コンピュータ環境 (2000/1)

2000. 1. 1.へ

基本の環境はこちら

1999年12月の環境
2000年 2月の環境
戻る


時系列・環境の変遷


 

2000. 1.24 (Mon.)
 Harry の窓インストールがうまくいかない

 とりあえず組んで DOS の起動はできるようになりましたが、窓のインストール中に何度もメモリ違反エラーを起こし、やっとインストールできたかな、と思ったらマウスカーソルが表示されずマウスが使用できません。何がいけないのかまるでわからず困っています。ううむ、メモリが PC100 対応でないとまずいのだろうか…

 あぷちばのためには6倍速の CD ROM を 1.3K でにうしゅしてきました。Harry に手を取られて、インストールはできていません。

2000. 1.15 (Sat.)
 Harry の交換部品と CD R こうにう

 というわけで、CD R は、予定の行動でしたが、壊した Harry の交換用に、壊したのと同じ GIGABYTE の GA-5AX をこうにう、CPU は、K6-2 450 をこうにうしました。これは、いちはやく目をつけた Grace のユーザに取られ、CD R も危ないのですが、とりあえず仕事用にという名目で死守しました。

 さて Grace に K6-2 450 をつけてみると、EPOX の M/B は、ジャンパをどう指定しても 400 MHz しか表示しません。あきらめて、Grace の M/B を、買ってきたばかりの GA-5AX と交換しました。
 おかげで、95式窓の再インストールが必要になりました。結局最後の最後で NIC のインストール手順を間違えて、窓のインストールは全部おじゃんになり、明日の朝、あらためて HDD を初期化、窓のインストールの再挑戦ということになりました。

 Harry の修復は手もつけられませんでした。

 あぷちばも、考えてみたら CD-ROM ドライブをいとこにあげてしまったので、これも調達しなければいけないことに気づきました。
2000. 1.24へ

2000. 1.14 (Fri.)
Hub などこうにう

 Grace と交換で家族からにうしゅした古い IBM あぷちばを動かせるように、足りないキー・ボードとマウスを調達しました。そして、作業場にポートの余裕がないので Hub もこうにうしました。ディスプレイは切替機で兼用です。ともかく窓が動く状態にして、それからおもむろに Linux ... あああ、もう3年越しの懸案になってしまったよう(涙)

 勤め先を変えるので、職場の糸色不調IBMとは永遠におさらばです。ああ、すっとする\(^^)/
2000. 1.15へ

2000. 1.13 (Thu.)
Harryを壊す

 かなりショックで、やっと立ち直ってきたというところですが、1/11(火)の夜に壊してしまいました。
 NIC がどうしてもいうことを聞かなかったので、PCI の新しいのを 1.3K でこうにうして試したのです。これは一発で成功して Harry の積み残し問題はなくなりました。それでよろこんでねっとすけーぷのインストールをしている最中に、開いたままの筐体の中に金属片を突っ込んで、「ぱしっ」という音とともにあえなくご臨終となりました。
 部品を一個ずつ Iris に取りつけて調べたところ、M/B と CPU が死んでいました。ううむ、13K の出費だ…
 これは土曜日に部品を調達して復旧の予定です。ついでに CD-R も買ってしまおう、と全然懲りていないのでした。
2000. 1.14へ

2000. 1. 5 (Wed.)
450 MHz で窓起動に成功

 M/B などこうにうした販売店がやっと正月休みから復帰してきたのでさっそく電話してみました。すると、MS から Patch がでているはずというのです。確かに、AMD の K6 が発売されたあと、何か窓の起動ができなくなって Patch を出したというニュースが記憶のそこからふちふちとよみがえってきました。
 MS のサイトに行って、95式窓のサポート情報を調べてみると、確かにそのプログラムがあります。
 落として、ためしてみました。大成功\(^^)/
 ううむ、結局この騒ぎで失くしてしまったデータの数々は、ずいぶん高い授業料につきましたがしかたないとあきらめました。
2000. 1.13へ

2000. 1. 1 (Sat.)
PC大変動

 年末は大騒ぎでした。
 27日の書き込みは結局アップできず、これとまとめてアップすることになります。

 Iris (ex. Frederika の部品で組んだ、66 MHz * 5 = 333 MHz)の組み立てが終わって、95式窓をインストールするばかりにまでもっていった後、新品の K6-2 450 MHz を Grace につけたのです。そうしたら、95式窓の起動ができなくなりました。起動時に、IOS初期化中<改行>窓保護エラー…システムを再起動してください。
 こんなメッセージ初めてなので、まず窓の再インストールを試みましたが症状はかわりません。そのうちに、家族から、Harry の起動ができないといってきました。行ってみると、同じ「窓保護エラー」です。
 ぎくりとして、ウィルスを疑いました。そして、Harry と Grace の、必要なデータを残して全部の exe と com、dll を削除することにして、ふたりでそれぞれの機械を操作しました。
 わたしは途中で疲れたので寝てしまい、翌日の朝、作業を続行したのですが、FDISK /MBR のところでまちがえてバック・アップ・データを入れたドライブまでそっくり解放してしまい、これまでのデータを全部ご和算にしてしまいました。
 残ったのは、ZIPディスクに入れて持ち歩いていた一番重要なデータだけ。かなりショックでしたがしかたありません。
 そして、完全にきれいにしたディスクに窓を再インストールしました。結果は同じ。

 もうどうしようもなくなって知り合いに HELP の電話をかけ、ふたりで30分くらい、いろいろな可能性について検討しながら、作業してひとつずつ潰していきました。
 最後に残ったのがメモリーのサイクル・タイム。本当に PC100 対応なのかどうかということです。そこで、M/B のサイクル・タイムを 100 * 4.5 から、66 * 5 に落としてやってみました。これで成功…
 はっきりいって疲れました。あの苦労と、なくしてしまったデータはいったい何だったんだ…なにもかも虚しいよう。

 この過程で、わたしは Iris を使用、Grace は家族が使用することになり、Harry は居間に移動しました。基本の書き込みも全面改訂です。新世紀は疲れることから始まりました。
2000. 1. 5へ

最初に戻る
戻る