コンピュータ環境 (2000/7)

2000. 7. 3.へ
基本の環境はこちら
2000年 6月の環境
2000年 8月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2000. 7.31 (Mon.)
続・Leah

 どうもうまくいきません。

 仮組みして通電してみたら、CPU ファンが回転し、M/B の緑色の LED が点灯してそれっきり。メモリカウントも、HDD などの I/O も、なにもしません。CPU に触っているとみるみる触れないほど熱くなるので、ここにも電気は来ているみたい。
 前回の腐った AX59Pro では、そもそも通電しなかった(ディップの設定を間違えていて)ので、それとも違います。
 こうにうした店の保証期間は1ヶ月で、後3週間あるのでともかく聞いてみようと思っています。

 やっぱ、新しいものに飛びついたのは失敗だったかねえ…

 ところで、データの持ち運びに使用している妖しい PC カードですが、残り容量が少なくなってきたので不要データの掃除、とか思ってみたら、なんか計算が合わないのです。
 つまり、窓のエクスプローラで、ルートのプロパティを見ると、残り容量が 1 MB をきっているのだが、ルートの使用容量と、各サブ・フォルダの使用容量を足していくと、約 2 MB 足りないわけ。これには悩みましたが、結局自宅でいったんデータを HDD に待避して、初期化したところもとにもどりました。
 どこかに、見えないファイルができていたんだろうか。やっぱ妖しいカードだけのことはある、と感心したことでした。

2000. 7.24 (Mon.)
Leah

 唯一窓PCを所持していない家族のために、1台調達することになり、魔の街にくり出しました。

 今回、ちょっち最新のてくのろじに接してみたい、ということで、Duron を使ってみることに。在庫があったのが 600 MHz なので、それにしました。これで M/B は Socket/A に決定。GIGABYTE の GA-7ZX-1。メモリは高騰しているおりから PC-100 の 64 MB に押さえ、HDD は暴落の一途をたどる中で Seagate の安い 15 GB、グラフィクスはわたしの好みで ATI のライン・アップから Rage Fury のバルクを選択。
 Duron 対応の電源を持った筐体がなかったので、電源は別売。余った電源は…セリにかけるかな。筐体は普通のベビー ATX です。ディスプレイは SONY の 17 inchとしました。
 CD と Diskette は中古品を押さえて、安い 106 キー・ボードとマウスという組み合わせで一通りそろえました。
 後は、NIC とサウンドですが、例によって(笑)サウンドは箱をあけてみたらオン・ボードだった、と。

 持って帰って、基本的なものだけ組みつけたところでまだ通電していません。

 M/B のマニュアルはまだろくに読んでいませんが、このものは、クロック・ジェネレータの設定があるだけで、CPU 速度も、倍率も、電圧もなにも設定しなくていいみたいです。楽は楽だな。
 しかし、オーバークロックしたいときなど、どうやるのだろう。
2000. 7.31へ

2000. 7.17 (Mon.)
Iris のへんなくせ

 このところ、電源投入後しばらく(約五分)使うと、突然に一般保護違反で死んでしまいます。使っているアプリは不定。ほとんど同じアプリの組み合わせですが、ねすけ、EXCEL、れたっちそうとなどを起動していて、フロントに出ているアプリは決まっていません。
 青画面を連発して最後にハード・リセットというお定まりの展開を取り、再起動時に Scandisk が走って無事立ち上がると、後は何時間でも無事故で運転できます。なんだろ。熱暴走かな。一応、筐体のうち、側壁は1枚とりはずして内臓むきだし、反対側から扇風機で風送って、最後はクーラーつけてみたりするのですが症状はかわりません。
 この原因解明は無理だろうな。
2000. 7.24へ

2000. 7.10 (Mon.)
ネットワーク不調の原因

 実はここ数日、できたばかりの Karen がネットワークにはいれなくて四苦八苦していたのですが。

 ログ・インしてもネットワーク・コンピュータで自分しか見えなくて。ルータにも、iwpccnfg かなんかで確かめた Iris や、Grace への ping も通らなくて。ところがときどき一瞬だけ Iris や Grace が見えたり見えなかったり。
 これは 10BASE-T ケーブルが長すぎて信号が減衰しているのだろうか、しかしケーブルも NIC もこのまえまで使えていたものと同じだし、かわったのは OS が 95式窓から 98式窓になったことくらいで、それが関係しているのだろうか…
 などと考えていたら、ついに Grace までネットワークから消えてしまいました。ま、具体的には、Iris のネットワーク・プリンタから印刷できなくなったというので、ネットワーク・コンピュータを見たら消えていた、と。

 これにはほとほと悩んでしまいましたが、そういえば最近作業場に HUB を追加した後の正常作動を確認していなかったことに思い当たりました。
 屋根裏の HUB で、Grace と Karen のケーブルを集めて、これまではルータのカスケードに入れていたのですが、これを、新設の HUB につなぎこんで、それからルータにカスケードさせるという2段処理になっていたのです。
 これの多段階処理に急に自信がなくなったので、とりあえず Dorothy と Harry はネットワークからはずして、屋根裏の HUB をルータのカスケードに入れ、Iris はルータの #1 に直接入れてみました。これで ok。

