コンピュータ環境 (2002/08)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2002年07月の環境
2002年09月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2002/08/22 (Thursday)
スマートメディアの悪夢再び

 もう2年も前のことになるのか、と記録をひっくり返して感無量ですが。こういうことがあったんですね。

 さて職場でいつものようにたんたんと PC で遊んでいると、同僚が「このスマート・メディアの中をみてくれないかな」と持ってきました。
 アダプタがあれば難題も転がっているノートで簡単に読むことができますが、残念なことに当社にはそのアダプタがない(爆笑)。
 デジカメもありますがフラッシュメモリを使っているもので。
 フラッシュメモリ用のアダプタしかないわけで。
# するとあのスマートメディアは私有財産だな(ボソッ)。
 で、職場で唯一、スマートメディアをアダプタなしで読み書きできるドライブの付いているマシンをあてがわれているのが不詳 nydela というわけで。
 「64メガのメモリだから100枚以上撮れるはずでしょ、それが8枚撮ったところでメモリがないといわれ、再生もできない、と」
 「なるほど」とマシンを落とします。NT 4.0 はプラグアンドプレイ未対応なので、こういう時には電源の再投入が必要なんです。
 で、待ってる間に不吉な記憶がふちふちとわき出してきて。
 「もしかしてこのメディア、*ギワラ*スコムじゃない?」とか聞いてみたり。
 同僚、手にした使用説明書をがば、と開き「ぴんぽ〜ん」

 まあ後は推して知るべし。確かに8メガバイトばかり使用済みになっているが、ディレクトリに登録された項目はひとつもないと。
 おい、この2年間、容量増大以外な〜んも進歩していないのか*ギワラ*スコム。とにかくあんたとこの製品は外れが多すぎ。

 

2002/08/20 (Tuesday)
青画面

 このところ、職場で使っているNT端末がひんぱんに青画面を発行してくれます。
 そのたびに電源切断と再投入をしいられており、作業中の一時保管がかかせません。困ったもんです。
 そういえばこのあいだ、主記憶を128MBから256+64MBに変更したよね。あの256MBメモリは秋葉原で、当時一番安かったところで買ったんだった。相性がどうとか動かなくても責任持てないとかさんざんおどかされたんだった。
 まあ、自作PCの世界で相性なんてものは日常茶飯事、いまさらというかんじでこうにうしたのですが、今考えると、仕事に使うメモリの代金をけちるのはどうかと思いました。

 それで、どうなるかな、と64MBを引き抜いて、256MBだけにして使ってみたのです。
 一縷の望みをたくして。

 いつものようにネットサーヒンしていましたら、ねすけの窓をひとつぷちと閉めたとたんに目の前がぱぁ〜っと真っ青になって。
 電源切断後、64MBまたもどしたのでした。

 今度はねすけの再インストールかなあ。あれもこの間やったしな。

 NT sp6 をかけようにも、IE5.5 の高度暗号化モジュールをインストールしてあるのでいったん抜かないと適用もできないし。あ〜めんどくさい。

2002/08/22へ

2002/08/14 (Wednesday)
お仕事〜

NTサーバ

 アプリケーションのインストールが全然うまくいきません(涙)。
 これはパッケージを勤務先用にかなーりいぢってカスタマイズしてある業務用のものなのですが。

  • 実は納品してみたら遅くて使い物にならなかった。
  • あげくに開発元とケンカ別れした。
  • で、現在別の会社のパッケージをカスタマイズして導入している最中。
  • VBで書いてあるんだがソースがない。
  • 6月に突然返品処理ができなくなった。原因は不明。

ということでど壷にはまって。
 わたし*一応*担当なんですが、導入した時はまだ入社していなくて。
 導入担当者は去年の年末で退社していて。
 引き継ぎなんかろくになくて(だんだん涙声になってくる)。

(笑)

 で、ついに一念発起してテスト環境を作ろうということになって((木玄火暴))。
 今までなかったのかよ、と問われれば「はいありませんでした」としか答えようがない。事実だもん。

 このインストールがまた一筋縄で行かなくて。(以下略

ACCESS

 で、こういうときにはここぞとばかりに作業が殺到したりして。

  • 例の訪問記録のレポートレイアウト変更
  • むか〜し作った販売管理アプでレポートの追加

ううむ((汗))

2002/08/20へ

2002/08/04 (Sunday)
Harry 死んだ

 1年ぶりに Harry の電源を入れてみたのです((爆笑))。
 そうしたら、Red Hat 様からファイルシステムが壊れているとのご宣託が(涙)。fsck を実行せい、と言われてはいはいと実行してみるのですが一向にらちがあきまへん。
 駅前の書店まで出かけて fsck の使い方:

fsck /dev/hda01

なるほど。
 で、帰宅してやってみるがやっぱり NG。

 こうなると生来の気の短さで、去年セットアップに使用した 7.1 をとりだしてさくっと再インストール。
 去年、あれだけ苦労して苦労して、やっとのことで構築した www サーバ環境が一瞬で逝ってしまわれました。

 いま、コマンドマニュアルなんか引いていぢっていますが、さすがに1年使っていないと何もかも忘れ果てていて。
 先は長そうです。

 ぢつは。
 アンテナを導入してやろうかとか画策していたわけです。
 なつみかん
 何に使うかは、まあ…無事動かせたら報告するってことで((汗))

 しかし。
 どうゆうわけか、わたしの場合、Linux を使っているとなにか独特な匂いがするんです。
 なんかの香料みたいな。
 同じディスプレイ、同じキーボードなのに。
 何かの錯覚か思いこみなのはわかってるのですが。
 何故なんだろう、不思議だ。

2002/08/14へ

2002/08/01 (Thursday)
NTサーバ立てた

 SQL-Server のテスト環境を構築模索しているのですがなかなかうまくいかなくて。
 先月の上旬に立てていたサーバの再インストールということに。
 SQL-Server はもうかれこれ10回くらい再インストールしたので、かなりわかってきましたが。
 NT-Server は久しぶりでした。

 まあ、サーバーだからどうってことはなくて、WS と同じようにたんたんとインストールするだけなんですが。

 そろそろ NT もいいけど 2000 に移行したいなあなんて思っている今日この頃です。まあ、使っているアプリケーションが 2000 だと文字化けするので、当分の間はだめだめなんですが。

2002/08/04へ

最初に戻る
戻る