コンピュータ環境 (2002/03)

最初の書き込みへ

基本の環境はこちら

2002年02月の環境
2002年04月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2002/03/28 (Thursday)
VB の信じられない話し・結果報告編

 VB6 のコンパイラでは正常終了し、動作も仕様通りになりました。ううむ。
 VB5 コンパイラのバグ、また一つ発見、と。¢(_ _)メモメモ

 さて原因の追究です。とりあえず API を呼び出しているモジュールが怪しい気がして (なんていうか、場所「だけは」あってましたが…)、そのモジュールにある関数を呼び出さないようにしてコンパイルしてみました。
 一発で正常作動するようになりました。ううむ、やっぱりこれ (API) かい、と関数を眺め、ではこの関数のどこを削っていこうかなと考え込みました。
 そこで、なんとなく、あくまでもなんとなくこの関数の1行目にブレークを入れ、IDE から実行したわけです (ソースは元に戻しておいた)。
 そしたらですね、関数の戻り値を設定しないままで関数が終了するんですよ。つまり、戻り値の設定を If 〜 End If 節の中でやっている関係で、条件にあわないと Else に飛びますが、ここに何も記述してないわけ。すると何かい、戻り値は日付型の関数だから、Null かい?
 どうしようかと思いましたが、ロジック上、この関数に値がはいらないときは、呼び出し側でも戻り値を使っていない(はず…だよね)ので、何がはいっていてもいいやと Date$ (=今日の日付) をいれてごまかしました。

 これでコンパイルしたら通って、実行結果も正常になりました。
 ううむ、わからん。

 前にどこかで書いたかもしれませんが :
 IBM のオフコンの環境で開発していた頃、誤作動するとそれはプロミスだと信じられたものです。
 M$ の環境に移ってからしばらくして、特に Windows になってから顕著なことに、誤作動がプロミスだと単純に信じられなくなってしまいました。
 なさけないことです。
 IBM のときだってコンパイラにバグはあったのです。きっとあれは SSP 4.0 のバグだったんだ。その証拠に、5.0 に上げたら、ソースリコンパイルも何もしなかったのに誤作動しなくなったし。でも、何百本プログラム書いたか数えてないけど、その中で誤作動したのは1本だけだった…マスタ更新する根幹のプログラムだったけど(ボソッ)。
 ま、ぐちになるからもうよしましょう。


2002/03/27 (Wednesday)
VB の信じられない話し・中間報告

 そんなことより聞いてくれよ…じゃありません。
 実に久しぶりに VB (素) でプログラミングしたのです (本当は半月前にスクリーン・セーバー作ってるんだけど)。
 まあ大したことやらせているわけではなく、毎朝マニュアルでやってるログのチェックとファイルのリネームを自動化しようってわけで、やってることを忠実になぞっていくので、用件定義は簡単簡単。
 ソースも、こ難しいところはネットからガンガンソースコピペしまくってエラーチェックも終わり検収。

 で、コンパイルするとこれが動かない、と(爆笑の嵐)

 どういうわけか、一瞬の間メッセージもプロンプトも何も映さない DOS 窓を表示して終了。当然要求仕様に沿った動きもなんにもなしで。
 最初は、実動環境が開発端末と違うのでだめなんだと思い、セットアップウィザードで Setup.Exe 作って実動環境で実行してみましたが結果変らず。
 次に「政金^h^h^h^hまさかね」と思いながら開発環境で Exe を動かしたら、やっぱりだめで…そう言や開発環境ではいつも IDE からだったよね、と。こりゃたまげた、コンパイル・エラーかよ、と。

 こんなエラーもあったしぃ、VB5 ってダメダメじゃん。sp3 まであててこれかよ。
 しかたがないので自宅に持ち帰って VB6 でコンパイルしてみます。結果は追って報告ってことで。


2002/03/28へ

2002/03/24 (Sunday)
久しぶりにネタが

 なさけない話しですが、spam のページ作成プログラムにバグを見つけてしまってつぶすのに結構な時間をかけてしまいました。
 ハイパージャンプのタグの値が一部変だったりして。まあ、気がついただけましというもの。せこせことソースをながめてなおしました。

 なんか、最近は頭の回転がよくなっていてこういうバグも見つけられるしつぶせるしでありがたいことです。


2002/03/27へ

2002/03/18 (Monday)
久しぶりにてんやわんやのしうまつ

MacAfee Anti Virus

 3週間がかりで知り合いのところの Nimda 騒ぎにけりをつけることができました。
 土曜日にまたぞろでかけて、残り4台のうちまず3台にこうにうしたワクチンそうとをインストール。