 ううむ、まだまだよくわかっていない。
 正しい結線方法は今のところよくわかっていないので、当面このままにしておいて同人のほうが終わったらゆっくり考えなおして結線してみる事にします。

 で、Grace から印刷はできるようになったかというと、これがまだだめ。
 しかたない、一時的に Iris を明け渡してその間は食事を作ったりしていましたが何刷ってるんだか…
 (Grace から印刷できない件は、プリンタ ドライバのインストール方法にミスがあったためと判明、解決しました。)

 また、Harry は、HDD を認識しなくなり現在立ち上げができないでいます。HDD が死んだのか、内部で IDE ケーブルがはずれているだけなのかも確認していません。これも来週以降の課題です。

 Iris は、サウンド・ボードからオーディオ・アンプ経由で音を出せるようになりました。今度は取り込みだ、というわけで、アンプの出力からケーブルをつないで、Mic と Line の両方にさして試してみましたがうまく録音できません。原因は不明。問題として、

  • ケーブルまで信号が来ているかどうか
  • Mic および/または Line の入力レベルが適正かどうか
  • 録音そうとが入力ポートを正しく指定されているかどうか

などがあり、どれも確認する方法がわからないでいます。ネットで調べると皆さん割と簡単に録音されているのでくやしい限りです。

 ただ、久しぶりに LP を何枚か聞くことができて、安いスピーカだと CD との違いがよくわからないがそれでもある意味 CD よりいい音の面もあると再認識しました。もうひとつびっくりしたのは LP 片面というのは意外に短い時間だということ。昔はもう少し長いような気がしていたのだが。これも一種の「面積の記憶」って奴かな(昔住んでいた家を久しぶりに訪ねると、もっと広いと思っていたと思うこと)。
2000. 7.17へ

2000. 7. 4 (Tue.)
焼いた、焼いた。

 CD-R 3枚分の画像データを D: から削除したところ、空きが 9 GB になりました。
 再インストール後の Iris はなんでもかんでも調子がよくて、前は 8 倍速での書き込みがどうしてもできなかった(しかたない、4 倍速で焼いていた)のが、今は楽々クリアします。ううむ、あらためて再インストールしてよかった、と胸を撫で下ろす(ああマンネリだ、マンネリだ)毎日です。
2000. 7.10へ

2000. 7. 3 (Mon.)
Iris の窓再インストールだ

 というわけで、土曜日一日かかってやりました。Iris のハード・ディスクは、物理的に2台(6.3 GB, 14 GB)。このうち、6.3 GB はパーティション3つ、14 GB はパーティション1つに切ってあります。

ドライブ主な用途
C:起動・95式窓
D:窓アプリ・グラフィクスデータ
E:グラフィクス以外のデータ・バック・アップ
F:英和辞典・窓インストールディスク

 用途はこんな感じ。そこで、D:から Program Filesフォルダのうち、レジストリを更新するものを丸ごと削除して、しかるの後に C: を /s で初期化。再起動して F: から Setup 実行という段取りだったのですが…
 Setup を実行したところ、化け化けの意味不明なメッセージを表示して、何かキーを押すと Setup が終了してしまいます。これはおそらく実行に必要なメモリが足りていないのであろう(初期化した C: には、出刃どらがひとつもなく、いわんや Config.sys も Autoexec.bat もない)と想像し、起動用の DOS 6.1/V ディスケットで再起動後、Setup を実行。それからはさくさくさくと。

 で、待ってる間に同人の原稿をやっつけてはいたのですが、何もせずに待っていると結構長いと思える時間が、そういうことをしていると意外と短いんですね。ちっとも集中できず、ほとんどはかが行かない(涙)。
 で、当面必要なアプリだけということで、ねすけとれたっちと Office95 くらいしか入れていません。ぢつは、Visual BASIC すら入れていないのさ((木玄火暴))。まあ、今のところ小遣い帳のデータも入れてないのでね。ううむ、コミケ合わせ終わったら、本気で入れないと。3月の出張のときから1行も入れてない((汗))。

 てなわけで再インストールが終了した Iris は、みちがえるほどきびきびと動くようになりました。エクスプローラの画面も、「ばしっ」と表示されます。入れ換えの直前など、C:のサブ・フォルダが1秒に2行くらいの根性なしなスピードでへろへろと表示されていたからなあ。あれほど腐っていたとは思わなかったぞ。

 話しは変るが、14 GB の D: は、空きが 8 GB しかない…一体何に 6 GB も使ってるんだ!?
 ま、2 GB 位はアプリだろう。するとグラフィクスに 4 GB…きゃーきゃーきゃー
 さっさと CD-R に焼いてしまおう。同人の作業ができなくなったら大変だ。
2000. 7. 4へ

最初に戻る
戻る