コンピュータ環境 (2000/8)

2000. 8. 1.へ
基本の環境はこちら
2000年 7月の環境
2000年 9月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2000. 8.30 (Wed.)
ODBC のトラブル・その他

 しうまつの構成変更にともなって、会社のコンピュータ通信環境がにわかにがたぴしし始めてしまいました。一応動作確認したはずなのに、電源再投入後に設定が変っていたり元にもどっていたりファイルがなくなっていたりという事例が頻発して、そのたびに復旧に追われました。
 何事もきちんと動いている間は手をつけずにそっとしておくのが一番ということを再認識したことでした。

2000. 8.28 (Mon.)
忙しかったいっしうかん

でした((汗))。
 火曜日まではよかったのです。まあ、予兆はあった(笑)。本社(がっしうこく)から人が来ていたのです。で、ゲスト用に余った PC がない。ちょうど、一週間休暇を取っていた同僚がいて、その席がわたしのとなり。で、打ち合わせている相手が反対側のとなり(笑)。で、英語が頭上を飛び交って。
 水曜日からはさらに人が来て、3日間、次期システムの説明会で延々と英語を聞きました。さらに夜のヨコ飯、昼の lanch on meeting と英語漬け。うう辛かった。
 さらにしうまつはネットワークの構成変更が予定されていましたが、これはとりあえず来なくていいからと言われ一安心。

 土曜日は何もかも忘れてプログラミングに没頭しました(笑)。夜遅く帰宅して酒などのみ、さあ寝るかというところで FAX が。この夜中になんだろうと読むと会社から。作業が終了しないから、明日、出社せいと。
 で、日曜日はしうじつ端末の構成変更を延々とやっていたのでした。帰宅は土曜日より遅かったぞ。

 というわけで、こうしうはネタが何もなく、こういうつまらないことを書きつづってお茶を濁します。ごめんね。
2000. 8.30へ

2000. 8.21 (Mon.)
Leah 実戦配備

 日曜日の朝、まだ涼しいうちに2階の天井裏にもぐって 10Base-T ケーブルを敷設しました。HUB は先日の落雷で死んだので、作業場の 5 Ports を上げてあり、まだ余裕があったのでそこから 15m のケーブルをのたくらせました。直線でひけばもう少しゆとりが取れたのですが、なにせあのがらくたの山の下をくぐらせるのはいかにもめんどうだったので、床のないところを迂回させての作業。いったん部屋におりて 18mm のドリルで天井板をくりぬき、また登って天井裏に敷きつめられた断熱材をかきまわして穴をさがしてケーブルを下に落としました。
 下におりるとき、梯子に足をかけると、足だけ涼しくなります。夏の天井裏はまさにサウナ状態。ううむ、改造してサウナにしてくれようか…

 どうせろくに使いこなせないだろうと思いつつ、おお、絵を描くのが好きだったな、とどこにもインストールしてない、ArtSchool Dubbler というかなり古いドロー系のそうとがあったのを思い出し、インストールしておきました。あとは本人のリクエストがあればその時に対処という方針。

 Grace は、やはり NIC を交換したらネットワークに復帰できました。ううむ、3com の高い NIC だったのに。あたら落雷なんかでいってしまうとは…
 それにしてもみごとに NIC 〜 HUB 〜 ルータの LAN port とやられています。電流の通り道が一目瞭然だ。最後に、ルータがさしていたコンセントの隣のコンセント経由でアナログ・プレイヤを殺していったのでしょう。この出費には頭痛くなってしまいました。
 こわれたほうの RTA50i も、アナログ・プレイヤもしばらく修理はあきらめて放置することにしました。

 午後から実家に行ってみましたが、もちこんだ Jenipher のディスプレイには布がかけられていて使っている気配もなく、本人はもうさわりたくないとの意向でした。ううむ、もったいない…
2000. 8.28へ

2000. 8.17 (Thu.)
落雷の被害拡大

 Grace がインターネットはおろか、ネットワークにもはいれないというので本腰を入れて調査した結果、屋根裏の HUB も死んでいたことが判明しました。さらに、断定はできないが Grace の NIC も死んでいるくさいです。

 Grace は、落雷したときに運転中だった唯一の PC で、さらに、位置的に落雷した電柱に一番近いところにありました。家族の推測では、雷が直接 Grace にはいって、LAN ケーブル経由で HUB とルータを破壊してのではないかということでした。これは十分に筋が通ります。ううむ、きゃつが Grace を運転していたおかげで、こんな惨澹たる被害を引き起こしたというのか…あんまり許したくないな。しかたないけど。
2000. 8.21へ

2000. 8.14 (Mon.)
復旧にひと騒動

 8/12(日)にルータをこうにうして復旧に成功しましたが、これまたひと騒動ありました。
 プロバイダ様の AP と IP アドレスが分からない((木玄火暴))

 入会したときにもらったリストをなくしてしまっていたのです。ううむ困った。同じプロバイダの知り合いがひとりだけいたので電話してみましたが留守番電話になっていました。しかたない、連絡くださいと伝言して、まとにかく結線だけでもしようかね、と落雷でやられた RTA50i をはずし、新規にこうにうした RTA52i を接続、アナログの通話が正常にできる事を確認し、LAN の機能も少なくとも Iris の分だけは確認しました(ぢつは、いまだに HUB のカスケード接続のやりかたがわかっていない。毎回試行錯誤で「わーいつながった」の繰り返しだ。なんて進歩のない…)。
 さて後は AP と IP アドレスだけということになって、どうしたものかと思案投げ首。知り合いな人からの連絡は結局翌日の今日(月曜日)までありませんでしたので、その間になんとか自力更生の道を模索しないといけない。
 てなわけで、ふと思いついてプロバイダ様のメンバのメーリングリストのうち、システム関係のトラブル解決について扱っているものを片っ端から読み返してみる事にしました。今年の1月から8ヶ月分。
 で、これが大当たりで、それぞれちがうスレッドで AP も IP アドレスも知ることができ、無事再接続に成功したというわけ。今度こそきちんとメモして記録しておくこととします(とかいって、今のところまだやってないんだも〜ん)。