 さて最後の一台は前回プレインストール版の古いワクチンそうとをアンインストールしたらエラーを出すようになってしまった機体なのでかなり悩みましたが、とにかくやってみようということで前回と同じ手順で「スタート」〜「コントロールパネル」〜「プログラムの追加と削除」から削除しました。
 おそるおそるインストールすると何の問題もなくすんなりと通って終了。
 考えられる理由としては:

  • MacAfee の製品をアンインストールして MacAfee の製品をインストールしたから
  • 前回は Nimda でシステムがやられていたから

が考えられますが原因は不明です。
 ともかくこれでやっと安らかなしうまつがおくれるようになりました。

 それで、家庭内 LAN もにわかに不安になり、帰りに新宿のヨドバシカメラによって同じ製品を買い求めたのです。なにしろ MacAfee AntiVirus は、限定3万本を定価 4.8K で、実売価格が 3.9K です。こりゃ安いというわけで。
 そしたら、な・な・な・な〜んと、「2本パック」というやつが定価 7.8K のところ、5.9K で売っているではないですか。これなら1本あたり 2.9K じゃないか、もうこれはシェアウェアと変らないよ、ということでいそいそと買い込んでその日のうちに家族の2台にインストールしたのでした。
 わたしの使う Iris と Morgan le Fay (それに、Red Hat の Harry) は相変わらず無防備なので、なんか気になります。
 トレンドマイクロのサイトで「オンラインウィルス検索」サービスがあるのをみつけました。これを IE で実行すると、ローカル環境にウィルスがいるかいないかを判定して、削除することができます。
 さっそく Iris に対して実行してみました。結果は白\(^^)/。隔離してある Badtrans.B が4匹いただけでした。これに慢心しないで精進したいものです。

RADEON 7500 All-In-Wonder

 で、その報酬がわりにもらった RADEON です。作業場にはどういうわけかテレビのアンテナ線があるので(苦笑)、放送を楽しむことができます。Morgan le Fay の ATI Xpert128 を換装しました。
 換装する段になって、はたと気づいたこと「ううむ、サウンドがない…」あほです。
 あわててお近くのヤマダデンキに走り、1.98K の台湾製、YAMAHAチップのサウンドボード、接続用オーディオケーブル、テレビアンテナ線をこうにうしました。結局なんだかだで 7K 近くになり、へこみました。

 OSも、RADEON は、NT4.1 をサポートしていないので、2k にしました。結局 RADEON より出費が…
 ここで一言。何故、XP じゃないかということですが。
 誰が、あんな、コピープロテクトの…あわわ、あわわ^;)
 いや。それもあります。ありますが、それ以前にわたしは保守的なのだ。最新のバージョン (特に MS) は、喰いつけば sp の嵐が吹きまくることを目の当たりにして生きてきたのだ。自動車もそうだが、買うならモデルチェンジ直前の最終型が一番安定しているのです。
 その証拠に、どうだ、Iris はいまだに W95OSR2 なんです。W98 に上げるだけの切実な理由が今のところないから、W95 なんです。Office も、基本的には 95 です。VB も 4.0 です。とりあえず自分のやりたいことができる環境があればそれでいいんです。
 というわけで、XP にはしませんでした。

 ということで、その結果は満足のいくものでした。作業場でテレビを見たり、画像をハード・ディスクにキャプチュアできるようになりました。まだ、予約のできないのがつらいところです。原因は不明ですが何かがよくないと見え、設定終了時に ABEND して、システムを再起動しない限りテレビチューナーが立ち上がりません。
 ともかく「ギャラクシー・エンジェル」の後半を15分ばかりキャプチュアしてみました。MPEG に落としたら 130MB くらい。画質は3倍速の VHS よりはいいかんじです。
 なによりオン・エアの画面がテレビよりきれいなのが嬉しいです。
 最近ネットで見かけるやけにきれいなアニメのキャプチュアはなるほどこうして取っていたのかと納得しました。

 ビデオテープに保存するのはコストが安くていいけれど見るたびに画像が劣化するのが悩みでしたがこれで解決するかもと思うとこれも嬉しいことのひとつです。

 基本設定のページ改訂していたら、Morgan le Fay の M/B にはサウンドがオンチップになっていたという…(涙)
 まあ…ステレオかどうかも怪しいしぃ…ずぇったい4チャネルじゃないしぃ…むなしい…

 ああ、書き忘れていましたが、Iris にせよ Morgan le Fay にせよ、サウンド・ボードの出力は、DENON のプリメイン・アンプにはいり、YAMAHA DSP-1 を経由して、フロントは DENON の 24cm ウーハー3ウェイバスレフというスピーカから、リアは FOSTEX 8cm フルレンジ・バスレフから出てきます。
 フロントのスピーカは日曜大工で修理したのでかなりバランス狂ってるだろうなという気はしますが、素人の耳には心地いいだけです。
 DSP-1 でエフェクトをかけると、かなりいろいろ遊べます。すぐ飽きますけど(笑)。

