
 コンピュータ管理用のテーブルを作って。
 この日記のテーブルからページ作成するプログラムに関数たして。
 見た目ほとんど変わりませんが(つうか、変らないように作ったで)、これで管理がぐっと楽になりました。
 データ入力の規則が少しありますが、個人用なので許容範囲とします。
 ああ、そうだ。入力用のフォームに規則を書いておきましょうかね。忘れそうだから。

2003/01/22へ

2003/01/14 (Tuesday)
Natharie メモリ増量・MODEM 装着

 ゲーム廃人の家族が、Grace が遅いのでママンから買い替えて増速するというので、魔の街につきあいました。

 Athron2100+ というので、しめしめ、と「メモリは256MB、くれてやろう」と太っ腹なところを見せ、自分は512MBのメモリをこうにう、帰宅して Natharie の256MBと交換して、何食わぬ顔で渡してしまいました。
 家族、新品と信じて大喜びです。なんて鬼畜・外道な<自分。
 でも、ノーブラじゃないし。アイ・オー・データのだし。それに、使ったといっても1ヵ月ないし。許せよな。

 魔の街ではもうひとつ、MODEM を捜しました。インターネットの足回りは有線テレビですが、一応 imasy のアクセスが可能なので、いざという時の代替策という意味合いもさることながら、もっと切実なのは FAX 送信。
 電子メールではちょっと、という内容のものは、相手が FAX 持っているかぎりは FAX で送りたいという。なにしろ郵便より安いし早いから。
 印刷してから FAX に読ませるより、FAX MODEM で送信したほうがきれいなので、初代のマシン以来何代にも渡って使いつづけ、ずっと重宝していました。
 その MODEM は ISA バスだったのです。今回、Natharie のためにこうにうしたママンには ISA バスがありませんでした。こうして USRobotics の名 MODEM はあえなくお役御免になったというわけです。

 PCI バスの MODEM が必要、というわけで捜してみたのですが、もう MODEM の時代じゃないのですね。格安のノーブラバルクなんてありゃしない。
 結局、RATOC SYSTEM のよさそうなものに 3K もつっこんでしまいました。思わぬ出費です。
 たしか、Jennifer につけたバルクは 2K か 1.5K だったぞ。それでちゃんと動いたし。
 と、ここまで書いて気がつきましたが、Jennifer には ISA バスがあった。USRobotics を Jennifer にもっていってかわりに PCI MODEM 引き抜いてくれば出費せずに済んだし USRobotic も無駄にならずにすんだ。ううむ…

 ま、先に立たないのが後悔と申します。しかたない。

2003/01/16へ

2003/01/10 (Friday)
Win2000快適

 去年の11月に、しうまつだけ手伝っているマシンのOSをWindows2000に入れ換えた話しを書きました。
 で、イメージリーダの画像取り込みのストレス試験をまだやってなくて。
 このほどめでたく600枚くらいの読み込み案件が発生しました。まあ、予定の行動みたいなものなんですが。
 それで、昨夜ちょっとでかけて連続で30枚くらいの読み取りを2セッション、再起動なしで軽々と消化するのを確認しました。ううむ、めでたい。
 読み込み速度の低下もなく、読み込んだままの画像をPhotoshopに30枚ため込みましたがハングするでもなく、何の問題もありません。60枚処理して、全体の作業時間も2割くらい短くなることを確認しました。
 これまでだと、30枚処理する(画像を読み込んで、まず保存し、それから3枚に1枚は画面モードやバランスを調整、さらに別の1枚から切り取った画像をマクロで処理して保存しています。)のに約1時間かかっていたのです。その間に2回の再起動がありました。
 今回、60枚処理して1時間半くらいでした。

 もっと早くOSを変更するんだったと先にたたないのが(略

2003/01/14へ

2003/01/05 (Sunday)
青色申告

 明けましておめでとうございます。
 今年もへたれた日記を書きつづっていくつもりなので、ご笑覧ください。

 さて去年は気分が落ち込んでいたものですから、本来毎日入力しておかなければいけない青色申告のデータを丸一年分ため込んでしまいました。
 これは秋ごろからずっと気になっていて、年末にはいよいよ真剣に悩んで、ともかく正月の休み中に入力のとっかかりだけでもつけなければいけないと思っていたのでした。
 というわけで正月休みも最後の今日、Natharie からくだんのプログラムを起動してみたわけです。自作の。VB4で作ったやつを。
 そしたら、「DBGrid32 ないで」というご宣託が。がーん、と衝撃をうけながらともかくすすめてみたところ、さらに「CRYSTAL32.OCX ないで」
 そうか、Iris を VB6 に上げなかったのには理由があったんだ、と先に立たないのが後悔と申します。
 知ってるもんね、知ってるもん。VB は、いっぺん v6 をインストールしたら、後から v4 のインストールはできないことを。さらに両方のバージョンを混在させるにはなんか裏技がいるらしいとか。

 居間に降りて家族に「えらいことになった」と事情を説明したところ、すっと、Kalen を指差して、「これにその v4 をインストールしたら」と神の啓示を。
 「それだ」、と、VB4 の CD 握りしめてインストールです。この環境でセットアップモジュールを作成して、Natharie で実行すれば、少なくとも実行環境は作れるはず。
 一時的に、Natharie にあるプログラムとデータのフォルダを共有に出して、Kalen に複写し、まずインタープリタで起動してみると、またエラー。ううむ、Office も必要だったか。
 Iris に Office95 を残していたのには理由があったんだ、と(以下略
 しかたない、Office 97 をインストールです。
 やっとインタープリタで起動しました。念の為にコンパイル。実行モジュールでも起動することを確認します。

 試行錯誤の末にセットアップモジュールを作成して、Natharie に書きもどし、やっとのことでデータ処理プログラムを起動することができました。約3時間かかりました。いかんなあ。

2003/01/10へ

最初に戻る
戻る