 ルータは新型にかわりましたが、動作環境にはこれといって変化はなく、ただ、オンフック・オフフックするときにピピッという音で知らせてくれるようになりました。

 ああ、また大散財をしてしまったので、今度魔の街に行ったおりにはぜひサージ機能のコンセントをこうにうしてこようと思っている今日この頃です。
2000. 8.17へ

2000. 8.11 (Fri.)
らくらい

 8.9(水)の夜中、ものすごい雷雨になって、これはまたソーラーのブレーカが飛ぶかなと準備していました。どうもソーラーのブレーカは一般回線より過電流に弱いとみえ、隣近所が平気なのに自宅だけ停電する事がよくあるのです。そこで、ろうそくを出し、懐中電灯を準備しておりましたら、ななな、なんと真向かいの道に立っていた電柱に落雷したのです。
 当然のことながらご近所一帯丸ごとやられました。念の為にソーラーのブレーカをみてみたところ、落ちていませんでした。
 電力会社が夜を徹して復旧工事にあたってくれ(家族に言わせるとものすごい騒音だったそうですが)、翌朝には復旧していました。

 しかしこの落雷で、かなりの損害が出てしまいました。
 ソーラーはコンピュータが暴走したらしく、待機状態のままで発電してくれません。アナログのLPプレイヤーは電源投入してもパワー・ランプが点灯せず、サービスの方の話しでは IC が飛んだくさいです。
 Grace は、無謀にも運転中で((爆笑))、焼きかけの CD-R が1枚、無駄になりました。これはわたしの責任じゃないぞ。まあ注意しなかった監督責任は問われるかも知らんが。それにしてもやるか?あの雷の中でコンピュータの運転…
 後日調べてみたところ、Grace は C: にロスト・クラスタがありました。おもいっきり削除しておきましたが、最悪の場合窓再インストールです。

 そして何より大変なのが、ルータが死んだこと。

 アナログ電話は使えるのですが、インターネットにはいれなくなってしまいました。また、DHCP サーバも機能していないらしく、PC は、IP アドレスを取得できないというメッセージを表示します。
 ヤマハのサービスの方と連絡を取っていろいろ調査したところ、まず LAN ポートがやられているらしいことがわかりました。サービスの方の話しでは、やはり落雷が多いために工場では修理が立て込んでいて最大一ヶ月の待ちだということです。
 ともかくインターネットにはいれないと生きている甲斐もないし、このページの更新もできないので、なんとか事態を打開すべく財布と相談しているところです。いや参ったね。

 結局ソーラーの暴走は、筐体内部のブレーカ・スイッチが落ちていたためと判明しました。家の外壁に設置された筐体には、2枚のふた(1枚は防水用らしい)が本体にボルト6〜8本で固定されています。
 そーゆーところ(筐体内部)に、可動式のスイッチなんかつけるなよ>*ャープの設計
 せめて、スイッチだけでもボルト1本とかで開閉できるふたを別途つけてくれ。

 アナログ・プレイヤーはしばらくの間修理をあきらめました。もう金が続かんです。
2000. 8.14へ

2000. 8. 8 (Tue.)
Leah のセットアップほぼ完了

 サウンドの設定をして音が出るようになり、NIC をさして LAN にもはいれるようになりました。ちなみにこのケーブルは現在通信環境が糸色不調の Karen のもの。全然問題なくさくさくはいれます。実は Karen と同じ VIA のチップセットだったので、帰宅して開いてからかなり引いたのですが、問題ありませんでした。やはり、AX59/Pro が腐っているのだな、と。
 ううむ、Karen も、いったん NIC を削除して再起動して、再インストールしたらうまくいくかも知らんと思い付きました。今度やってみよう。

 後は搬入するだけなんですが、あの部屋だけまだ LAN ケーブルがはいっていないのだった。このくそ暑いのに天井裏に登って工事しないといけないなんて…。あそこ、サウナより暑いんだよ、本当に。
2000. 8.11へ

2000. 8. 7 (Mon.)
結論からいうとジャンクな CD-ROM が原因

 ようやく Leah が稼働しましたが、CD-ROM と ディスケット・ドライブは新品をこうにうしなおしました。もう秋葉原まで行く気力がなかったので近所のパーツ屋で調達したので、ディスケットは特価品が 1.8K でありましたが、CD-ROM は、Creative の *48 を 4.9K でした。ううむ、カネかけただけのことはある早いマシンになったこと(笑)。

 これからネットワークの接続とかサウンドの設定とかやりますが、さすが Rage Fury ですね、SONY 17inch に接続したところ、1240 * 1028 (だっけね?)で楽々と 32bit カラーを表示します。ううむうらやましい…

 ボード交換したくなった((木玄火暴))。猫に小判だよね。まあ、いいけど
2000. 8. 8へ

2000. 8. 1 (Tue.)
続々・Leah

 パーツをごっそりと(メモリ以外全部)こうにうした店に行って相談して、結局次の日曜日に持ち込んで検査してもらうことになりました。店員な人も症状を聞いて頭抱えてました。だよなあ、通電しててメモりカウントしないんだから…
2000. 8. 7へ

最初に戻る
戻る