SPAM ページ作成のプログラム

 これは、ACCESS95 と ACCESS97 の両方で作成しています。
 基本的に ACCESS97 に対して不信感がありこれが根拠のないものと知りつつもぬぐいきれないので、データは基本的に ACCESS95 の形式で保管しています。それに ACCESS97 からリンクを貼ってフォームなどで管理しているわけですが当然 ACCESS95 にも同じフォームがあります。で、ACCESS95 で仕様追加したり新規開発したときなどは、それを ACCESS97 からインポートすればそれまでなのですが、ACCESS97 でやってしまったときはちょっと事態がややこしくなり、今回もそういうことになってしまいました。
 古いページを100ずつまとめてしまい、目次にもそのように表示させるようにしたのですが、ACCESS97 でやってしまった、という。
 で、それを忘れて ACCESS95 からページを作ってしまって。
 「なんじゃこりゃあ」という…((汗))

 ともかく現状を何とかせにゃならん、と、おろおろと ACCESS97 で作りなおしました。すぐにアップロード。
 さて何人の人がこの不手際をせせら笑っていたことか…
 ま、それはともかく。事後策です。
 いろいろ考えました。今後は全部 ACCESS97 にしようか、とか。しかし、それでは向上心がないではないかと思い直したですよ。そして、ACCESS97 のソースをカットアンドペーストで ACCESS95 の該当するページにはりこんでいったのです。
 何度も何度もコンパイルエラーをくりかえして、やっときちんと動いたときにはほとんどものが考えられなくなっていました。いやあ、持久力なくなったなあ。
 でも、やっておくものです。これでまた ACCESS97 と ACCESS95 のプログラムの同期が取れました。ついでに机の整理もしました(関係ないって)。次は、Harry で、PostgreSQL と Pearl の練習です(全然関係ないってっ!!)。挑戦がなかったら何も始まらないのだということで。


2002/03/24へ

2002/03/11 (Monday)
しうまつの Nimda 駆除作戦

 まあ、結局は製品版のインストールはらいしうになっちゃいました。
 最後の一台をリカバリCDで初期化して再インストールした関係で、そのマシンの設定に時間を取られ、他のマシンに手が回らなかったのです。
 一番苦戦したのがADSLの接続でした。なにしろやったことないもので、マニュアルのとおりにやってみたのですがうまくいきません。したかないNTTに電話しますが同じ悩みをお持ちの方が多数いらっしゃると見え、つながるだけで30分以上かかってしまいました。
 それで一体どうなったかというと、接続そうとをアンインストールして再インストールしてマニュアル通りにやり直したらOKOK…なにかい、わたしのインストール方法がまちがっていたってかい?同じことくりかえしただけなのに。

 開通したあと、とにかく使えるようにしようということでユーティリティとか言語、避難させていたユーザ・データなどを戻して時間切れになりました。
 ワクチンの、試食版から製品への切り替えはらいしうということで。

 どうせばれますから告白しちゃいますけど、この駆除騒ぎで、お礼にということで RADEON 7500 All-In-Wonder 64MB 1枚にうしゅしました。そのうち装着して使用記など報告します。


2002/03/18へ

2002/03/08 (Friday)
続々・四捨五入の丸め誤差と Nimda

続々・四捨五入の丸め誤差

 先月と同じリクエストが別の帳票でも発生しました。まあ、前回の関数をそのまま持ってくればすむことなのでちょちょっと直しておしまいにしましたが、はっと気づいたことには、何十とあるレポートを延々と修正させられることになるんじゃないかといういや〜んな予感が…

Nimda

 あきれたことに、こんしうは仕事先のサーバーまでやられました。このサーバー以外の全部のPCにはワクチンそうとがインストールしてあるのですが、どういうわけかインストールもとのサーバー自身にはそのワクチンそうとがインストールできない仕様になっているという…((汗))
 しかたない、ずっとワクチンそうとなしで運用していたのですが、本社から「汚染されてるぞ」という警告があったのでせんしう調べてみたら、おるわおるわ40匹以上駆除しました。
 で、こんしうになって試食版でなく、きちんとしたやつインストールしようねということになって、一時的に試食版をはがしたら、一晩でやられました(涙)。
 共用ファイルサーバーも兼ねているので、駆除するまでの間は操作員にも使用を控えてもらわなければいけないし、もう大変。

