コンピュータ環境 (2000/12)

2000.12.18.へ
基本の環境はこちら
2000年 11月の環境
2001年 1月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2000.12.25 (Mon.)
CG とグラフィクス・ボードの末路

 あれからさらにいろいろな方から叱咤激励と嘲笑をいただきました。内容は大筋前回の通りで、「CPU の遅いのが一番の原因」ということ。しかたない、M/B と CPU の調達計画を発動しますが、その時期は来年となります。今年の確定申告では、かなりの還付が見込めるのでこれをちょろまかしたろうというせこい作戦。実際の還付は4月から5月になるので、そのころまでには T-bird か Duron の、いい M/B が出回っているのではないかということと、T-bird ももっと早いのが値段手ごろににうしゅできるのではないかという期待を込めたものです。

 まったく、CG 以外ではなんの不満もないマシンなのに。逆言うと、CG っていうのは如何にすごい計算をやっているかという証しですね。CPU だけじゃ足りなくて G/B にプロセッサ積み込みたくなるメイカーの気持ちがよくわかりました。

2000.12.22 (Fri.)
CG とグラフィクス・ボード

 とある掲示板で質問したところ、「2D はほとんど CPU だから、CPU の遅いのがすべての原因」と指摘されました。たしかにグラフィクス・ボード変えれば多少きれいにはなるだろうけど、速度はほとんど関係ない、と。(涙)
 しかも、9x窓では 256 MB 越えたメモリ管理に問題がある、と。((汗))
 困ったなあ、ほかのそうとで不満感じることなんてなにひとつないのに。年2回の原稿だけのために M/B と CPU、それに OS かよ…一体いくらかかるんだろう(遠い目)。

 今回、これ以上、一切のバージョン・アップはあきらめて、来年にかけることにしたいと思い(をひをひ…)、この件に関してはクローズということに…
2000.12.25へ

2000.12.19 (Tue.)
小間物展

 会社の用事で魔の街へ。そちらの用事はさっさとすませ、今回は特に目的もなくパーツ屋さんをひやかして結局ミイラ取りがミイラ。

  • サージ予防器具 ... ISDN まで対応した電話線のサージも予防するっていうからつい…
  • 接点復活剤 ... ボンベにはまだまだ溶液が残っているのですが、いかんせんストローをなくして使いにくいったらないものでつい…
  • リボン ... そろそろ年賀状の印刷もあることだしと、つい…
  • IDE フラットケーブル ... 会社の用事で買ったHDD、本体あけてもし分岐したケーブルでなかったら、と思ったら、つい…
  • HDD 電源分岐 ... ditto

 ま、最後のふたつは、使ったら費用で落としますが、使わなかったら持ち帰り、ケーブルのバッグに直行です。

 それにしても急に気になってきたのがグラフィクス・ボード。現在、ATI Rage IIc 4MB を使用して、1280 * 1024 16 bit 色で使用しているのですが、これなんか、たとえば 32MB あたりまで増量すると、れたっちそうと少しは軽くなるんでしょうか。
 これまで、あーゆー大容量のグラフィクス・ボードっていうのは、ゲームのためにあるものだ、くらいにしか思っていませんでしたが、もしかして効果あるんだろうか。だとしたら…Leah の Rage Fury 奪い取って(あ外道)…
2000.12.22へ

2000.12.18 (Mon.)
Iris を 512MB にする

 ううむ、またしてもずいぶんと間が空いてしまいましたが、つまりこれはコンピュータ環境に対して何もしていないという何よりの証しです。しかし、今回はやりましたよ(笑)。
 例のいとこから電話があり、ビデオ・カードを買いかえたいというので魔の街へ。そちらの用事はさっさとすませ、ボーナスも出たことだしちょっち多めに現金握りしめて、256 MB のノー・ブランド・メモリを1枚、11.8K(税抜き)でゲットしました。これが金曜日のこと。
 Akiba PC Watchでは、翌日の調査で最安値が 11.2Kですからあなどれないもんです。電車代以上安くなってるもんね、一晩で。いちおう、ギガパレスでこうにうしたんですけどね、最安値大王の…
 それにしても、6月に 128 MB に 14K かけたことを思い出すと涙が出ます。あの時は、れたっちそうとの重さに辟易してもう値段じゃない、とこうにうしたのでした。
 それを思うと今回はタニマチ風情ですね。特に必要ない、っていってしまったら身も蓋もないけど、そら多いに越したことはない、っていう程度のものですから。とはいえ、288 MB のシステムでも、HDD にスワッピングしていたことは事実ですから、ここで 224 MB 増量したのはかなり効果があるだろうと期待しています。
 スロットは3本で、128, 128, 32 と埋まっていましたので、32 MB は取り外して交換としました。32 MB の行き先はまだ未定です。順当に行けば一番メモリの少ない Harry ですが、これはわたしが Linux を使いこなせない限り宝の持ち腐れになること必死。Karen と Leah が 64 MB なので、どちらかというのが妥当ですが、Grace のユーザもメモリ 96 MB では足りないと訴えることしばしば、これでもし 32 MB が余っているなどという事実を暴露しようものならひと騒ぎは必死です。
 てなわけで、今のところは 32MB の行き先は未定。決まったら報告します。

 さて、2台目のプリンタ・サーバも買ったことだし、Harry もネットワークに復帰させたいという目的で HUB をこうにうしたのだから、使わないわけにはいかない、とやってみることにしました。5ポートのうちわけは、

  1. ... Iris
  2. ... VP-1000
  3. ... Harry
  4. ... RT-52i からアップリンク
  5. ... 屋根裏の HUB にアップリンク
 みたいな。これで、RT-52i のポート1から3まで空いたので、とりあえずプリンタ・サーバを接続する環境は作れました。
 しかし、いざ環境が作れると欲が出るもので。今、VP-1000 が置いてある机の下の段はごみ箱と紙一重と化しているのですが、できたらそこに MD-5000i を持ってきたいという、しかしそれにはまずその段のゴミを一掃するという大仕事が…というわけで、プリンタ・サーバのインストールはあえなく挫折しました。

 それにしてもコンピュータのたぐいはコンセントを大食いしますね。なんだかんだで作業場に設置しておいた、8個のコンセントが全部埋まってしまい、分岐を余儀なくされてしまいました。本体関係はもとより延長コードの先で6分岐を2ヶ所、4分岐、3分岐とたこ足状態ですから、一体全部で何個のコンセントを消費しているのか、数えるのが恐ろしいです。
 しかもその内のかなりの数は常時通電しているわけだし…HUB とか、ルータ、プリンタ・サーバなどが。
 とりあえず、RT-52i のコンセントだけサージ予防のアダプタをかませました。しかし、8月の落雷では、過電流はコンセントからではなく、LAN ケーブルから来ましたから、防備万全とはお世辞にも言えません。まあ、ないよりはいい程度です。
2000.12.19へ

最初に戻る
戻る