 明日は、せんしうの土曜日に駆除しきれなかった、知り合いのところのPCにとどめをささなきゃだし、いやほんと Nimda ってこわいです。

2002/03/11へ

2002/03/07 (Thursday)
有線テレビ・インターネットのディスク

 これがホームページ用に10MBもらえました。

 ここのメインページはもう35MB以上使用していて、残りが心細くなっていたので嬉しいです。
 まあ、その他に Nifty にも10MBあるし、ここも50MB単位で増量できるようになりましたからいらないっていえばいらないのですが、どうせ基本料金についてくるものですから使わないと損。
 近いうちにここのページで容量をくっているものを選んで疎開させようと思います。まあ、遊びに来てくださる皆さんには何の使い勝手の変化もないと思いますけど。

2002/03/08へ

2002/03/06 (Wednesday)
ISDN 解約

 というわけで月曜日に NTT に連絡しました。
 オペレータはマニュアルがあるらしく、どうして解約するのか聞いてきたので「有線テレビに加入した」と答えました。工事は水曜日、つまり今日。
 局内の工事だけだということなので、朝、ルータに接続してある局線を直接電話機につなぎこみ、電話機のダイアルオプションをプッシュから DP10 に変更しておきました。
 10時に出先から電話してみると家族がでました。これで通話試験も終了です。

 ルータはお役ごめんになったわけですが、将来なにがあるかわからないのでとっといてバックアップにするつもりです。
 ルータとしては、3年前に落雷でやられた RTA50i もあるのですが、さすがにこれを修繕するのはやめることにしました。

2002/03/07へ

2002/03/03 (Sunday)
続・Nimda君/ブロードバンドのことなど

 結局、汚染源になっている最後の1台は、なんとしてもウィルスバスターや Norton AntiVirus をインストールすることができません。エラー・メッセージを表示して ABEND してしまいます。
 しかたがないので、とにかく月曜日以降に Symantech に問い合わせ、最悪の場合は Compaq 様謹呈の Recovery CD で、初期化しようということになりました。
 初期化してしまうと、プログラムの再インストールとか、インターネット接続の再設定とか、いろいろとめんどうなことがあるのでなるべくならやりたくないのですが、どうしようもなくなったらしかたないです。しくしく。

 てな騒ぎの最中に、かねてからの打ち合わせどおり、CATV のインターネット工事が開始されました。わたしはこのために、ウィルスバスター作業を一時中断して自宅にもどったんであります。
 作業自体は何の問題もなく1時間で終了しました。わたしは何をするんだろうと興味津々で工事を逐一間近にながめておりました。チェリーピッカー付のトラックで乗りつけ、すでに配線の終わっている主幹線のソケットに分岐線を接続して、自宅の壁にサージ防止の機具を取りつけ、これを経由して宅内に配線します。
 中ではまず MODEM というやつに接続してそこからブロードバンドルータに接続しました。ブロードバンドルータは HUB の口を4個持っていてちょうどそれまで使用していた YAMAHA RTA52i と同じなので、これの接続を根こそぎはがして全部ブロードバンドルータに再接続しました。これでおしまい。何て簡単なんでしょう。拍子抜けしました。で、Iris からインターネットに接続。
 ううむ…これで本当に早いんだろうか…((汗))
 ということで、さっそく、Symantch から、Norton AntiVirus 試食版をダウンロードすることにしました。すると、今朝、ISDN 経由でトレンドマイクロから約30MBのファイルをダウンロードするのに70分かかったのが、こんどは同じ30MBのダウンが12分でした。ううむ、早い。
 後からダウンするスピードを計るサイトで計測したところ、約300kbpsいっていることが判明。ううむ、ISDNの約5倍かい、そりゃ早いよね、と納得したのでした。

 この有線テレビ会社では、4月をめどにスピードを3倍に上げる予定ということなので大変楽しみです。

 というわけで、当家もいよいよブロードバンド時代の幕開けとなりました。YAMAHA RTA-52i はよく働いてくれましたが、早々に ISDN 契約を打ち切ってお役ごめんになる予定です。これも世の栄枯盛衰なんだなあと思いました。

2002/03/06へ

2002/03/02 (Saturday)
Nimda君

 知り合いのところからSOSコールがあって行ってみましたところ、見事に Nimda A にやられていました。
 LANで5台のコンピュータが接続されていますが、全部真っ黒。

 持参したトレンド・マイクロの「ウィルスバスター2002」試食版でとりあえず3台は駆除成功、1台は駆除実行中、1台はインストールに失敗するので対策を検討中といったところです。最後の1台からLAN経由してどんどん汚染ファイルが進入しようとするのでもう大変。
 5台もやられていると大変を通り越して笑いしか浮かんできません。

 いま、食事しにもどってきたところで、しばらくしたらリターンマッチです。どうなることやら。結末は帰ってきてから続き書きます。

2002/03/03へ

最初に戻る
戻る